犬が『後ろ足で立つ』時の心理5選!必ず注意すべきポイントも

犬が『後ろ足で立つ』時の心理5選!必ず注意すべきポイントも

『犬が後ろ足で立つ時の心理』についてまとめました。犬はどんな時に後ろ足で立つのか、犬が後ろ足で立つことのリスク、注意点など解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が後ろ足で立つ時の心理

人の前に後ろ足で立つジャックラッセルテリア

1.逃げ出したい

犬が後ろ足で立つ時、「逃げ出したい」と考えていることがあります。

例えば、動物病院で受付をしている時に後ろ足で立ち上がり、飼い主の足元にちょこんと両手を置いたり、出入口のドアを開けようと飛びついたりすることがあります。

「ママ助けて!」「ここから出して!」という気持ちなのではないでしょうか。

2.食べ物のにおいを確認している

犬が食べ物のにおいを感じて確認したい時、後ろ足で立つことがあります。

キッチンの調理台に両手を置いて立ち上がったり、ダイニングテーブルに並べられた料理を見ようとしたりすることがあります。

その場に残る食べ物のにおいを確認するだけであれば問題ありません。

しかし、キッチンやダイニングでは人間の食べ物を盗み食いしてしまいやすいです。

犬が後ろ足で立って届く範囲に食べ物を置きっぱなしにしないようご注意ください。

3.窓の外を確認したい

窓の外を確認するために犬が後ろ足で立つことがあります。

外の環境を観察して楽しみたい犬もいます。外から聞こえてくる音に警戒していることもあります。

何だか楽しそうな声が聞こえてきて参加したいと考えているかもしれません。

外を眺めることが好きな犬なのであれば、後ろ足で立たなくても見ることができる工夫をしてあげるとよいのではないでしょうか。

4.おねだりしている

犬が後ろ足で立つ時、飼い主に何かおねだりしたいことがあるようです。

たまたま後ろ足で立った時、褒めてもらったり喜んでもらったりしたことを覚えているのでしょう。

  • お散歩に連れて行ってほしい
  • ごはんが食べたい
  • おやつがほしい
  • 一緒に遊んでほしい
  • もっと構ってもらいたい

犬が後ろ足で立ってでも飼い主におねだりしたいことって、大体こんな内容ですよね。

5.冷たくて嫌

雪の中をお散歩したり遊んだりする時、足が冷たいのが嫌で後ろ足で立つことがあります。

両足が冷たい雪に触れていることが嫌なのですが、犬が前足で立つことは難しいですよね。

自然と前足を上げ、後ろ足で立つ体勢になってしまうのではないでしょうか。

雪の上を歩くことは犬にもリスクがあります。肉球にしもやけができると犬も痛痒くなるのだそうです。

犬が後ろ足で立つ時の注意点

パソコンの前に後ろ足で立つダックス

膝蓋骨脱臼(パテラ)

無理に後ろ足で立たせようとすると膝蓋骨脱臼になってしまう恐れがあります。

おやつを見せながら「立っちして!」などと教えるのはやめましょう。チワワやポメラニアンなどの小型犬は膝蓋骨脱臼になりやすいです。

グレードがありますが、症状が軽い段階では飼い主が気づいていないこともあります。後ろ足で立ったことで悪化させてしまわないようご注意ください。

椎間板ヘルニア

犬が後ろ足で立つと腰への負担が大きくなります。椎間板ヘルニアになる恐れがあります。

すでに発症している場合には悪化させてしまう恐れがあります。犬の腰や背骨は、基本的には後ろ足だけで立つことに相応しい構造ではありません。

犬が自然と後ろ足で立つ分には構わないと思いますが、わざわざ芸として教える必要のないことです。犬の体の構造を考え負担の少ない芸を教えてあげてください。

まとめ

人の足元に後ろ足で立つポメラニアン

犬が後ろ足で立つ時の心理を5つ解説しました。

  • 逃げ出したい
  • 食べ物のにおいを確認している
  • 窓の外を確認したい
  • おねだりしている
  • 冷たくて嫌

犬が後ろ足で立つことにはリスクが伴いやすいです。

骨や筋肉が未発達である子犬、骨や筋肉が衰えてきたシニア犬や老犬、骨や筋肉や関節に問題を抱える犬はとくに注意が必要です。

嬉しい時や興奮している時、後ろ足で立ちながらピョンピョン飛び跳ねてしまう犬もいます。骨折などケガの原因にもなりやすいためすぐにやめさせましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。