犬との引っ張りっこ遊びでしてはいけない『NG行為』4選

犬との引っ張りっこ遊びでしてはいけない『NG行為』4選

犬との遊びの中でも『引っ張りっこ遊び』はとても人気です。犬も楽しそうに夢中になって取り組んでくれるので、よく引っ張りっこして遊ぶという人も多いのではないでしょうか。しかし、犬との引っ張りっこ遊びは、遊び方を間違えると危険です。注意点に気をつけて遊びましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は本能を刺激される『引っ張りっこ遊び』が大好き♡

おもちゃを引っ張る犬

皆さんの愛犬は『引っ張りっこ遊び』が好きですか。引っ張りっこ遊びとは、犬用の頑丈なおもちゃを使って、犬と飼い主がちょうど良い力加減で引っ張り合う遊びです。犬の遊びの中でも代表的な遊びと言っても過言ではありません。

犬は引っ張りっこ遊びをすることで、犬が持つ狩猟本能を刺激されます。そのため、引っ張りっこ遊びをすると夢中になったり、自分から「遊ぼう」とロープのおもちゃを持ってきたりするのです。

しかしこの引っ張りっこ遊びは、間違った遊び方をするとデメリットが生じることをご存知でしょうか。注意点に気をつけて遊び、愛犬と安全に楽しい時間を過ごしましょう。

犬との引っ張りっこ遊びでしてはいけない『NG行為』4選

おもちゃで引っ張りっこ遊びをする犬と男の子

犬との引っ張りっこ遊びは犬が夢中になれる反面、注意点が多く存在します。ここでは犬との引っ張りっこ遊びでしてはいけないNG行為について紹介します。

1.犬のおもちゃ以外で引っ張りっこする

犬と引っ張りっこ遊びをする際は、必ず犬用のおもちゃを使って行うようにしてください。ちょうど良い犬用おもちゃがないからと、飼い主のハンカチやスリッパなどで代用する人がいますが、これはしつけの面でも良くありません。

毎回引っ張るおもちゃを変えていると、「何でも噛んで引っ張っていい」と認識してしまい、様々な家具や生活雑貨を破壊するようになります。

また、犬用おもちゃよりも強度が弱いもので遊んでしまうと、噛んで壊してしまい口の中を怪我したり、飲み込んでしまう恐れがあります。

愛犬のしつけの面でも安全面でもデメリットが生じやすくなるので、引っ張りっこ遊びをする際は、必ず犬用おもちゃを用意するようにしてください。

2.引っ張りっこ遊びで犬に主導権を渡す

外で引っ張りっこする犬

引っ張りっこ遊びをする際、犬の方が力加減が強くなってしまい主導権が握られてしまうことはありませんか。犬にとって引っ張りっこ遊びは本能を刺激する遊びなので、つい夢中になり興奮してしまうことがあります。

犬が主導権を握るようになると飼い主が上手にコントロールできなくなり、問題行動を助長する原因になることもあります。引っ張りっこ遊びだけではなく、その他の生活面にも悪影響を及ぼし、しつけが大変困難になってしまう恐れがあるのです。

また、興奮しすぎてしまうと収集がつかなくなり、飼い主が「もう終わりね」と取り上げようとしても攻撃的な行動や態度をとることもあります。興奮しすぎる前に、クールダウンさせることを意識してください。

3.引っ張りながら上下左右に振る

引っ張りっこ遊びをしながら、おもちゃを上下左右に振るのはなるべくやめましょう。おもちゃを上下左右に振ると狩猟本能をより引き立て、興奮度合いを高めてしまう恐れがあります。

興奮しすぎてしまうと前述したようにコントロールが効かなくなり、問題行動につながる恐れがありますし、飼い主に対して闘争心を燃やすようになる可能性もあります。

また、上下左右に振ることにより犬の首に負担をかけることにもなるので、怪我をするリスクが高まります。安全面やしつけ面を考慮して、引っ張りながら上下左右に大きく振る行為は控えてください。

4.強く引っ張り過ぎてしまう

歯を診察される犬

犬に主導権を渡さないようにと強く引っ張りすぎてしまうと、犬の顎や歯を痛めてしまう恐れがあるので、絶対にやめてください。また、顎や歯を損傷してしまうだけでなく足腰にも負荷がかかり、転倒や関節炎などを引き起こす恐れもあります。

日頃から「マテ」「ストップ」などの呼びかけにすぐ応じられるようトレーニングをすることで、犬が興奮しすぎてしまうことを事前に予防することができます。

まとめ

ロープを引っ張りっこする犬

いかがでしたか。犬との引っ張りっこ遊びは、犬も飼い主も楽しめる人気の遊びです。しかしNG行為を続けていると、しつけの面や安全面を脅かす遊びとなってしまいかねないので、今回紹介した注意点を守って楽しく安全に遊びましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。