時代遅れなしつけも?犬への間違った『NGしつけ』4選

時代遅れなしつけも?犬への間違った『NGしつけ』4選

『犬への間違ったNGしつけ』についてまとめました。未だに時代遅れな間違ったNGしつけをする飼い主を見かけることがあります。あなたは行っていませんか?

お気に入り登録

犬への間違ったNGしつけ

柴犬のマズルを持つ

1.悪いことをしたらマズルをつかんで叱る

「ダメでしょ!」と言いながら犬のマズルをつかんで叱っていませんか?

それはかなり時代遅れな叱り方です。さらには、いつの時代であっても間違ったNGしつけであると言えます。

犬のマズルを使ったしつけを行うことができるのは、母犬が子犬をしつける時のみです。

人間が犬に対して行うしつけとしては大きな間違いです。

母犬が子犬を叱る時にマズルを噛むことから、「この方法ならしつけができるかも!」などと思った人間がおそらくそのままそっくり真似をしてしまったのでしょう。

しかし、これも実は大きな間違いです。

母犬が子犬のしつけにマズルを噛むことはありません。

犬同士でマズルを甘噛みし合うことはありますが、スキンシップやコミュニケーションのひとつです。

子犬が母犬にじゃれてマズルを甘噛みすることもあるのです。

2.大きな音を出す

犬の無駄吠えをやめさせるしつけとして、大きな音を出すという方法があります。犬は大きな音に驚いて吠えるのをやめるという仕組みです。

こちらも間違ったNGしつけですし、無駄吠えがなくなることはありません。

大きな音に驚いた犬が一時的に吠えるのをやめるだけです。

飼い主の行動を見ていた犬が「また驚かされるぞ」と気づき、大きな音を出す前に吠えることをやめるだけです。

無駄吠えそのものがなくなるわけではないため、飼い主のいないお留守番中に吠えまくって近所迷惑になっている可能性があります。

最近では、超音波を使った無駄吠えをやめさせるしつけグッズがあります。

優れた聴覚を持つ犬には聞こえますが、人間には聞こえない音を発します。その音を嫌がり、吠えるのをやめるのだそうです。

ただし、一時的な効果であるか、正しいしつけ方になるかどうかは犬次第です。その音に慣れてしまう犬もいるようです。

3.体罰を与える

ドーベルマン、バットを持つ人

私が子供の頃は犬に体罰を与える大人をよく見かけました。

ホウキの柄の部分で叩かれていたり、足で蹴られていたり、暴力的なしつけをする大人がいたのです。

昔は子供のしつけとして、親や教師や近所の他人が体罰を与えることもあったようですね。

今ではちょっと頭を叩いただけでも「体罰だ!」として大問題になることがあります。

体罰を与えるというしつけはNGであり、時代遅れですよね。

犬に恐怖心を与え、心を支配しているだけであり、全くしつけにはなりません。

飼い主は犬の支配者ではない、ということを理解してほしいです。

4.上下関係を分からせようとする

犬と上下関係を築きたがる飼い主がいますが、時代遅れの間違ったNGしつけです。

飼い主が威厳を持ったからといって、犬が言うことを聞くわけではありません。

近寄りがたくなり、寄っても来なくなってしまいます。

犬の祖先とされるオオカミの群れには確かにリーダーが存在します。

群れの仲間から信頼され、絶対的な存在であるかもしれません。

しかし、仲間を抑えつけるための脅威を持っているわけではありません。

このリーダーに従って行動すれば安全に守られるという安心感を与える存在なのです。

飼い主も同じであると、しつけがしやすくなります。

「この人に従って行動すれば身の安全が守られ、快適に暮らすことができ、喜びや幸せを感じることができる」と、犬が感じることのできる存在になるべきなのです。

まとめ

木の棒を持って犬を押さえつける人

犬への間違ったNGしつけを4つ解説しました。

  • 悪いことをしたらマズルをつかんで叱る
  • 大きな音を出す
  • 体罰を与える
  • 上下関係を分からせようとする

しつけをしても犬が言うことを聞いてくれない時、あなたの方法が間違ったNGしつけである可能性を考えてみましょう。

しつけ本やマニュアルを鵜呑みにしてはなりません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。