犬がずっと伏せている原因5選!病気の可能性は?

犬がずっと伏せている原因5選!病気の可能性は?

『犬がずっと伏せている原因』についてまとめました。ずっと伏せたままの犬はどんなことを考えているのか、伏せたまま動かない時の病気の可能性を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がずっと伏せている原因

伏せて横を見つめているドーベルマン

1.相手の様子をうかがっている

相手の様子をうかがう時、ずっと伏せて待つことがあります。

お散歩の途中に地面に伏せて動かなくなったり、ドッグランでは地面に伏せたまま遊ぼうとしなかったりします。他の犬の様子を観察したいのです。

こっちに来てくれるかな?自分から行ってもいいかな?と、相手の気持ちを読み取ろうとしているところです。

2.仲良くなりたい♡

相手と仲良くなりたい時、伏せて待つことがあります。

伏せて体勢を低くすることで相手に良い印象を与えたいのです。

仲良くなりたい、敵意はない、こっちに来てほしいと伝えたいのです。

大型犬が小型犬を目の前にした時、伏せて待ってくれる姿を見ると「優しい犬だなぁ♡」と感心しますよね。

小型犬と飼い主としてはとても有り難いです♡

3.ちょっとだけ休みたい

疲れてしまった時、その場でリラックスしたい時、ずっと伏せたままでいることがあります。

犬にも「ふぅっ♡」と一息つきたい時間があるのでしょう。

伏せたまま周りの状況を確認したり、犬や人を観察したりして過ごすことがあります。

お散歩の途中に地面に伏せて動かなくなってしまうのは困りものですが、何か興味を惹かれる音やニオイや声を感じ取ったのかもしれません。

休憩をしつつ、じっくりお散歩を楽しみたいのでしょう。気長に付き合ってあげると喜ぶと思います。

4.すぐに動けるように

すぐに立ち上がって動ける体勢でいるため、ずっと伏せたままでいることがあります。

横向きに寝転がっている時、仰向けに寝転がっている時、伏せている時では、立ち上がって動き出すまでにかかる時間に差が出ます。

伏せは、万が一の時のために備えた体勢なのです。警戒心が強い性格なのかもしれません。

飼い主を守ってあげたい、自身を守らなければならないなど、防衛本能や防護本能が高い性格なのかもしれません。

5.伏せの体勢が好き♡

ただ単純に伏せの体勢が好きで、ずっと伏せたままでいることがあります。

飼い主から見えると、横に寝転がった方が楽なのに…と思いますよね。

お腹が圧迫されて痛くならないかな?床ずれになったりしないのかな?と心配にもなります。

伏せの体勢が好きでずっと伏せているのであれば、あまり心配いりません。疲れてしまったら他の体勢に自然と自ら変えるはずです。

ずっと伏せている時の病気の可能性

伏せて舌を出すチワワ

お腹が冷えてしまった

お腹が冷えてしまい、ちょっぴり痛みがあるのかもしれません。

クッションの上やホットカーペットの上で伏せたままお腹を温めようとすることがあります。

お腹がきゅるきゅるっと鳴っていないか確認してみてください。

体に痛みがある

体のどこかに痛みがあり、ずっと伏せていることが楽な体勢なのかもしれません。

横に寝転がったり、体を丸めたり、仰向けになるなどすると体の痛みが増すのでしょう。

体全体を触ってみて、痛がる部分や嫌がる部分がないか確認してみましょう。

貧血

貧血になると、ずっと伏せたままでいることがあります。

犬の場合、血管内の腫瘍・腎臓疾患によって貧血が起こりやすいです。

人間のように頻繁に貧血になるわけではないため、貧血を起こす原因には重篤な病気が隠れている可能性が高いです。

犬の貧血はシニア犬や老犬に多く起こりますが、年齢に関係なく若い犬にも起こることがあります。

まとめ

床に伏せるトイプードル

犬がずっと伏せている原因を5つ解説しました。

  • 相手の様子をうかがっている
  • 仲良くなりたい♡
  • ちょっとだけ休みたい
  • すぐに動けるように
  • 伏せの体勢が好き♡

犬がずっと伏せている時、体調不良や病気の可能性も考えることができます。

普段と違う様子はないか、食欲や元気はあるか、下痢や嘔吐の症状はないかなど、愛犬の毎日の健康チェックお願いします♡

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。