犬が飼い主を『待ち伏せ』する時の4つの心理

犬が飼い主を『待ち伏せ』する時の4つの心理

『犬が飼い主を待ち伏せする時の心理』についてまとめました。待ち伏せをするのは、飼い主の帰宅を待ちわびている気持ちだけではないようです。

お気に入り登録

犬が飼い主を待ち伏せする時の心理

ドアの前に座って待つ黒い犬

一般的に「待ち伏せ」という言葉は、相手に気づかれないように隠れて待つことを意味します。

犬が飼い主を待ち伏せするということは、飼い主に自分の姿を見られないようにしつつ、何かを企んでいるのではないでしょうか。

1.飼い主の行動を観察したい

犬が飼い主を待ち伏せするのは、飼い主の行動を観察したいからです。

トイレにもお風呂にも後をついて来て、ドアの前で待ち伏せしていることがありますよね。

例えば、お風呂場は犬にとって良い場所ではないかもしれません。お散歩の後に手足を洗われたり、全身のシャンプーをされたりなど、嫌なことをされる場所だからです。

(飼い主の身に危険が及びそうな時は助けに行こう!)(自分に内緒で何か楽しいことをしているのかもしれない…)(またどこかに出かけようとしているのではないか?)

そんな心理状況から飼い主の行動を観察していたくて待ち伏せをするのではないでしょうか。

2.飼い主に喜んでもらいたい

犬が飼い主を待ち伏せするのは、飼い主に喜んでもらいたいからです。

全く予想していない場所で愛犬が待ち伏せをしていたら驚きながらも嬉しい気持ちになりますよね。オーバーリアクションで楽しむ飼い主もいると思います。

楽観的で活発な性格の犬はそんな飼い主の姿を見るのが大好きです。常に飼い主を喜ばせたい、楽しませたいと考えています。

以前、何となくその場所でくつろいでいたら帰宅した飼い主が驚きながらも喜んでくれたことを覚えています。

そうすると、また驚かせたい!また喜ばせたい!と考えるのです。飼い主が帰宅するということは退屈なお留守番から解放されるということです。

犬自身も楽しんでいるはずですので、疲れて帰宅した日も喜んで一緒に楽しんであげてほしいです。

3.待ち伏せ型の狩猟本能

草むらに伏せて見つめるビーグル

犬が飼い主を待ち伏せするのは、狩猟本能です。飼い主を獲物に見立てて待ち伏せをし、物陰から急に飛びかかるなどして遊んでいるのです。

犬の原種とされているオオカミは追跡型の狩りをします。どこまでも獲物を追いかけ、獲物が疲れて動けなくなったところを仲間で捕らえるという方法です。

もうひとつ、猫が行う待ち伏せ型と呼ばれる狩りの方法があります。物陰に隠れて獲物を観察し、飛びかかることで一瞬で捕らえる方法です。

何千万年も昔、オオカミや犬の原種である動物は追跡型の狩りも待ち伏せ型の狩りも行っていたそうです。

野生で暮らしたことのない人間と暮らす現代の犬にも狩猟本能が完全に失われたということはありません。

犬種や性格によっては追跡型の狩りも待ち伏せ型の狩りも遊びの一環として自然に行ってしまうことがあるのではないでしょうか。

4.「わあッ!」という遊びをしたい

犬が飼い主を待ち伏せするのは、「わあッ!」という遊びをしたいからです。

廊下に出ていた愛犬がリビングに戻って来ようとしている時、「わあッ!」と驚かせたことはありませんか?

犬によっては驚きながらも嬉しそうに走り出して楽しんでくれることがありますよね。

飼い主との遊びのひとつだと思っているのかもしれません。自分も同じように飼い主を待ち伏せし、驚かせて楽しみたいのです。

まとめ

扉の前で待つ二頭の犬

犬が飼い主を待ち伏せする時の心理を4つ解説しました。

  • 飼い主の行動を観察したい
  • 飼い主に喜んでもらいたい
  • 待ち伏せ型の狩猟本能
  • 「わあッ!」という遊びをしたい

番外編ですが、飼い主ではなく見知らぬ人や犬を待ち伏せすることがありますよね。お散歩中、向こうからやって来る人や犬を見つけると地面に座ったり伏せたりしてジッと待ちます。「仲良くなりたい」「遊んでほしい」「こっちに来てほしい」と考えています。

社交的でフレンドリーな性格の犬がよくします。自分から向かって行ってしまうと逃げられてしまうかもしれないため、相手を怖がらせたり警戒されてしまってはいけないと思い待ち伏せをするのです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。