犬をワガママにしてしまう絶対NGな『甘やかし方』5選

犬をワガママにしてしまう絶対NGな『甘やかし方』5選

『犬をワガママにしてしまう絶対NGな甘やかし方』をまとめました。愛犬をワガママにすると飼い主が困るだけではなく他人に迷惑をかけてしまいます。NGな甘やかし方が起こす危険を解説します。

お気に入り登録

犬をワガママにしてしまう絶対NGな甘やかし方

引き出しの衣類を引っ張る子犬

1.しつけを怠る、不十分なまま終える

愛犬に必要なしつけを怠ることは絶対NGな甘やかし方です。

例えば「自分のテリトリーを汚すことを嫌がるから…」と言って、自宅の室内で排泄をするためのトイレトレーニングをしないことは犬をワガママにしますし、他人に迷惑をかけます。

おしっこやマーキングをした後はペットボトルで水をかけるのがマナーだと勘違いしている飼い主が多いです。

しかしそれは違います。公共の場や他人の敷地内で排泄をさせないことがマナーです。

お散歩中に他人や犬に向かって吠えることを放っておくなどしていませんか?

いつまで経ってもトレーニングを終えることができないワガママな犬になってしまうため、必要なしつけを怠ることは絶対にやめましょう。

2.要求されて食べ物を与える

愛犬から要求されて食べ物を与えるのは絶対NGな甘やかし方です。

「ちょうだい♡」とおねだりされたら可愛くて仕方なくなってしまうと思います。

しかし、ごはん・おやつ・人間の食べ物など犬がほしい時に与えているとワガママにしてしまいます。

ごはんは1日2回~3回に分け、時間を決めて与えるのが基本です。おやつのタイミングも決めておきましょう。

どんなにおねだりされても人間の食べ物を与えてはいけません。

ワガママにさせるだけではなく、不健康や病気にさせてしまう原因にもなります。

3.人間の食べ物をおすそ分けする

自分のお皿をくわえたラブラドール

飼い主の食事中に食べ物をほしがる愛犬にお裾分けするのは絶対NGな甘やかし方です。

「ちょっとだけもらう」がいつの間にか癖になり、自分のごはん(ドッグフード)を食べない原因になってしまうことがあります。

「これは食べない」「あれが食べたい」とワガママにさせてしまいます。

人間の食べ物には糖質や脂質や塩分など犬に不要な栄養素がたっぷりと含まれています。

さらに味が濃く、ニオイも強いため、犬にとっては最高の嗜好品です。

4.嫌がるお世話をしない

嫌がるを理由に愛犬に必要なお世話をしないのは絶対NGな甘やかし方です。

嫌がるブラッシングをしないでいると、フケや汚れがたまり不衛生な状態が続きます。

ニオイや異臭が気になるようになり、皮膚病を発症することがあります。

嫌がる歯磨きをしないでいると、歯周病になります。

歯石がたまると口臭や異臭がしますし、歯の根元がグラグラしたり歯が自然と抜けたりします。

痛みを伴うとごはんを食べられなくなってしまうことがあります。

オシャレのための服を着せたり、嫌がるレインコートを無理やり着せてお散歩させたりする必要はありませんが、愛犬の健康を守るためのお世話は絶対に怠ってはなりません。

5.好き勝手に歩かせる

お散歩の時、犬を好き勝手に歩かせるのは絶対NGな甘やかし方です。

リードをグイグイ引っ張る、あっちへ行ったりこっちへ行ったり蛇行する、足元にまとわりついてくる、いきなり後ろに引き返そうとするなどすることはありませんか?

愛犬の身に危険が及んでしまいやすいですし、飼い主も「まともにお散歩できない…」と疲れてしまっているのではないでしょうか。

他にお散歩している犬や飼い主がいれば迷惑をかけてしまうこともあります。

車やバイクはエンジン音で分かりやすいですが、自転車や歩行者にも十分に注意して歩くようにしましょう。

基本的にお散歩の主導権は飼い主が握るべきです。

まとめ

細長いおやつを食べるジャックラッセルテリア

犬をワガママにしてしまう絶対NGな甘やかし方を5つ解説しました。

  • しつけを怠る、不十分なまま終える
  • 要求されて食べ物を与える
  • 人間の食べ物をおすそ分けする
  • 嫌がるお世話をしない
  • 好き勝手に歩かせる

愛犬のワガママを全て通していると、そのワガママが許されなかった時に犬は強いストレスを感じます。

ストレスがたまり続けると吠える・噛む・物を破壊するなどの問題行動を起こすことがあります。

飼い主の手にも負えなくなってしまう前にワガママには応えないようにしましょう。

可哀想だと思うのであれば、応えてもいいワガママやタイミングを見極めるとよいと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。