アメリカのペットグッズの会社が従業員のためにコロナ探知犬を雇用!

アメリカのペットグッズの会社が従業員のためにコロナ探知犬を雇用!

パンデミック時の在宅勤務から通常勤務に戻す時、従業員の検査は企業にとって悩みの種です。アメリカのペットグッズの会社がその対策に犬を雇用したというニュースです。

お気に入り登録

オフィスで働く人のコロナ検査の新しい手法

cover-19の簡易テストキット

コロナ禍のせいで多くの企業がオフィスを閉鎖して在宅勤務を取り入れたのは記憶に新しいところです。世界各地でそろそろ元の勤務体系に戻そうという流れになりつつあります。

しかし、オフィス内でのクラスター発生を防止するため、従業員に対して何らかのチェックを行う必要があり、それが企業にとって悩みの種になっています。

そのような状況の中、アメリカのペットグッズの会社であるBARK社が精度が高くて手順が簡単な検査として、2匹のビーグルを「雇用」して話題になっています。

ビーグルが探知犬に選ばれた理由とは?

2匹のビーグルたち

BARK社に雇われたビーグルたちは、医療用の匂い探知犬を訓練する非営利団体バイオ・セントが、フロリダ国際大学の探知犬プログラムと協力しあって育成訓練されました。

完全に訓練を終えた犬は98%の精度で、コロナ陽性を嗅ぎ分けることができるそうで、これはほとんどのPCR検査よりも高い数字です。

さらに、探知犬たちは感染がPCRテストに現れる前とPCRテストに出なくなった後でさえ、探知することもできる頼もしさです。

嗅覚の優れた犬種と言えばブラッドハウンドやバセットハウンドがいますが、この2犬種は身体が大きく威圧感があります。

対してビーグルは優れた嗅覚に加えて小型で人々を怖がらせる可能性が低いという点で採用されました。

コロナ探知犬による検査の手順とは?

匂いを嗅ぎ回っているビーグル

ビーグルたちによる検査はとても簡単です。犬が検査対象の人に近づいて陽性だと判断すれば、その場で座り、陰性であればそのまま歩き去ります。鼻や喉を綿棒で拭うよりもずっと快適で簡単です。

ただし残念ながら、犬によるCOVID-19の検査は国家認定されていません。ですから正式な処置は犬が陽性と判断した人を他の人から迅速に引き離してPCR検査することで確認する必要があります。

フロリダ国際大学とバイオ・セントの研究チームは、COVID-19以外にも犬が様々な病気を検出する研究を実施しています。

中でもガンの研究には力を入れて取り組んでいますが、これは犬をガンの検出装置にするのではなく、犬がどのようなメカニズムで病気の匂いを把握しているのかを明らかにして、ガン早期発見のためのより良いテストを作成することが狙いなのだそうです。

まとめ

キリッとした表情のビーグル

アメリカのBARK社が従業員のコロナ検査のために、2匹のビーグルを探知犬として採用したという話題をご紹介しました。

犬を訓練した研究者は「会社に行くと犬が出迎えてくれて、陽性だった時にはその場ですぐに判明してしまうというのは、人の多いコンサートなどに行くのを控えたりする抑止力になる可能性がある」と述べています。

何はともあれ、毎日ビーグルが出迎えてくれるとなれば会社に行くモチベーションはグッと高くなりそうで、その点はうらやましい気がしますね。

《参考URL》
https://fortune.com/2021/10/16/covid-sniffing-dogs-canine-detection-barkbox-bioscent/
https://www.bioscentdetectiondogs.com
https://gfjc.fiu.edu/research/detector-dogs/index.html

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。