犬を『見た目』で選んで飼った時に考えられるリスク4選

犬を『見た目』で選んで飼った時に考えられるリスク4選

『犬を見た目で選んで飼った時に考えられるリスク』についてまとめました。犬を見た目で選んで飼った飼い主が実際に負ったリスクを解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬を見た目で選んで飼った時に考えられるリスク

トイプードとポメラニアン

1.毛の色が変わる

犬の毛の色は変化するため、子犬の頃の毛の色を気に入って飼うと後悔することがあります。

毛の色の大きな変化は成長期に起こりやすいです。例えば、生後3カ月頃に家族に迎えた時は顔の毛が真っ黒だったのに、1歳になる頃には真っ白に変化したという実例があります。

血統証明書に表記されている毛の色は、その犬が生まれた時の毛の色です。成犬になった時の毛の色を保証するものではありません。

子犬の成長過程での毛の色の変化はメラニン色素の影響によって起こりますが、色が濃くなるタイプ・色が薄くなるタイプ・色が全く別の色に変わるタイプなどあります。

「黒っぽい犬が良かったのに白っぽい犬になったから手放す」なんてことがあってはなりません。

犬を毛の色の見た目で選んで飼うのはやめましょう。毛の色が変化しても変わりなく愛情を注げる飼い主でなければなりません。

2.毛が伸び続ける

見た目で選んで飼うと大きなリスクを負いやすく、誤解されやすいのがトイプードルやマルチーズです。

みなさんがよくご存知のあの見た目は毛をカットされた状態です。カットしなければどこまでも伸び続けます。

ほとんどの場合、月1回のトリミングへ行き、適度な長さにカットされています。

長毛種には2つのタイプがあります。トイプードルやマルチーズのような毛が伸び続けるタイプ、ポメラニアンやパピヨンなどの一定の長さにしか毛が伸びないタイプです。

飼育放棄されて伸び続けた毛が毛玉の塊となってしまったとあるトイプードルは体重が9kgありました。そのうちトリミングによって取り除かれた毛玉の重さは3kgだったそうです。

毛が伸び続ける犬種であることを知らずに飼っては大変です。

見た目で選んで飼うにしても毎月のトリミングに連れて行く時間や費用があるかどうかも考えなければなりません。

3.好みが変わる

シェパードとチワワ

犬を見た目で選んで飼うと好みが変わるというリスクがあります。人の見た目の好みは必ず変わります。

今はポメラニアンや柴犬のようなふわふわで可愛らしい犬を好んでいても、数年後にはドーベルマンやピットブルのような勇ましく強面な犬を好むかもしれません。

犬の寿命は10年~18年くらいでしょうか。飼い主も同じように歳を取ります。

若い頃は一緒にスポーツや運動を楽しむことができる中型犬~大型犬を好んでいても、高齢になると膝の上に抱っこしていられるような小さな犬を好むようになることがあります。

自分のライフスタイルや好みに合わせて犬も飼い替えるなんてことは絶対にしてはなりません。

結婚や出産をするかもしれない、引っ越しをするかもしれないなど、10年20年先のことも考えながら犬を迎える準備をする必要があるのです。

4.問題行動に悩む

犬を見た目で選んで飼ってしまった人の中には、愛犬の問題行動に悩む飼い主が多いです。

ある程度の問題行動はしつけで解決できます。飼い主や家族で解決できない場合には、ドッグトレーナーや犬の訓練士などプロに任せても構いません。

しかし、犬の本能や習性による問題行動は100%完全に解決できるとは限りません。

例えば、番犬や警護をする使役犬というグループに属する犬は警戒心が強く、吠えやすいです。

巣穴に住む小動物を狩るなどのテリア種というグループに属する犬は小動物を追いかけやすいです。うさぎやハムスターとの同居は難しいでしょう。

嗅覚ハウンドというグループに属する獣猟犬は吠える声がかなり大きく、近所迷惑になりやすいです。

視覚ハウンドというグループに属する追跡捕獲型の猟犬は走力に優れており、お散歩中にリードを手放してしまうと飼い主では追いかけられません。迷子になりやすく、交通事故の原因にもなりかねません。

見た目で「この犬がいい!」と感じた場合には、飼う前にその犬の原産地・歴史・特性など、十分な情報を得た上で飼うようにしましょう。

実際にその犬種と暮らす先輩飼い主の話を聞くのもおすすめです。

まとめ

ベッドから顔を出すトイプードル

犬を見た目で選んで飼った時に考えられるリスクを4つ解説しました。

  • 毛の色が変わる
  • 毛が伸び続ける
  • 好みが変わる
  • 問題行動に悩む

犬はアクサセリーではありません。ぬいぐるみでもありません。命です。

自分自身を大切にすることと同じくらい犬のことも大切にできなければなりません。絶対に見た目だけで選んで飼わないでください。

見た目で選んで飼ったとしても愛犬が生涯を終える時まで、愛情を持ってお世話してあげてください。

歩けなくなる、寝たきりの介護生活になるなどの覚悟も必要です。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。