犬と雪の日に散歩する時の『絶対NG行為』6選!注意しないと大けがに繋がるかも…!

犬と雪の日に散歩する時の『絶対NG行為』6選!注意しないと大けがに繋がるかも…!

『犬と雪の日に散歩する時の絶対NG行為』についてまとめました。雪の日のNG行為をすると起こる危険なこと、安全にお散歩を楽しむ方法など解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬と雪の日に散歩する時の絶対NG行為

雪の間から顔を出す柴犬

1.凍った地面を歩く

雪が解けて凍った地面を歩くのは大変危険です。滑って転びそうになったことがあるのではないでしょうか。

犬も同じです。凍った地面を歩くと転倒しやすいです。

雪の上を歩く時、嬉しくてはしゃいでしまうことがあると思います。

ゆっくり歩くだけでも滑って転倒しやすいですし、犬が興奮してしまう時はお散歩を中止した方がよいでしょう。

2.長時間のお散歩

雪の日の長時間のお散歩は絶対にNGです。何分ならOKという目安を考えるのは難しいかもしれませんが、15分~30分くらいで十分なのではないでしょうか。

長時間のお散歩は犬の肉球に凍傷を負わせる危険があります。

基本的には自律神経の働きによって血流が増加し、肉球の冷え過ぎや凍傷を防ぐことができるとされています。

しかし、長時間冷たい雪の上を歩くとなると働きにも限界が訪れるのではないでしょうか。

犬は限界を知りません。お散歩が大好きな犬や雪で遊ぶことが大好きな犬は、いつまでもお散歩したがると思います。

短時間でも雪の日のお散歩の後は、肉球を温めてケアしてあげてください。

3.嫌がるのを無理にお散歩させる

雪や寒さを嫌がる犬を無理にお散歩させるのはやめましょう。運動は室内でも十分にできます。

排泄のためにお散歩に出なければならないのであれば、自宅の庭で済ませたり、排泄を済ませたらすぐに帰宅するなどで対応しましょう。

防寒服を着せてあげると意外と歩いてくれることがあります。

手足が冷えたり濡れたりすることを嫌がる犬には、靴を履かせてあげると、お散歩を楽しんでくれることがあります。

4.雪の上に投げる

高く積み上げられた雪の上に犬を投げるのは絶対にNGです。

そんなことをする人がいるのか!?と驚かれるかもしれませんが、SNSでよく見かけます。犬も飼い主も楽しんでいるように見えますが、かなり危険な行為です。

犬が自ら雪の中に飛び込むこともありますが、危険な行為なのでやめさせてください。

雪が深い場合、抜け出すことができなくなってしまう可能性があります。また、積み上げてある雪の下の状態がどうなっているのかわかりません。深い側溝が万が一隠れていたら、救助できるでしょうか?

ピョンッと雪の上を飛び跳ねる程度であればよいかもしれませんが、雪が高く積み上げられていると、地面や周りの安全状況を十分に確認することができないため危険が伴いやすいです。

5.雪の上を猛ダッシュ

雪の日のお散歩が嬉しくて、犬も飼い主も大はしゃぎで雪の上を猛ダッシュしてしまうことがあるかもしれません。

とくに犬と子供を遊ばせる時は注意してください。もちろん大人の飼い主も注意しましょう。

犬も人もお互いにケガを負ってしまいやすいです。滑って転倒することもありますし、雪に足を取られて転倒することもあります。

地面に顔や頭やお尻を強く打ち付けてしまうかもしれません。

6.雪を食べる

お散歩中、道路の雪を食べるのは絶対にNG行為です。犬が雪を食べたり舐めたりしないよう注意して見守りながらお散歩しましょう。

お腹が冷えすぎて下痢の原因になりかねません。また、それ以上に怖いのは道路の雪には融雪剤がふりまかれている可能性です。

雪を食べたり舐めたりしない場合でも、犬の手足の裏に融雪剤が付着し、手足を舐めた時に口に入れてしまう可能性があります。

融雪剤は塩化カルシウムという成分です。少量では問題ないかもしれませんが、犬が中毒症状を引き起こす可能性のある成分です。

雪の日のお散歩を安全に楽しむ方法

顔が雪まみれのラブラドール

万全な防寒対策を!

暖かい室内から冷たい屋外に出た時、体には大きな負担がかかります。

犬も人も万全な防寒対策をしてお散歩に出ましょう。

犬の防寒服には、使い捨てカイロを入れるためのポケットがついているものがおすすめです。

レインコートを着せる

雪の日のお散歩は犬の被毛や体が濡れてしまうことがあります。

防寒服の上からレインコートを着せるのがおすすめです。濡れることや冷えることを防いでくれます。

防寒服の上からゆったりと着ることができるよう、少し大きいサイズだと犬が嫌がりにくいです。

まとめ

防寒服を着て雪の上に立つポメラニアン

犬と雪の日に散歩する時の絶対NG行為を6つ解説しました。

  • 凍った地面を歩く
  • 長時間のお散歩
  • 嫌がるのを無理にお散歩させる
  • 雪の上に投げる
  • 雪の上を猛ダッシュ
  • 雪を食べる

雪の日のお散歩は犬も人もとにかく転倒にご注意ください。骨折をするなど大怪我に繋がりやすいです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。