犬に絶対してはいけない『NGな対応』5選

犬に絶対してはいけない『NGな対応』5選

犬は飼い主の行動や態度、表情などに敏感です。ちょっとした変化もキャッチし、それに対して様々な思いを抱きます。今回は犬に絶対してはいけない飼い主のNGな対応について、理由と共に解説していきます。

お気に入り登録

犬に絶対してはいけない『NGな対応』5選

不安そうに上目遣いする子犬

犬は飼い主の行動を常によく観察し、その行動から飼い主の意図や思いを読み取るとしています。そのため、誤った対応を続けていると、愛犬のストレスになったり、最悪の場合、信頼関係が壊れてしまうことも…。

今回は犬に絶対してはいけないNGな対応を紹介するので、心当たりのある方は今日から改善していきましょう。

1.飼い主の気分で犬に八つ当たりする

不安そうな表情を見せる犬

人はその日、その時によって気分が変わります。嫌なことがあった日はイライラしていたり気分が滅入ったりしているでしょうし、良いことがあった時はなんでも許せてしまうほど上機嫌になる人も多いです。

しかし、こうした飼い主の気分は犬のしつけにおいて関係ありません。嫌なことがありイライラしているからといって、犬のちょっとした行動に「やめてよ!」などと声を荒げて八つ当たりする行為は絶対にしてはいけません。

犬は飼い主がどうして怒っているのか、その理由を言葉から理解することはできません。まして八つ当たりは理由が理解できないため、理不尽に感じて信頼関係を壊してしまう恐れもあります。

2.「かまって」アピールを過剰に無視する

犬の「かまって」「遊んで」アピールは、毎回必ず応じる必要はありません。応じすぎてしまうと「なんでも言うことを聞いてもらえる」と感覚的に学習してしまうからです。

しかし、愛犬からの「かまって」アピールを過度に無視することもやめましょう。何度も甘えたい欲求を飼い主に伝えているのに、ことごとく無視されてしまうと「嫌われているかも」「愛されていない」と感じてしまいます。

飼い主に大切にされていないと感じてしまうと、飼い主に対する愛情は薄れ、犬にとって信頼できる相手ではなくなってしまう恐れがあります。手が空いている時は、ぜひ愛犬とのスキンシップタイムを設けるようにしてください。

3.ルールがその日、その時によって変化する

指を指される犬

飼い主と犬との間にルールが設けられているご家庭は多いです。「無駄吠えはダメ」「おしっこはトイレで」「家具や服をかんではいけない」…こうした人と共存していく上でのルールは必ずあるでしょう。

しかし、こうしたルールが飼い主の気分次第で、その日その時によって変化することは避けてください。「昨日は良かったのに今日は怒られた」という状況が何度も続くと、犬は混乱してしまいます。

しつけの面でも悪影響を与えますし、何より飼い主がなぜその時によって態度が変わるのか困惑し、飼い主に対する信頼感が損なわれてしまうからです。

4.吠えたり悪いことをした時にかまう

愛犬が吠えた時、あるいは他にも問題行動を起こした時、「どうしたの?」「大丈夫?」などとかまうように駆け寄っていませんか。実はこの行動もNGです。

単純に心配したり「ダメだよ」という意味で近寄ったりしていても、犬は飼い主の言葉を理解することができないため、「吠えたら飼い主がかまってくれた」と勘違いさせてしまう恐れがあります。

すると、次回から飼い主を引き寄せるために吠えたりかんだり、あるいはいたずらをしたりといった問題行動を繰り返す原因となります。

また、「ダメでしょう!」と叱るために駆け寄る行為も同様です。犬によっては飼い主の怒りの対応も「かまってもらえた」と感じる犬がいるため、こうした時はあえてかまわず無視をするのが適切です。

5.叱るタイミングや褒めるタイミングを誤る

怯えたように上を向く子犬

犬は言葉を理解できないため、叱ったり褒めたりするのはその瞬間に行う必要があります。あとで「あの時は…」と振り返るように叱ったり褒めたりしても、犬には正しく伝わらないからです。

誤ったタイミングで叱ったり褒めたりすると、その時愛犬がしていたことや考えていたことに対して対応されたと勘違いし、良いことをしていたのに「これをしたらダメなんだ」と学習してしまったり、悪いことをしていたのに「褒められた?良いことだったのか!」と勘違いしてしまったりします。

叱ったり褒めたりするタイミングは、悪いことをしたその時に叱る、良いことをしたその瞬間に褒めるを徹底するようにしましょう。

まとめ

散歩中に褒められる犬

いかがでしたでしょうか。犬は言葉がわからない分、飼い主が態度で示す必要があります。しつけに関しても言葉ではなく、基本的には行動や態度で「これはダメ」「すごいね!」と犬自身が感じ取れるように意識しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。