狩猟犬は遭遇した動物によって吠え方が違うことについての調査結果

狩猟犬は遭遇した動物によって吠え方が違うことについての調査結果

狩猟犬が森の中で動物に遭遇した時、動物の種類によって吠える声が違っているそうです。その理由や目的について調査した結果をご紹介します。

お気に入り登録

狩猟犬が吠えることの意味

吠えるジャックラッセルテリア

犬にとって「吠える」という行動は、コミュニケーション手段の1つでもあります。以前の研究でも犬が吠えることで、人間に情報を提供できることが示されています。

犬は家畜化によって何万年にも渡って人間に協力してきたのはご存知の通りですが、人間と犬との共同作業の中でも最も歴史の古いものは狩猟です。しかし、狩猟活動中の犬の吠え行動についての研究はほとんどないそうです。

経験を積んだハンターは、犬の吠え方で見つかった動物の種類がわかると言われているそうです。この度チェコのチェコ生命科学大学の野生生物学の研究者が、狩猟犬が異なる動物種に遭遇した時の吠え声を分析比較した結果を発表しました。

2つの犬種が4つの動物種を見た時の吠える声を録音

岩の上に立つダックスフンド

実験に参加したのは19匹の犬で、ダックスフンド9匹、フォックステリア8匹、ウェルシュテリア1匹、ジャーマンテリア1匹でした。

ダックスフンドとテリアに限定したのは、彼らはポインティングやレトリーブと言った特定の行動に特化した猟犬ではなく、動物を探し足跡をたどり追いかけて吠えるという総合的な役割を持つ猟犬だからです。犬の飼い主は研究者とその同僚達です。

犬たちが対面する動物は、イノシシ、アカギツネ、ウサギ、ニワトリの4種で、全て人間に飼育されている個体です。対面は全ての動物の安全を確保するために、屋外のフェンス越しに実行されました。動物同士の接触は全くありません。

フェンス越しにそれぞれの動物と対面した時の犬の吠え声が録音されました。19匹の犬は4種の動物のどれかにランダムに割り当てられ、対面は1匹ずつ行われ、各セッションは5〜15分でした。

4種の動物は犬にとっての危険レベルがそれぞれ異なっているのですが、それぞれに犬の吠え方に違いがあるのか、あるとすればどのような違いで、その理由は何なのかが分析検討されました。

どうして遭遇した動物によって吠える声が違うのか?

原っぱに立つイノシシ

録音された犬の吠え声を比較分析すると、他と大きく違って特徴的だったのはイノシシと対面した時でした。イノシシはこの4種の中で犬にとって最も危険な動物です。

犬にとって2番目に危険なアカギツネと対面した時の吠え声は、意外なことにウサギや鶏と対面した時とほとんど変わりませんでした。犬の吠え声がイノシシと他の3種という分類で違うということから、相対する動物の体のサイズが重要な要素である可能性を示しています。

イノシシと対面中の犬の吠え声は、他の3つに比べて著しく低い周波数を示していました。また、犬が吠えている時間もイノシシとの対面中が最も長くなっていました。これらは犬が危険を感じたことから覚醒度が高くなったことを示しています。

研究者は犬の吠える声が遭遇した動物によってその特徴が変わるのは、飼い主に何かを伝えるというような機能的な情報ではなく、犬の内部の状態を表した結果であるように思うと述べています。

この危険な動物種に遭遇した時に発する特有の吠え声は、狩猟の成果を高めると考えられた結果、テリアやダックスフンドのような犬種はその声によって選択されて来たとも考えられます。

まとめ

穴から出てきたジャックラッセルテリア

ダックスフンドとテリアを対象にして、イノシシ、アカギツネ、ウサギ、ニワトリと対峙した時の犬の吠え声を比較分析したところ、危険度の高いイノシシの時に周波数の低い特徴的な声で長い時間吠えたという結果をご紹介しました。

この調査の結果は一般的な飼い主にはあまり馴染みのないものかもしれません。しかし、ダックスフンドとテリアと言えば日本でも家庭犬として人気の犬種です。狩猟犬として選択されて来た犬種の歴史を考えると、元々はよく吠えることが望ましいとして育種された犬であることがよく分かります。

家族として迎える前に犬種としての特徴をよく知るということの意味を知らされる調査結果とも言えるかもしれません。

《参考URL》
https://www.nature.com/articles/s41598-021-97002-2

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。