『嫉妬深い犬』がやりがちな仕草5選

『嫉妬深い犬』がやりがちな仕草5選

犬にもそれぞれ性格があります。中には飼い主と他の犬や人が仲良くしているところを見て嫉妬してしまう嫉妬深い犬も…。今回は嫉妬深い犬がやりがちな仕草を紹介するので、愛犬に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

お気に入り登録

『嫉妬深い犬』がやりがちな仕草5選

拗ねたように伏せる犬

犬は1匹ごとに性格が全く異なります。犬種によって性格的傾向はあるものの、同じ犬種でも性格が大きく異なることは珍しくありません。今回は、犬によく見られる性格の中から『嫉妬深い犬』が見せる仕草を紹介します。

1.飼い主と対象との間に割って入る

スマホを見る女性と間に入るチワワ

嫉妬深い犬は飼い主の視線が自分ではなく、他の対象に向けられている状態に嫉妬することがあります。人や他の犬はもちろん、その嫉妬深さは物にまで当てはまることがあります。

犬は嫉妬した場合、飼い主と嫉妬の対象となる『もの』の間に割って入ることがあります。強引に身をねじ込ませるようにして割って入ることもあれば、ちょこんと存在をアピールするかのように顔をのぞかせることもあります。

例えば、スマホばかりいじっている飼い主の腕の中に強引に顔を突っ込んでくるという仕草も「スマホばかり見てないで!」というアピールの1つです。

2.トイレを失敗してみせる

あまりにも飼い主が自分ではなく他の存在ばかりをかまっている場合、「飼い主の気を引かなくては」という気持ちが強くなり、トイレを失敗してしまうことが増えます。

これは2パターンあります。1つは、わざとトイレを失敗することで「トイレ失敗しちゃったよ!早くこっちきて」と飼い主の気を引こうとするケースです。この場合は、目で自らアピールしてきたり目を輝かせていたりするため、かまわず黙々と片付けるようにしてください。

もう1つは、寂しさのあまりストレスが溜まりすぎてしまい、普段できていることができなくなるほどストレスが溜まっているケースです。他にも常同行動などの症状が現れていないか確認してみましょう。

3.拗ねたようにふて寝する

床に伏せるトイプードル

まるで「こんなにもかまってくれないのなら、もういいよ」と言うように、ふて寝している様子を見せることはありませんか。

時々ちらっとこちらに視線を向けるようにして床に突っ伏したり、床に伏せて休んでいる愛犬に声をかけても無視をされたりといった行動は、飼い主がかまってくれないことに対する抵抗とも言えます。

その日、あまりにも愛犬以外のものばかりに目を向けていた場合は、かまってくれない飼い主に対して拗ねているのかもしれません。

4.物を壊したり吠えたりして気を引く

先ほどトイレをわざと失敗して飼い主の気を引こうとするという行動を取り上げましたが、他にも物を破壊したり無駄吠えを連発して気を引く犬もいます。

よくあるケースとして、「以前は大人しかった愛犬が、飼い主に赤ちゃんが生まれてから問題行動を頻繁に起こすようになった」という話があります。

これは赤ちゃんがやってきたことによって、愛犬との時間をなかなか取ることができず、家族が皆、赤ちゃんばかりに視線がいっているため、問題行動を起こすことで注目を集めようとしているのでしょう。

このような問題行動には、基本的に無視や無反応で片付けるようにしてください。かまってしまうと行為がエスカレートするからです。そして、別のタイミングでしっかり愛犬と向き合う時間を設けるようにしましょう。

5.自分の体を舐めたり噛んだりする

前足を舐める犬

飼い主が他の物や人、犬に夢中になっている時、自分の体の一部を舐めたり噛んだりする仕草は見られませんか。この行動は犬のストレスサインの1つです。

なかなかかまってくれず、他の対象にばかり視線を向けている飼い主に対して、寂しさから強いストレスを感じています。何度も同じ行動を噛んだり舐めたりする行動は、常同行動の一種で、気持ちを落ち着かせようと実行している可能性が高いです。

皮膚にもダメージがかかりますし、何より自称行為をするほどストレスが溜まっているため、早めに改善するようにしてください。

まとめ

ベッドの上でじゃれ合う女性と犬

いかがでしたでしょうか。嫉妬深い犬は、人や犬だけでなく、スマホやテレビなどの物にも嫉妬することがあります。今回紹介したような仕草が多く見られる場合は、日頃から適度な距離感と良質なコミュニケーションを心掛けるようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。