犬の毛をカットしすぎてはいけない『4つの理由』

犬の毛をカットしすぎてはいけない『4つの理由』

『犬の毛をカットしすぎてはいけない理由』について解説します。見た目の可愛さや飼い主の都合で毛を短くカットしすぎると、健康被害が及ぶことがあります。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由

トリミング中の白い犬

犬の毛をカットしたいと考える飼い主には次のような理由があります。

  • うんちやおしっこで毛が汚れるのを防ぎたい
  • 短くカットした方が可愛い
  • ブラッシングが楽になる
  • シャンプーが楽になる
  • ドライヤーで乾かす時間が短くなる
  • 暑そうだから涼しくしてあげたい
  • 〇〇カットが流行っている

犬の体や健康のことを気遣っているようにも感じられますが、実際にはお手入れを楽にしたいことや美容目的であることがほとんどです。

本当に犬の毛をカットする必要があるのかどうか、カットしすぎてはいけない理由を一緒に考えてみましょう。

1.日光や紫外線をダイレクトに浴びてしまう

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由は、皮膚が日光や紫外線をダイレクトに浴びてしまうためです。

ポメラニアンのような長毛でダブルコートの犬種であると、毛を短くすることで「涼しくしてあげたい」という考えから、カットしすぎてしまうことがあります。

短くカットしたスタイルを「サマーカット」と呼んでいます。

毛は犬の皮膚の健康を守り、維持するための役割があります。

カットしすぎてしまうと、その役割を十分に果たすことができません。

日光や紫外線をダイレクトに浴びてしまうと、犬の皮膚も日焼けをしますし、日光皮膚炎を引き起こすことがあります。

ダブルコートである犬種は、アンダーコートが密集して生えていることによって、紫外線の影響を防いでいます。

カットしすぎてしまった時は、日差しや紫外線が弱い時間にお散歩に行く、皮膚を守るための服を着用させるなど対応するとよいでしょう。

2.毛が正常に生えてこなくなることがある

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由は、毛が正常に生えてこなくなることがあるためです。

ハサミでカットした場合には起こりにくいのですが、バリカンで短く刈り上げた後に起こりやすいです。

全ての犬種に起こる可能性がありますが、ポメラニアンに多い症状であるとされています。

ポメラニアンのような長毛種である場合、毛が正常に生えてこなくなることによって、毛がまばらに生えてくることがあります。

ふわふわの毛が魅力ですが、毛が正常に生えてこなくなることによって、スカスカの薄毛になることがあります。

毛量の多い犬種にとって毛が正常に生えてこなくなるということは、見た目にも貧相に見えてしまい、後悔する飼い主がほとんどです。二度と元に戻らないケースが多いようです。

3.毛質が変わることがある

背中をバリカンで刈られた犬、シェルティー

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由は、毛質が変わることがあるためです。良い変化ではなく、悪い変化と捉えて構いません。

  • 毛が硬くなった
  • 毛がゴワゴワする
  • 毛が乾燥したようにパサパサになる

主にこのような毛質の変化があります。毛質の見た目の良さは、健康的にも見えますし、若々しくも見えます。

パサパサでゴワゴワな硬い毛は、年齢よりも老けて見える原因になることがあります。

カットすることで起こるこのような変化はすべての犬に起こるわけではありませんが、カットを繰り返すと徐々に起こることが多いです。また、ハサミよりもバリカンの方が症状が出ることが多いです。

犬の被毛の変化を起こさないようにするには、毛をカットしすぎないことです。

4.熱中症になりやすくなる

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由は、熱中症になりやすくなるためです。皮膚が日光や紫外線をダイレクトに浴びてしまうことが主な原因です。

紫外線をダイレクトに浴びた皮膚の表面温度はグッと上昇します。汗をかきにくい犬ですから、あっという間に体内に熱をこもらせてしまいます。

ダブルコートの犬種には換毛期がありますね。夏には自身で毛量を減らすことによって、暑さに対応できるよう調整しています。

それ以上に短く少なく毛をカットしすぎてしまうのは、避けた方が良いかもしれません。

まとめ

短毛にカットされたポメラニアン、白い背景

犬の毛をカットしすぎてはいけない理由を4つ解説しました。

  • 日光や紫外線をダイレクトに浴びてしまう
  • 毛が正常に生えてこなくなることがある
  • 毛質が変わることがある
  • 熱中症になりやすくなる

このように、毛をカットしすぎると健康被害が及びやすくなります。

犬種・年齢・生活環境・健康状態などによって、愛犬に適したカットの仕方を見極める必要があります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。