犬に絶対NGな『抱っこの仕方』4選!愛犬を危険に晒しているダメ行動とは

犬に絶対NGな『抱っこの仕方』4選!愛犬を危険に晒しているダメ行動とは

抱っこが嫌いな犬もいますが、犬が人と生活していく中で抱っこが必要になる場面は必ずあります。愛犬を抱っこするときは、ただ抱けばいいというものではありません。犬に絶対NGな抱っこの仕方があるのです。さて、それはどのような抱っこの仕方なのでしょうか?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬を危険に晒す抱っこをしていませんか?

女性に抱き上げられるダックスフンド

私達は犬を抱っこするとき、つい人間の赤ちゃんや子どもを抱っこするような感覚で抱っこしてしまいがちです。しかし犬と人間とでは、骨格も体の構造も違います。

そのため人間にはOKな抱っこの仕方であっても、犬にはNGであることが少なくありません。NGな抱っこによって愛犬が痛い思いをしたり、ケガや病気に繋がったりすることがあるので気をつけなくてはいけません。

そこで今回は、犬に絶対NGな『抱っこの仕方』を4つご紹介します。愛犬を危険に晒す抱っこの仕方をしていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

犬に絶対NGな『抱っこの仕方』は?

女性に縦抱っこされる白い犬

1.両脇に手を入れて抱き上げる

人間の子どもを抱っこするときは大抵、正面から両脇に手を入れて抱き上げますね。それを犬にもやってしまいがちですが、絶対NGです。

人と違って犬には鎖骨がなく、前足を真横へ開けません。そのため、犬の脇に手を入れて抱き上げると前足の付け根に負担がかかり、関節を痛めてしまうことがあります。

2.仰向け抱っこ

首がすわっていない赤ちゃんにする横抱っこのように、愛犬を仰向けに抱っこしていませんか?仰向け抱っこをしても特に嫌がる様子を見せない犬もいるかと思います。

しかし普段4本足で地面に立っている犬にとって、仰向けは不自然な姿勢です。お腹が圧迫されたり、背骨に無理な力がかかったりしてしまいます。

3.縦抱っこ

縦抱っこも、犬に絶対NGな抱っこの仕方です。縦向きの姿勢は犬の腰に負担がかかり、椎間板ヘルニアの原因になります。ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなど、椎間板ヘルニアになりやすい犬種は特に注意しましょう。

また、犬と向かい合わせになって人の肩に犬の前足を乗せる縦抱っこは、不安定で犬が興奮したときなどに落下しやすく危険です。犬が肩をよじ登って飛び降りてしまう恐れもあります。

4.下半身を支えない抱っこ

縦抱っこと共にやってしまいがちなのが、下半身を支えない抱っこです。しっかり下半身を支えてあげないと不安定なだけでなく、犬の腰に相当な負担をかけてしまいます。

下半身を支えない抱っこの延長線上で、犬に高い高いをするのも絶対NGです。人間の子どもなら喜ぶと思いますが、ほとんどの犬は高い高いを怖がり喜びません。

高い高いをしているときに犬が嫌がって暴れるなどして落下すると、骨折や脳挫傷などの大ケガに繋がります。最悪の場合は死に至るケースもあり、非常に危険です。

正しい抱っこの仕方は?

女性に抱っこされて眠る柴犬

愛犬には体に負担をかけない正しい抱っこをすることが大事です。正しい抱っこの仕方は犬の大きさによって異なりますが、共通するポイントがあります。

それは体を密着させて安定感を持たせることと、犬の背骨を水平にして背中に負担をかけないようにすることです。正しい抱っこの仕方の例をサイズ別にご紹介します。

小型犬

  • 1.犬の横にしゃがみ、片手を犬の脇に入れて胸元を支えます
  • 2.もう片方の手でお尻を支え、自分の胸元に引き寄せるように抱き上げます
  • 3.犬の背骨がなるべく水平になるように調整します

中型犬

  • 1.犬の横にしゃがみ、犬の前足と後ろ足の内側(前足の付け根と後ろ足の付け根のあたり)に腕を通します
  • 2.犬の体を自分の胸に引き寄せるようにして、犬の背骨を水平に保ちながら抱き上げます

大型犬

  • 1.犬の横にしゃがみ、片手で肩甲骨(前足の外側)、もう片方の手でお尻(後ろ足の外側)を抱えます(外側から犬の胸元とお尻を包み込むイメージ)
  • 2.犬の体を自分の胸に引き寄せながら、犬の背骨が水平になるように抱き上げます

いずれの抱き方も頭が重いので、頭から落ちないように気をつけてください。

まとめ

女性に抱っこされるコーギー

今回は、犬に絶対NGな『抱っこの仕方』を4つご紹介しました。もしご紹介した絶対NGな抱っこの仕方をしているのであれば、愛犬を危険に晒しています。椎間板ヘルニアやケガ、最悪の場合は死に繋がる可能性があるので、今日からは正しい抱っこの仕方をするようにしましょう。

抱っこから下ろすときも後ろ足から下ろし、愛犬の足が4本全て地面に着いているのを確認してから手を放すようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。