コロナ禍の後、外出自粛や在宅勤務が無くなる時の愛犬への対応方法

コロナ禍の後、外出自粛や在宅勤務が無くなる時の愛犬への対応方法

コロナ禍で飼い主が家にいる時間が増えたものの、また以前の生活に戻る時犬たちにも影響があることは必至です。犬を不安にさせないためにどのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

お気に入り登録

コロナ禍で飼い主が家にいることに慣れた犬たち

窓の外を見つめる犬

コロナ禍によって以前よりもグンと外出する機会が減ったり、在宅勤務が導入されたりして、家庭犬たちが飼い主と過ごす時間はパンデミック以前に比べて大幅に増えました。これは世界中で起きている現象です。

また家にいる時間が増えたからという理由で、新しく犬を迎えた人も急増し世界中でペットブームが起こりました。これらの犬たちはお留守番の経験がありません。

しかしワクチン接種も広まり、飼い主たちは会社に通い、外出することも増えてきました。犬たちにとって、それは孤独な留守番の日々が戻ってくることを意味します。

犬たちを不安にさせたり問題行動が起きたりしないよう、飼い主はどんなことに気をつければ良いのでしょうか。アメリカ獣医動物行動学委員会の研究者が飼い主へのアドバイスを報告しています。

いきなりの長時間留守番がもたらす影響の可能性

破壊された椅子とコリー

飼い主が長い時間家にいることは多くの犬にとって嬉しいことです。朝の散歩が以前よりも長くなったり、日中にも家の中で遊んだりすることができます。飼い主と触れ合う時間はグンと長くなっていました。

それがいきなり無くなってしまったら?パンデミックで外出を控えるようになってから1年半くらいと言っても、犬にとっての1年半は人間よりもずっと長い時間です。

考えられる可能性の高い行動は、欲求不満や分離不安から来る吠え行動や破壊行動です。コロナ禍が始まった後で迎えられた犬の場合、留守番をしたことがないため分離不安から来る行動の可能性はさらに高くなります。

飼い主との分離にトラウマを持っている保護犬も分離不安の高リスクグループです。飼い主が以前の生活に戻ることは絶対に必要で避けられませんが、犬への対応は慎重に行わなくてはなりません。

少しずつ変化に慣らしていく

ドッグベッドの中のトイプードル

飼い主が再び家を離れるためのリハビリは段階を追って少しずつ行います。

1. 犬にNOという機会を増やしていく

「おやつ!」「遊んで!」と犬が主張して来た時に、3回に1回、2回に1回と少しずつ「今はダメ」という機会を増やして行きます。こうして全ての要求が通るわけではないという状況に犬が慣れるようにします。もちろんYESの時には思い切り要求に応じてあげてください。

2. 家の中にいても離れる時間を作る

お留守番の時に犬が特定の場所にいることがわかっている場合、飼い主が家にいる時にもそこでリラックスさせるようにして、飼い主は別の部屋に行きます。犬が飼い主に四六時中くっついていなくても大丈夫だということに慣れていきます。

3. 犬と離れる時間を少しずつ増やし続ける

最初は家の環境はそのままにしておきます。テレビやラジオをつけたまま、電気もつけたままで飼い主が家を離れます。最初は5分くらいから、15分、30分と少しずつ時間を長くしていきます。家を出る時間はランダムに変化をつけ、決まったパターンを作らないようにします。

このように少しずつ準備をした上で、流しておくと犬が落ち着く音楽、飲み込む危険のないコングなどのトリーツを詰めたおもちゃなども用意しておきます。場合によってはコミュニケーション型のペット用カメラの導入なども良いかもしれません。

色々手を尽くしても、どうしても分離不安が解決できない場合には、動物行動治療の専門家に相談することも視野に入れておきましょう。

まとめ

撫でられて笑顔の犬

コロナ禍が一段落して飼い主が家を離れる時間が長くなった時、愛犬への対応の準備についてご紹介しました。

外出もままならず、友人ともなかなか会えなかった時期に、多くの人にとって愛犬は心のサポートになってくれたことと思います。今度は私たち飼い主が、愛犬にとっての新しい日常へのスムーズな変化をサポートする番だと言えますね。

《参考URL》
https://www.scientificamerican.com/article/how-to-help-your-dog-adapt-to-a-postpandemic-world/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。