『育犬ノイローゼ』になる人の特徴5選!もしなってしまったら?

『育犬ノイローゼ』になる人の特徴5選!もしなってしまったら?

ペットブームの裏で「育犬ノイローゼ」という言葉が生まれています。愛犬家なら誰でも陥る可能性があり、最終的に犬を手放してしまう人も…。この記事では、「育犬ノイローゼ」になる人の特徴5選と、なってしまった時にできることをご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

「育犬ノイローゼ」とは?

ジャックラッセル

愛犬家が増えるとともに生まれた「育犬ノイローゼ」という言葉は、その名の通り「育児ノイローゼ」とほぼ同様の、犬の飼育生活に対する悩みを抱える人の症状を指しています。

「しつけが上手くいかない」「想像以上に世話が大変」「犬が言うことを聞かない」などの原因から精神的や肉体的ストレスを抱えてしまい、次のような症状に悩まされることが多いです。

  • マイナス思考になる
  • イライラする
  • 愛犬が可愛いと思えない
  • 食欲が落ちる
  • 不眠に陥る
  • めまいや動悸がする

単なる疲れとは違う症状に悩まされるのが育犬ノイローゼの特徴です。

自分自身を追い詰めてしまい、最終的に愛犬を手放す決断を下してしまう飼い主さんも少なくはありません。

育犬ノイローゼになる人の特徴5選

座り込む人と犬

犬を飼う人なら誰しも陥る可能性がありますが、ここでは育犬ノイローゼになりやすい傾向を持人の特徴5つをあげてみます。

1.初めて犬を飼う人

犬を初めて迎え入れた人は、経験したことのない苦労の毎日に疲れ切ってしまいやすいです。

犬の飼育は想像以上に難しく、「トイレを覚えてくれない」「甘噛みが痛い」「部屋をボロボロにされた」などこれまでのイメージと現実の差に精神的にも肉体的にも追いやられてしまうものですね。

ストレスの積み重ねによって、「気づいたら育犬ノイローゼになっていた」という人がたくさんいます。

2.愛犬に執着しすぎてしまう人

泣いている人と犬

「愛犬が好きすぎる」という人も、実は育犬ノイローゼになりやすい傾向があります。

愛犬の幸せを考えすぎてしまい、自分よりも愛犬を優先してしまう飼い主さんが意外と多いです。

犬に執着してしまうと愛犬にストレスを与えてしまいます。

大好きな愛犬に嫌がられてしまえば、全てを失ってしまったような気持ちになるでしょう。

そんな時に育犬ノイローゼに陥ってしまうことがあるので、気をつけなければなりません。

3.完璧主義の人

「愛犬を利口な犬へしつけたい」「マニュアル通りのしつけを覚えさせたい」と完璧主義の人も、育犬ノイローゼになりやすいです。

その理由は、愛犬に対するハードルが高すぎるため、少しでもしつけが上手くいかないだけでイライラしてしまうからです。

他の犬と愛犬を比べてしまう人も要注意!

いつの間にか愛犬を可愛いと思えなくなってしまい、育犬ノイローゼになってしまう可能性があります。

4.心配性の人

窓の外を見る犬

「愛犬がケガをしないか」「離れている間とても不安」などと、常に愛犬の心配ばかりしてしまう人もご注意を。

育犬ノイローゼだけでなく、少しの間も離れたくなくなる「不安分離症」になる可能性もあります。

また、「犬が近隣へ迷惑かけないか」など常に強い不安感を持っている人も精神的ストレスを受けやすいです。

5.人に甘えるのが苦手な人

責任感が強く人に甘えるのが苦手な人は、「お世話疲れ」に陥りやすいです。

健康な犬でも苦労は多いですが、病気を抱える犬や老犬の介護は想像を絶するほど大変です。

時間とお金を費やすため、強い精神的ストレスが重くのしかかってしまいます。

そんな時に、「犬の世話は飼い主がやらないといけない」と強く思ってしまう人は要注意です。

頑張ることは大切かもしれませんが、お世話の大変さに育犬ノイローゼになってしまっては愛犬も悲しみます。

動物病院やペットシッターさんなど専門家の力も借りながら、愛犬のそばに寄り添うよう気持ちを切り替えてみてください。

育犬ノイローゼになってしまったら

見上げる犬

できれば育犬ノイローゼになる前に回避するのが1番ですが、もし症状に気づいてしまったとしても、慌てずに次のような対策を取っていきましょう。

1人で悩みを抱えない

「自分で犬を飼いたいと言った手前、弱音を見せられない」と思うかもしれません。

でも、犬の飼育の悩みはどんな人も持つものです。少しでも「自分は育犬ノイローゼかもしれない」と思う所があるのなら、1人で悩みを抱えないでください。

広い視野を持って愛犬に接してみる

散歩中の犬

強い責任感や不安感を抱えている飼い主さんは、ここで第三者的な視点で自分の飼育状況を見つめ直してください。

  • 愛犬に求めるしつけのハードルが高すぎないか
  • 必要以上に愛犬に執着していないか

しつけが楽しいと思えない人は、愛犬に対しても強いプレッシャーを与えてしまいがちです。

愛犬と良い関係を築くためにも、もう少し広い視野を持って愛犬と接するようにしてみてください。

専門家やサービスを利用する

犬の飼育に悩むときは、専門家の知識を借りることを強くおすすめします。

行きつけの動物病院に飼育の悩みを相談してみてもいいでしょう。

おすすめのしつけ教室やドッグトレーナーを紹介してもらえるかもしれません。

「犬のしつけが難しい」「犬のしつけが楽しくない」と感じている人も、ぜひ積極的に専門家に相談してみましょう。

まとめ

犬と人

どんな飼い主さんも「育犬ノイローゼ」になる可能性を含んでいます。

もし、少しでも飼育に不安や悩みを持つ飼い主さんは、早めに誰かに打ち明けてください。

1人で悩みを抱えないことが、結果的に愛犬に幸せな環境を提供することにつながります。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。