犬が『信頼していない人』にだけ見せる態度や仕草4選

犬が『信頼していない人』にだけ見せる態度や仕草4選

わんこは人間に忠実な動物。そのイメージはまちがいではありませんが、だからといって誰でも簡単に信頼関係を築けるわけではありません。こんな態度をとられていたら、あなたはわんこに信頼されていないのかもしれませんよ。

お気に入り登録

体を触らせない

女性に触られている犬

頭や体を撫でようとすると逃げたり威嚇したりして拒むのは、わんこがその人を信頼していない証拠です。「嫌なところを触るかもしれない」「撫でるふりをして危害を加えてくるかもしれない」と警戒しているのです。

人間だってよく知らない信用できない相手には触れられたくないですし、パーソナルスペースにも入ってきてほしくないですよね。わんこもそれは同じです。

お尻や背中を見せない

犬の後ろ姿

野生で生きる動物にとって、相手にお尻や背中を見せることは隙を見せることであり、自らの命を危険にさらす行為にもつながります。そのためわんこは信頼していない相手あるいは敵と認識している相手には、絶対に自分の背後をとらせるようなことはしません。

人間にとってはお尻を見せることは相手に失礼な行為になるため、愛犬がお尻を向けていたりお尻をくっつけてきたりすると「失礼なやつだな」「下に見られているのかな」と思ってしまうかもしれません。

ですが、お尻を向けられたということは信頼されているということですから、実際には喜ぶべきことなんです。

目線を逸らさない

犬の目

わんこにジーッと目で追われているなと感じることはありませんか?もちろん「飼い主さんのことが好きすぎて常に動向を把握していたい!」という場合もあります。ですがすぐに起き上がれる体勢をとっていたり、緊張したようすでジーッと見つめている場合は逆です。

「あいつは何をするかわからないから見張っておかなければ」と警戒されていると捉えるべきでしょう。特に注意したいのは、野生動物の間では視線を合わせるという行為は戦闘モードに入った合図になるという点です。

わんこがジーッと見つめてきたときに同じようにジーッと見つめ返してしまうと、戦う意思があると誤解されてしまう可能性があるのです。思わぬ事故に発展してしまうのを防ぐためにも、信頼されているかどうかを見極める必要があります。

離れられない

隙間から見送る犬

あなたが家から出かけようとするとき、わんこはどんな反応をしますか?鳴いて追いすがってきますか?それとも素知らぬようすをしているでしょうか?後者の反応をされると「わたしがいなくても平気ってことなのかな」と寂しくなってしまうかもしれませんが、実はこれは喜ぶべき反応です。

わんこは飼い主さんを信頼しているほど、「出かけても飼い主さんは必ず帰ってくる」「置いていかれるはずがないから慌てる必要はない」と考えて淡白な反応をするのです。

逆に大騒ぎをして止めに来る場合は、あなたのことを信頼できず「置いていかれるかも!」と焦っているのです。もちろん単に極度の寂しがり屋さんである場合や分離不安症を発症している可能性も考えられますが、信頼度合によるケースもあるということを覚えておきましょう。

まとめ

つないでいる犬と人間の手

いかがでしたでしょうか?もし心当たりがあり、愛犬と信頼関係が築けていないと感じるのであれば、愛犬との関わり方をもう一度見直してみましょう。スキンシップをとること、おやつをあげること、一緒にお散歩に行くこと、そんなことの積み重ねで愛犬との信頼関係はできていきます。そしてわんこは一度信頼した相手のことを決して裏切ったりはしないのです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。