犬が飼い主にピッタリくっついて離れない時の心理5選!分離不安症の可能性も?

犬が飼い主にピッタリくっついて離れない時の心理5選!分離不安症の可能性も?

犬が飼い主にピッタリとくっついて離れない時はどのような心理状態が働いているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。飼い主のことが大好きで甘えていることもありますが、「分離不安症」の可能性もあるかもしれません。今回は、犬が飼い主から離れないときの心理についてまとめましたので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が飼い主にくっついて離れない時の心理5選

女性の足に乗る柴犬

1.本能的にくっついている

一つ目に考えられるのは、犬の本能として飼い主にくっついているのかもしれません。

犬はもともと集団で生活していたため、リーダーの後をついていく習性があります。

犬が飼い主のことをリーダーと認識していると、本能的に常にリーダーのそばにいようとしているのかもしれません。

2.不安を感じている

不安を感じているときも、飼い主にくっついて離れないことがあります。

普段と違い、突然飼い主から離れなくなった時は、何かに対して不安や恐怖を感じている可能性が高いです。

たとえば、犬が苦手な雷や花火などの大きな音が聞こえてきたり、知らないお客さんがきていて怖いと感じているのかもしれません。

また、引っ越した場合は慣れない部屋に不安を感じているとも考えられます。

いつもは離れていても元気な愛犬がくっついてきたときには、不安や恐怖を感じている原因を探して可能であれば取り除いてあげてください。

3.何かを期待している

飼い主に何かを期待しているときにも、くっついてくることがあります。

たとえば、飼い主についていけば「遊んでもらえるかも」「おやつがもらえるかも」と期待して、くっついているのです。

普段からおねだりに応えていると、要求が満たされるまで離れないことがあります。

4.大好きな飼い主に甘えている

単純に飼い主のことが大好きでくっついている場合もあります。

離れずにそばにい続けるのは、飼い主に対する愛情表現なのです。

問題行動などはなく、不安を感じるような環境でもない場合には、シンプルに飼い主が大好きだからくっついていると考えられます。

5.依存している

飼い主に依存して離れない場合もあります。

飼い主と一緒にいる時間が長すぎたり常にかまってもらえる環境で育つと、飼い主と離れることにかなりのストレスを感じるようになってしまいます。

そうすると飼い主が動くたびにどこに行くのかが不安になり、ピッタリとくっついて離れなくなるのです。

分離不安症になっている可能性もある

飼い主のPCに顎を乗せる犬

分離不安症とは、飼い主がそばにいないことに大きなストレスや不安を感じる病気です。

以下のような症状がみられる場合は、分離不安症の可能性があります。

  • 飼い主が外出すると吠え続ける
  • 帰宅すると家のものが壊されている
  • 粗相をする
  • 炎症が起きるほど皮膚を舐め続ける

分離不安症を改善する方法

分離不安症がひどくなると、室内でも飼い主と離れられなくなったり、問題行動が悪化してしまう可能性もあります。

改善するためにも、愛犬と適切な距離感を保つことが大切です。

まずは犬から見えない部屋に数分だけ隠れてみるなどして様子をみてみましょう。

最初は5分、次は10分というように少しずつ離れている時間を伸ばしてみてください。時間を伸ばした時に愛犬がパニックを起こした場合は、再び時間を短くしましょう。

また、帰宅した際に興奮して飛びついてきたり家のものが壊れていても、「寂しかった?」と可愛がったりキツく叱るのはやめましょう。

真っ先に愛犬に構うのではなく、落ち着いてから対応するようにしてください。

続けることで徐々に飼い主と離れる時間に慣れていきます。

症状がなかなか改善されない場合は、動物病院で獣医師に相談するのも良いでしょう。

まとめ

川辺に座る女性と犬

犬が飼い主にピッタリくっついて離れない時の心理についてお伝えいたしました。

飼い主から離れられないだけでなく、問題行動がみられる場合は分離不安症の可能性があるかもしれません。

飼い主も犬もお互いにストレスを抱えないためにも、改善できるように接し方を変えてみてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。