犬の『レッグペルテス病』の症状3選!足をかばうような仕草には要注意

犬の『レッグペルテス病』の症状3選!足をかばうような仕草には要注意

小型犬に多く見られる「レッグペルテス病」という病気をご存じですか?こちらでは、犬の体や行動に大きな負担をかけるレッグペルテス病の症状をご紹介しますので、早期発見できるようにぜひチェックしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

レッグ・ペルテス病とは?

トイプードル

「レッグ・ペルテス病」とは、別名「大腿骨頭壊死症」とも呼ばれる疾患で、後ろ足の大腿骨への血流が滞ることで起こります。

血液が上手く流れないことで、大体骨頭(大腿骨の骨盤につながっている部分)が変形して壊死してしまうものです。

悪化すると骨折してしまうこともあるため、早い段階での対応が必要だとされています。

レッグ・ペルテス病は主に1歳未満、または1歳前後の小型犬に見られるもので、大型犬の発症は稀だと言われています。

好発犬種には、トイ・プードルやヨークシャー・テリア、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ポメラニアン、ミニチュア・ピンシャー、パグなどが挙げられます。

1.片足をかばうように歩く

風に吹かれるビションフリーゼ

レッグ・ペルテス病を発症すると、大腿骨の付け根部分に痛みが出るため歩行が困難になります。

地面に足をついて踏み込むと、力が加わって痛みが生じるので、片足をつけないようにかばって歩いたり、ピョンピョン跳ねるように歩いたりする様子が見られます。

特に、段差の昇り降りでは体重がかかって痛みが出やすいので、普段の生活や散歩で階段を避けるようになることもあります。

2.力が入らずに立ち上がれない

横になっている茶色い犬

後ろ足や骨盤付近に強い痛みを感じるようになったり、症状が進んで骨折してしまったりすると、下半身に力が入らなくなってしまいます。

立ち上がる際にも痛みが生じることから、立ち座りの行動自体をあまりしなくなったり、立ち上がることができなくなったりすることもあります。

ここまで症状が進んでしまうと、かなり重度になっていることが考えられるため、骨頭切除などの外科手術が必要になる場合が多いでしょう。

鎮痛剤や抗炎症剤による投薬治療で症状が改善する初期段階で気が付けるように、日頃から愛犬の様子をしっかりと観察しておきましょう。

3.足腰を触られることを嫌がる

悲し気な表情のチワワ

レッグ・ペルテス病の症状が出始めると、足や腰に痛みや違和感を感じるようになります。

そのため、痛い部分を守るように眠ったり、体に触れられそうになると嫌がったりすることがあります。

犬は体に痛みを抱えていると、自衛のために周囲に対して攻撃的になることが少なくないため、愛犬の様子や態度が急に変わった時は怪我や病気の可能性を考えてみてください。

まとめ

体のチェックをされている犬

小型犬で発症することの多いレッグ・ペルテス病は、足に強い痛みを感じさせるだけでなく、骨折などを招く恐れもある重大な疾患です。

しかし、残念ながらはっきりとした原因はわかっておらず、予防法もないとされています。

そのため、できるだけ早くその症状に気が付き、病院で適切な処置を受けさせることが最も有効な対応だとされています。

今回こちらでご紹介した症状を含め、犬の動きや行動に少しでもおかしいと感じるところがあれば、動物病院で相談したり検査を受けさせたりしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。