犬をダメにするのは飼い主!やってはいけない『NGな育て方』4選

犬をダメにするのは飼い主!やってはいけない『NGな育て方』4選

「うちの犬はダメダメで…」なんて発言をしていませんか?実は愛犬を「ダメ」にしているのは愛犬の性格や才能ではなく、飼い主さんの育て方なのかもしれません。

お気に入り登録

️悪いことをしても叱らない

犬を叱る女性

少し前から人間の教育業界では「叱らない子育て」が取り沙汰されていますが、実はわんこのトレーニング業界でも「指示に従えなかった場合でも過剰な罰は与えない」というトレーニング方法が主流になってきています。

この「叱らない」育て方については悪い面もあれば良い面もあるのですが、わんこに関していえばやはり「叱る」ことはとても大切です。

トレーニング前のわんこは良いことと悪いことの区別がつきません。それはこの「良いこと・悪いこと」が、あくまで人間社会で生きていくうえでの分別だからです。人間社会で飼い犬として生きていくうえで「悪い」とされることをしたら、「それはイケナイ」としっかり叱って教えてあげなければなりません。

この指導が不足していたり、人や時によって態度が曖昧だったりすると、わんこはいつまで経っても良いことと悪いことの区別ができず、人間社会では「ダメ」と見なされてしまいます。

「叱る」と「怒る」は違う

ただし注意したいのは、「叱る」と「怒る」は別物であるということです。「叱る」というのは正当な理由があったうえでの理性的な指導ですが、「怒る」は相手の正否にかかわらず感情に任せて相手を非難することです。

わんこを「叱る」ことは必要不可欠ですが、理不尽に「怒る」ことはあってはなりません。わんこは萎縮してしまい、警戒心が強くなりすぎたり心を開いてくれなくなったりする恐れがあります。

️要求にすぐ応えてしまう

お皿を持って走ってくる犬

かわいい愛犬のおねだり、あなたはどう反応していますか?うるうるの瞳で期待のまなざしを向けられると、どうしても断ることができずについ…というのはNG行為。

いつでも何でもわんこの要求を通しているとわんこは「おねだりすればいつでもおやつを貰える!」「いつでも遊んでもらえる!」と勘違いしてしまい、最終的には「自分が最優先される存在なんだ!」と思い込んでワガママ放題になってしまいます。挙句の果てには、無駄吠えなどの要求行動もエスカレートしていってしまうのです。

要求は無視か一呼吸置いてから

わんこが要求行動をしてきた場合、そしてそれが要求に応えられないタイミングやシチュエーションである場合には、とにかく無視を心がけましょう。

無視するのは心が痛みますし、特に無駄吠えを放置するのは忍耐も必要ですが、愛犬をワガママわんこにしないために心を鬼にしましょう。

また要求行動に対して「だめ!」「こら!」などと声をかけるのも厳禁です。わんこは「叱られた」と認識するのではなく「反応してくれた!」と認識し、成功体験として受け取ってしまうからです。

要求に応えられる状況になったら、すぐにおやつをあげたり遊んであげたりするのではなく、まずは「オスワリ」「フセ」などの指示を与え、一呼吸おいてクールダウンさせてから、指示に従えたごほうびとしてかまってあげるようにしましょう。

️社会化を十分に行わない

戯れあっている犬たち

他のわんこや家族以外の人間と交流させ、相手との距離の取り方や上手なかかわり方を学ぶことを「社会化」といいます。社会化は一般的にパピー期が適齢期といわれ、本来であれば親犬やきょうだい犬との交流の中で自然と身に着けていくものです。

ですが、低月齢のうちに親きょうだいと引き離されてしまった場合には、飼い主さんが意識して社会化を行ってあげる必要があります。社会化が十分でないと、相手との距離感がわからずにケンカになってしまったり、逆に警戒心が強くなりすぎて家族以外の相手を受け入れられなくなったりしてしまいます。

家族の中では懐っこくて可愛い存在でも、他の人やわんこから見たら「危険なダメ犬」と認定されてしまうかもしれません。

周囲の協力を得ながら社会化を

社会化には周囲の協力が不可欠です。家族以外の人におやつをあげてもらう、家を訪問してもらって遊んでもらうなど、他者への恐怖心を取り除くことから始めましょう。

どうしても難しい場合にはひとりで悩まずに、ドッグトレーナーなどプロの手を借りるのも1つの方法です。家族からだけでなく周囲からも愛されるわんこにしたいものですね。

️まとめ

犬と家族

いかがでしたでしょうか?わんこの物覚えの良さや警戒心の強さは犬種や個性に依存するのはもちろんですが、だからといって「生まれながらにダメダメでどうしようもない」わんこはほぼいません。

わんこをどんな成犬に育てるかは飼い主さんの手腕にかかっているといっても過言ではないのです。愛犬を「ダメダメ」にしないためには、一緒に暮らす人間側がしっかり学ぶ必要があります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。