どんな気持ち?犬が『前足で飼い主を触ってくる』時の心理4選

どんな気持ち?犬が『前足で飼い主を触ってくる』時の心理4選

愛犬からチョンと前足でタッチされたことがある飼い主さんは多いのではないでしょうか?ここでは、犬が飼い主さんに前足で触る時の心理や理由を解説したいと思います。

お気に入り登録

1.自分に注目して欲しい

スマホを女性と一緒に見つめる犬

飼い主さんがテレビや雑誌、スマホなどに夢中になっている時に、愛犬が飼い主さんの体を前足で触ることはありませんか?犬のことを見たり関わったりしていない時間が長い時に、タッチしてくる場合は「こっちを見て!」「ここにいるよ」と自分の存在をアピールしたり、注目してもらうために気を引いたりしていることが考えられます。

これと同様の心理で、座っている飼い主さんのひざにあごを乗せたり、服を噛んで引っ張ったり、吠えたりすることもあります。前足でタッチしても飼い主さんの気を引くことができないと、吠えたりいたずらをしたりといった、より目立つアピールに変わることもよく見られます。

2.スキンシップを求めている

前足を上げている犬

犬は自分の存在のアピールのために、前足で触ってくることがありますが、さらに細かい気持ちや要求が加えられていることもあります。飼い主さんにもっとかまって欲しい、なでて欲しいという気持ちで合図をしてくることもあるでしょう。

仕事や家事で忙しく過ごしている飼い主さんが、ひと息ついて休んでいる時にタッチしてくる場合などに甘えたい気持ちやスキンシップを求める気持ちが感じられます。

犬は、大好きな飼い主さんにかまってもらいたいと思っているので、少しでも飼い主さんが休んでいるような様子が見られると、近寄ってきて合図をするのです。また、なでてスキンシップをとっている時などに手を休めると、犬が前足で触ってきて「もっとなでて」と求めることもあります。

3.遊んでもらいたい

ハイタッチする犬

犬は飼い主さんに対してさまざまなことを伝えるために、前足で触って合図をしてきます。そのひとつとして、飼い主さんに遊んでもらいたくてタッチしてくるということも考えられます。

遊んで欲しい時には、前足でタッチして自分の存在に気付いてもらってから走って追いかけてもらおうとしたり、おもちゃがしまってある場所に誘導しようとしたりすることも。また、好きなおもちゃをくわえて持ってきて、飼い主さんの前に置いてアピールすることもあります。

4.ご飯や散歩の催促

女性に手を添える犬

飼い主さんに前足でタッチするタイミングが、ご飯をもらっている時間や散歩の時間が近づいた時であれば、それらを催促している可能性があります。

毎日の生活の中で、ご飯や散歩を楽しみにしている犬は多く、「散歩はいつだろう?」「ご飯はまだかな?」と心待ちにしています。

犬は時計を読むことはできないものの、飼い主さんの行動や毎日のリズムから大まかなスケジュールを予測することができます。

飼い主さんが朝キッチンに立ったらご飯がもらえる、仕事から帰ってきて着替えたら散歩に行ける、と感覚的に覚えているため、散歩やご飯が近づいたりいつもより遅れていると感じたりすると、前足で触って「ご飯は?」「早く散歩に行こう!」と伝えようとしているのだと思います。

前足で触って合図をしてから、玄関やキッチンに走ったり、お散歩バッグやフードボウルをくわえて持ってきたりといった直接的なアピールをすることもあります。

まとめ

少女の手に前足を乗せている犬

犬はさまざまな方法で飼い主さんに自分の気持ちを伝えようとしますが、前足で触ってくる行動もそのひとつです。単純に自分に注目してもらうために気を引こうとしている場合もありますし、食べものやお散歩、遊びなどを求めている場合もあります。

愛犬からのそうした合図があった時、状況に合わせて応じてあげることも必要ですが、毎回従っていると「飼い主さんはいつでも言うことを聞いてくれる」とわがままになってしまうこともあるので注意しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。