犬の抗ガン剤副作用による下痢治療薬を米国医薬品局が承認

犬の抗ガン剤副作用による下痢治療薬を米国医薬品局が承認

抗ガン剤の治療を受ける場合に副作用は心配なことの一つです。この度アメリカで犬が抗ガン剤治療を受けた際に副作用として起きた下痢の治療薬が承認されたという発表がありました。

お気に入り登録

犬の抗ガン剤治療に伴う副作用の下痢

化学療法を受けているフレンチブルドッグ

犬と暮らしている人にとって最も辛く考えたくないことは愛犬とのお別れですが、愛犬の命に関わるような病気について勉強しておくことは決して邪魔にはなりません。犬が亡くなる原因となる病気で最も多いのは、さまざまな種類の悪性腫瘍です。

幸いなことに犬のガンの治療法は多くの研究が進められており、効果的な治療薬も開発されています。ガンの治療方法の代表的なものは抗ガン剤と呼ばれる化学療法です。

抗ガン剤には強い副作用がある場合が多いのですが、副作用の症状で一般的なものの一つに下痢があります。下痢が重症になると抗ガン剤による治療を中止しなくてはならない場合もあるため、副作用の制御は重大な課題です。

2021年12月、アメリカ食品医薬品局が犬の抗ガン剤治療に伴う副作用の下痢を治療する薬を条件付き承認することを発表しました。

新しく承認された化学療法誘発性下痢のための治療薬

飼い主に薬の説明をする獣医師

この新しい治療薬はCanalevia-CA1という名でアメリカの製薬会社ジャガー・ヘルスによって開発されました。

この薬は化学療法を受けている犬に下痢の症状が出た場合に、その原因を専門の獣医師が適切に診断した上で、処方箋によってのみ投与されます。犬の化学療法誘発性下痢を治療するための薬として初めて承認された処方薬となります。

Canalevia-CA1の有効成分はクロフェレマーで、クロトンレクレリという木の樹液から精製されたものです。

ジャガー・ヘルス社はこの樹液の採取について公正な取引に基づき、生態系の保全や現地住民への支援も含めたサステナビリティ(持続可能性)を確立していると発表しています。

クロフェレマーはHIVの治療を受けている成人の非感染性下痢の治療薬として、ヒトでの使用が承認されています。ヒトでは、腸管上皮細胞によって分泌される塩化物イオンと水分をクロフェレマーが阻害することによって機能します。犬の場合も同様に機能すると考えられています。

Canalevia-CA1の治験の結果

獣医療用の錠剤

犬の化学療法誘発性下痢の治療薬Canalevia-CA1の有効性を研究するための治験結果は、次のようなものでした。抗ガン剤治療によって下痢の症状が出ている犬24匹を対象に、12匹にCanalevia-CA1を投与し、投与しなかった12匹と比較されました。

薬の投与によって治療が成功したかどうかは、下痢が解消し3日間の観察で再発しなかった場合に成功と見なされました。

投与開始から3日後、Canalevia-CA1を投与した12匹中9匹(75%)が治療に成功しました。投与しなかった対照グループの12匹のうち下痢が解消したのは3匹(25%)でした。

Canalevia-CA1自体にも副作用が出る可能性はあり、便の変色、食欲と活動の低下、嘔吐が一般的なものでした。

まとめ

診察台の上のハスキーと獣医師

犬の抗ガン剤治療に伴う副作用のひとつ「化学療法誘発性下痢」の初めての治療薬がアメリカ食品医薬品局によって条件付き承認されたというニュースをご紹介しました。

このような薬は一生縁がなく暮らしていけるのが一番なのですが、いざという時に色々な選択肢があると知っているだけでも心の持ちようが違います。

毎日の愛犬との生活に必要な情報ではありませんが、日頃から少しだけアンテナを張っておくと獣医さんから説明を受けた時の助けにもなり得ます。

《参考URL》
https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-conditionally-approves-first-oral-tablet-treat-chemotherapy-induced-diarrhea-dogs

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。