犬の『鼻が乾燥している』時の6つの理由!病気の可能性も?

犬の『鼻が乾燥している』時の6つの理由!病気の可能性も?

『犬の鼻が乾燥している時の理由』についてまとめました。病気の可能性と犬の鼻が乾燥していたら病院に行くべきか?を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の鼻が乾燥している時の理由

乾燥した犬の鼻のアップ

犬の鼻が濡れているのは、鼻の奥にある外側鼻腺からの分泌物があるためです。分泌物が少なくなると犬が鼻を舐めて湿らせようとすることがあります。鼻が濡れていることでニオイを感知しやすくなると言われています。

また、鼻の分泌物を気化させることで熱を奪い、体温調整の助けになることがあるとも言われています。人間のように汗をかくことで体温を調節することができない犬ならではの体の機能です。

1.寝起きだから

眠っている間は鼻の分泌物が減ります。犬が鼻を舐めることもありません。そのため、寝起きの犬の鼻は乾燥していることがあります。眠る前は濡れていた、起きてからしばらくしていつもと同じように濡れている、ということであればとくに気にする必要はありません。

2.老化現象

高齢になると鼻の分泌物が減ります。はっきりと「何歳から」とは言えませんが、シニアと呼ばれるようになる7歳を過ぎた頃に鼻の乾燥を感じることがあります。15歳くらいになってやっと鼻の乾燥が感じられるようになる犬もいます。

老化よって体の機能が低下することには個体差があります。持病の有無や投薬の有無、これまで予防医療をしっかり受けていたかなど、その犬の健康状態が関係するためです。

3.空気が乾燥している

ブランケットから鼻先だけ出している

空気が乾燥すると犬の鼻も乾燥しやすくなります。とくに空気が乾燥する冬場はひび割れたように見えることもあります。あまりにも乾燥しすぎると本当にひび割れて出血を伴うことがあるため注意して見てあげてください。

空気に乾燥によって犬の鼻が乾燥するということは、加湿が必要な状態であると言えます。鼻だけではなく、皮膚や呼吸器にも影響を及ぼす可能性が高いためです。犬が快適に過ごせる室内の温度は50%~60%とされています。

4.脱水症状を起こしている

犬が脱水症状を起こすと鼻が乾燥することがあります。常に鼻が乾燥している状態なのであれば可能性が高いでしょう。

  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 嘔吐する
  • 下痢をする
  • 呼吸が荒い
  • 皮膚に弾力(ハリ)がない
  • おしっこが少ない

このような症状が見られる時は脱水を疑ってもよいと思います。

5.アレルギー症状を起こしている

ハウスダストや花粉によるアレルギー症状を起こすと鼻が乾燥することがあります。アレルギーを持つ犬はアレルゲン物質に触れさせてはなりません。常に空気清浄機を稼働させるなど対応してあげるとよいです。

6.皮膚病

鼻に皮膚の疾患があると乾燥することがあります。鼻も皮膚の一部ですから何等かの皮膚病を発症します。鼻の周辺に起こりやすい皮膚炎は皮膚糸状菌症です。まれにですが免疫異常が原因になる天疱瘡や皮膚の癌も可能性として知っておく必要があるでしょう。また、皮膚病ではなく感染症ですがジステンパーも鼻が非常に乾きひび割れが入ってしまう疾患です。どれも要注意の病気ですのでしっかり確認しましょう。

犬の鼻が乾燥していたら病院に行くべきか

横たわる犬の乾燥した鼻

  • ごはんを食べない
  • お水を飲まない
  • 嘔吐する
  • 下痢をする
  • ぐったりしたまま起き上がれない

軽度でも重度でも鼻が乾燥すること以外に症状がある時は病院へ行った方がよいです。鼻が乾燥しているけれど食欲も元気もあっていつも通り過ごしている時は、しばらく様子を見てもよいです。

鼻が乾燥していることが気になってしまうのは、いつもと違う愛犬の様子に不安を感じているということです。なるべく早く病院で診察を受ければ、病気であっても早期発見と早期治療に繋げることができます。

小さくても気になることは飼い主や家族だけで解決しようとせず、どうしても理由や原因がわからない時はかかりつけの獣医師に相談しましょう。

まとめ

ホワイトシェパードの乾燥した鼻のアップ

犬の鼻が乾燥している時の理由を6つ解説しました。

  • 寝起きだから
  • 老化現象
  • 空気が乾燥している
  • 脱水症状を起こしている
  • アレルギー症状を起こしている
  • 皮膚病

分泌物の低下によって鼻が乾燥してしまう時は、犬の鼻用の保湿剤を使用するとよいです。愛犬(老犬)の鼻が乾燥でひび割れてしまった時に獣医さんが処方してくださったことがあります。

鼻は舐めてしまいますし、市販の物では心配されるかと思います。必ず獣医師に相談してからお使いください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。