犬が運動不足になっているサイン3つ!適切な解消法は?

犬が運動不足になっているサイン3つ!適切な解消法は?

布団からなかなか出たくない季節。そんなときはついつい犬の散歩時間が短めになることもありますね。それが続くと待ち受けているのが犬の運動不足です。今回は、犬が運動不足になっている場合の身体に現れるサインをご一緒にみてまいりましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

運動不足のバロメーター

駆けるビーグル

主に散歩で解消される運動量が愛犬にとって、どの程度が適切なのでしょうか。これはなかなか判断がつきにくいとよく耳にします。それもそのはず。同じトイプードルでも大きさ、去勢・避妊をしているか、外に出るのが好きかどうか、そして一日の総摂取カロリー。

こうした個体差があるので、トイプードルの運動量は一日に何分が適切であるなどとは言い切れないからです。では、わたしたち飼主は、どのような目安を持って愛犬の運動量が適切であるかどうかを判断すれば良いのでしょうか。

1. 見て触って肥満をチェック!

体重計に乗るダックス

「最近、運動不足かな?」そう思ったら、まず確認していただきたいのが愛犬のボディです。身体を「見て、触って」肥満度をチェックしましょう。この時のポイントは3つ。肋骨(ろっこつ)、背骨、腹のくびれ、です。

以下の箇所を確認し、ひとつでも当てはまるようなら肥満傾向。足腰に負担のかからない程度に運動量を増やす必要があります。

  • 肋骨が脂肪に覆われいるが、なんとか肋骨が確認できる
  • かろうじて背骨や腰などの骨格に触れることができる
  • 真上から見た時、腰のくびれがほとんどない
  • 首や尾の付け根に脂肪がたまり、段になっている

ただし、ポメラニアンなどの長い毛で包まれている犬種は、目視ではなく実際に触って毛の厚さを差し引いてチェックします。

また、パグ、ブルドッグなどはもともとガッチリとした体形をしていますから上記は参考程度にとらえ、ベストなボディコンディションを飼主さんが把握しておくことが重要です。

2. 爪と肉球をチェック!

柴犬肉球

散歩でアスファルトや砂利道を歩くことや庭を駆けまわることで、犬の爪は自然に一定程度、削れていくものです。しかし、そうした運動が不足すると必然的に爪が伸びてしまいます。

また、犬の足裏にある肉球は表皮・真皮・皮下組織という3つの層からできていますが、散歩などの運動が不足するとこの肉球が薄くなり弾力を失いしやすい傾向にあります。

愛犬の爪を触ってみて「このごろ伸びるのが早いなあ」と感じたり、肉球に弾力を感じなくなったら、それは運動不足のサインかもしれませんので少し運動量を見直してみましょう。

3.お通じチェック!

トイレとビション

お通じは健康のバロメーターとも言われますね。運動により便の排泄が促されるのは人も犬も同じ。

特に犬は一般的に人よりも一日の排便回数が多いですから、それが排泄されずに体内にとどまってしまうと、身体に様々な不調が出てもおかしくはありません。こうした面からも気を付け、運動量の調整をしてみてはいかがでしょうか。

最新!犬の運動方法

泳ぐチワワ

犬の運動が散歩だけとされていたのは、もう過去のこと。時代は犬の健康寿命の延びに合わせ運動方法の種類を増やしました。ここからは気分を変えて、最新の運動方法の中から一部お伝えいたします。

  • 水の浮力で関節への負担を緩和。水中療法「ハイドロセラピー」

≪期待できる効果…心肺機能アップ、筋肉増加≫

  • 体幹をしっかり内から鍛える。「バランスボール」

≪期待できる効果…免疫機能強化、反射神経を鍛える≫

  • バランス感覚を刺激して筋トレ「ハードル」

≪期待できる効果…筋肉増加、関節痛の早期発見≫

まとめ

ゴールデンと女性

犬が運動不足になることで招く病気は多く知られています。ただ、犬は運動が足りないからと言って、自発的にワークアウトに出かけるなんてことはできません。こうした犬の身体に現れる犬からのサインを見逃さないように、犬の心と合わせながら日々を管理してあげたいですね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。