犬が寝る前にする『謎の行動』3つの意味とは

犬が寝る前にする『謎の行動』3つの意味とは

犬は寝る前に不思議な行動をすることがあります。こちらでは、犬が見せる寝る前の「謎行動」が持つ、意味や心理について解説していきたいと思います。

お気に入り登録

犬が寝る前に見せる謎の行動とは?

ベッド横に立つ柴犬

みなさんの愛犬は、寝る前にどのような行動をしますか?

あくびをしてから大人しく寝る犬が多いと思いますが、なかにはベッドの上をクルクルと回ったり、その場を足踏みしたり、一心不乱に掘ったりするような行動を見せる犬もいます。

また、寝る前になると部屋のなかを思い切り走り回ったり、おもちゃをくわえたりとひと暴れしてから寝る犬も少なくありません。

こうした寝る前の『謎行動』は、毎回同じ行動をすることが多いとされています。

そしてそれぞれに意味があり、犬の心理や理由が隠れていると考えられています。

1.寝る場所を整えている

ベッドの上に立つポメラニアン

犬が寝る前に行う行動の理由のひとつが、寝床を心地よく眠れる状態に整えているということです。

特に、くるくるとその場を回ったり、足で何度も踏んだり、鼻先でクッションや毛布の位置をずらしたりする場合は、こうした心理が隠れていると考えられています。

寝る場所を心地よい状態にしたいと考えるのは、犬も人間も同じです。

横になった時に体に当たる部分が硬くなっていたりねじれていたりすると不快に感じてしまうため、自分の寝やすい状態に整えるためにベッドの上で動き回るのだとされています。

2.安全確認をしている

毛布のにおいを嗅ぐ犬

犬がベッドの上でくるくると回ったり、足踏みをしたりする行動に込められている心理としてもうひとつ考えられるのが、寝床の安全確認をしているということです。

これは、野生動物から引き継がれている本能的な行動だとされています。

野生で生きる動物は、草や土の上などで眠ることが多く、必ずしも毎回同じ場所で寝るとは限りません。

そのため、その場所が本当に安全に眠ることができる場所なのかを確認してから寝るのは、自分の身を守る本能行動として自然なものだと考えられます。

寝床にしようとしている場所に、体を傷つけるような硬いものや害を及ぼす虫などが隠れていないかということを確認しているのです。

3.ストレスや運動不足

クッションベッドで寝るジャックラッセル

犬が寝る時間になると、突然部屋中を走り回ったり、置いてあるおもちゃやクッション、毛布などをくわえて暴れる場合、ストレスや運動不足が原因になっている場合があります。

悪天候や忙しさから散歩の時間が短くなってしまっている時や、スキンシップやコミュニケーションが不足してしまっている時は、こうした行動が見られることが少なくありません。

「遊び足りない!」「もっとかまってよー!」などという気持ちを訴えるために、あえて暴れて見せることがあります。

こうした不満をきちんと解消してあげられるように、愛犬と関わる時間を増やしてあげるようにするといいでしょう。

まとめ

寝ているビーグル

私たち人間から見ると『謎の行動』だと感じるようなものでも、犬にとってはきちんとした心理や理由が隠されています。

その行動が、野生動物の本能や習性の名残によるものであれば、特に気にする必要はなく自由にさせてあげて問題ありません。

しかし、寝る前に暴れるなど、ストレスや運動不足が原因の行動が見られる場合は、問題の解消に努めるようにしてください。

そして愛犬が毎日に心から満足して、穏やかな眠りにつくことができるようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。