愛犬との『スキンシップ不足』で起こりうる危険なこと3つ

愛犬との『スキンシップ不足』で起こりうる危険なこと3つ

「愛犬との時間は作っているつもりだけどスキンシップが足りていないかも」と感じている飼い主さんは多くいらっしゃるでしょう。とくに外で仕事をしている人は、愛犬とコミュニケーションを取る時間よりお留守番させている時間の方が長いと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。犬とのスキンシップが不足してしまうと心や体に影響が出てしまう可能性があります。思い当たる方は本記事を参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

スキンシップが不足しているときに犬が見せる仕草

カーペットに寝そべるビーグル

飼い主さんとのスキンシップが不足している犬は、以下のような仕草や行動を見せる場合があります。

  • 後ろを追いかけ続ける
  • 引きこもる
  • 手足をしつこく舐め続ける
  • 目を合わせようとしない
  • 怒ったりふてくされた表情を見せる

上記の仕草に当てはまるものがある犬の飼い主さんは、愛犬とのスキンシップが不足しているかもしれません。

次の章からは、スキンシップ不足で起こりうる危険なことと対策をご紹介していきます。

愛犬とのスキンシップ不足で起こりうる危険なこと3つ

悲しい顔でうつむき加減のレトリバー

1.自傷行為をする

愛犬とのスキンシップが不足すると、自傷行為をし始める危険性があります。

前章でお伝えした「手足をしつこく舐め続ける」といった行為はストレスからくるものです。

スキンシップ不足が続くと、執拗に舐め続けたり噛んでしまうこともあります。

その結果傷ができてしまい、炎症や出血につながってしまうこともあるので注意が必要です。

2.いたずらが激しくなる

スキンシップが足りないことにストレスを感じ、いたずらが激しくなる犬もいます。

クッションを噛みちぎったり飼い主さんの靴を隠したりするなんてこともあるでしょう。

また、急にトイレに失敗するようになることもあります。

どれもスキンシップ不足に対する不満が原因。飼い主さんに「かまって欲しい」という気持ちから表れる行動です。

反射的に叱ってしまうと、余計に問題行動が悪化する可能性もあります。

叱る前に「原因はなんだろう?」とまず一度考えてみるようにしてください。

3.病気になってしまう

スキンシップ不足によりストレスが溜まりすぎてしまうと、病気につながる場合もあります。

たとえば、前述の自傷行為により炎症が悪化すると皮膚病になってしまう可能性が高いです。

精神的なストレスが大きく、攻撃的になることもあれば逆に元気がない様子がみられることもあります。

食欲がなくなったり、夜に眠れなくなる睡眠障害になることも考えられます。

さらにストレスで免疫力が低下することにより、さまざまな病気に感染するリスクも高まってしまうのです。

愛犬とのスキンシップ不足を防ぐための対策

おでこをくっつける女性と犬

愛犬とのスキンシップが不足していると感じたときは、今よりも一緒に過ごす時間を増やすように意識してください。

忙しい方であれば、寝る前の5分だけでも構いません。愛犬だけに集中して向き合う時間を作りましょう。

また、一緒に過ごす間は優しく撫でながら声をかけてあげてくださいね。

飼い主さんが撫でながら話しかけてくれているというだけで、犬はかまってくれていると感じてくれます。

可能であれば、時間が取れるときは散歩時間を長くしてみたり、いつもと違うコースを回ってみるのも良いでしょう。

休みの日には、ドライブやドッグランに連れて行ってあげるのも気分転換になるのでおすすめです。

まとめ

上目遣いのスパニエル

愛犬とのスキンシップが不足してしまうと、あらゆる危険につながる可能性があります。

とくに働いている方などは、つい疲れているからと帰ってすぐに寝てしまうなんてこともあるでしょう。

しかし、犬と生きていくと決めた以上はきちんとお世話をする責任があります。愛情を持ってスキンシップを取るよう心がけてみてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。