犬の命を削る『絶対タブーな行動』3選 ペット の気持ちを考えた飼育を

犬の命を削る『絶対タブーな行動』3選 ペット の気持ちを考えた飼育を

この記事では、「犬の命を削る『絶対タブーな行動』3選 ペット の気持ちを考えた飼育を」をテーマに、ワンちゃんの命を脅かす絶対にしてはいけない行動をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の命を削る絶対タブーな行動1:夏場の温度管理をしない

床で眠っている犬

犬の命を削る絶対タブーな行動として、まず紹介するのが「夏場の温度管理をしないこと」です。

夏場の温度管理は、私たち人間だけでなくワンちゃんたちにとっても重要な事柄です。冬場においても室内が低温になることによって体調が悪くなることがありますが、命を脅かすということに対しては、夏場の方を特に意識しなければいけません。

意識するポイントとして、まずは室温管理です。ワンちゃんが快適に過ごせる室温は26℃前後といわれていますので、それぐらいの室温を維持するようにしてください。

また、いつでも水を飲めるように量が減ってきたら補充を忘れず、定期的に交換して常に新しい水を飲めるようにすることも重要です。

室内においてはこれらが特に意識しなければいけないポイントですが、屋外においても意識しなければいけないことがあります。それは散歩のタイミングです。

夏場の地面というのは当然のことですがとても熱いです。私たち人間は靴を履いているためその熱さを感じることが中々ありませんが、ワンちゃんたちは直にその上を歩くため、熱さを直接感じ取ることになるので大変危険です。

また、熱中症にも気をつけなければいけません。犬は日傘をさすなどの日除けを自分で行うことが出来ません。そのため、夏場の散歩のタイミングとしてもっとも適しているのが早朝か、日が沈んだ夜以降に行くのが良いとされています。

犬の命を削る絶対タブーな行動2:食べてはいけないものを食べさせる

チョコレート

犬の命を削る絶対タブーな行動として、次に紹介するのが「食べてはいけないものを食べさせる」です。

ワンちゃんたちは、人間と違い食べたら命に関わってしまうものがあります。有名なのが、チョコレート、ネギ属の野菜、アボカド、ぶどうです。

これは人間にとって身近で好き嫌いはあるかもしれませんが美味しい食物です。その美味しい食べ物をついワンちゃんにお裾分けしてしまうと、嘔吐を起こしたり、痙攣などの神経症状をおこし、最悪の場合死に至ってしまうことがあります。

そのため、ワンちゃんにはこれらの食物を与えることは絶対に控えるようにしてください。

犬の命を削る絶対タブーな行動3:健康に無関心

犬のレントゲンの写真

犬の命を削る絶対タブーな行動として、最後に紹介するのが「健康に無関心」です。

ワンちゃんを定期的に健康診断に連れて行き、病気がないかを確認してもらうことで、何かを患ってしまった際も早期に発見することができ、愛犬の命を守ることが出来ます。

病気だけでなく、よく散歩に連れて行ったり家の中で遊ばすことによってストレス発散をさせたり、ワンちゃんがストレスと感じてしまうことをしないようにして、ストレスを極力与えないようにすることも重要なことです。

まとめ

こちらを見ている笑顔のチワワ

いかがでしたでしょうか。

犬の命を削る絶対タブーな行動の例として、

  • 夏場の温度管理をしない
  • 食べてはいけないを食べさせる
  • 健康に無関心

の3つを紹介しました。

このようにワンちゃんの命を脅かしてしまう行動が身近にあることがわかりました。どの事項も飼い主さんが気をつけることによって回避することが出来ます。

今回紹介した例を参考に長い間一緒に過ごすことが出来れば、ワンちゃんも飼い主さんに出会えて幸せだと感じてくれるはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。