愛犬が『短気』になってしまう飼い主のNG行為5選

愛犬が『短気』になってしまう飼い主のNG行為5選

犬の性格は先天的なものと後天的なものが影響しています。後天的な性格は、生活環境に応じて変化していくので、飼い主の接し方や育て方がとても大きいです。今回は、愛犬が『短気』になってしまう飼い主のNG行為について紹介します。

お気に入り登録

愛犬が『短気』になってしまう飼い主のNG行為5選

歯を剥き出す犬

犬の性格は生まれ持った先天的な要素と、後天的に環境などによって作られる要素が影響しています。「うちの子が短気で…」という方は、普段の接し方を見直すと少しは改善されるかもしれません。

1.不安そうな愛犬をそのまま放置している

不安そうに丸まる犬

愛犬が不安そうな様子を見せている時、皆さんはどのように対応していますか。愛犬の気持ちを落ち着かせるために、優しく撫でたり声をかけたり、寄り添ってあげたりするのが愛犬にとって心穏やかに過ごせる対応です。

しかし、不安そうにしている愛犬をそのまま放置している場合、犬にとって安心して過ごせる環境、いつでも信頼できる飼い主像とはかけ離れてしまうため、犬たちは自分で自分の身を守ろうと警戒心を強めることがあります。

すると、日頃からちょっとしたことに対しても吠えたり唸ったりするようになり、飼い主から見ると「短気だ」と映ってしまうのです。

2.叱るときに必要以上に大きな声で怒鳴っている

愛犬が悪いことをした時には、きちんと「だめ」と叱ることが大切です。しかし、必要以上に大きな声で怒鳴ったり、言葉のわからない犬に延々と説教したりする行為はNGです。

このような叱り方を続けていると、犬は叱られるたびに飼い主に対して不安や恐怖心を抱くようになり、ある境を超えてしまうと飼い主に対して反抗的な態度をとるようになります。

これは飼い主を「敵」とまではいかなくても、自分にとって恐怖の対象として認識してしまったことが原因です。このように信頼関係が崩れる前に、正しい叱り方を身につけましょう。

3.ルールが明確に定まっていない

叱られる犬

犬から見て、明確にご家庭のルールが定まっていないと混乱してしまいます。同じことをしても「昨日は叱られたけれど、今日は叱られなかった」という状況では、犬として「いつ怒られるかわからない」という不安を抱きながら過ごすことになるからです。

普段から常に不安がつきまとう状態では、犬にとって精神的に良くありません。気を張りすぎて短気になってしまう傾向にあるため、一度決めたルールは途中でころころ変更せず、貫き通すようにしてください。

4.犬に必要な運動をさせていない

犬に必要な量の運動をさせていない人も要注意です。散歩はもちろん、家の中でできるちょっとした運動などを取り入れることで、犬は運動不足解消、ストレス発散することができます。

必要な運動をさせていないと運動不足によってストレスが溜まり、ちょっとしたことで怒りやすくなってしまいます。また、怒らなくても吠えたり落ち着きのない行動を見せたりすることが増える原因にもなるので、愛犬にあった運動量を確保しましょう。

5.犬が怒って要求してきた時に呑んでしまう

吠える犬

愛犬が吠えたり唸ったりと怒ったような反抗的な態度で要求を通そうとしてきた時、一貫して「これはダメ」を貫き通す必要があります。犬が怒って要求を通そうとしてきた時に呑んでしまうと、こうすれば要求が通ると学習してしまうからです。

例えば、おやつが欲しいとアピールする犬に対して「今はダメ」と言うと、反抗的な態度で吠えたり唸ったりしたとしましょう。その時、吠えるのをやめさせるために、要求を呑んでしまう行為は絶対にNGです。

この行動は短気を助長するしつけ方法なので、エスカレートすると飼い主だけでなく他の犬や人に対しても同じような態度をとることに繋がります。こうした態度を取った時は、要求を絶対に聞かないようにしてください。

まとめ

犬を撫でる女性

いかがでしたか。犬が短気で困っているという方は、普段の接し方を見直してみてください。犬にとって不満が残る対応ばかりをしていると、犬は自分でどうにかしようと強気な態度をとるようになってしまいます。今回紹介したNG行為は改善し、愛犬にとってより良い環境を作りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。