愛犬が寄りかかってくる時の4つの心理

愛犬が寄りかかってくる時の4つの心理

ソファに座ってくつろいでいるときや、ベッドで寝転がっているとき、はたまた何気なく立っているとき、愛犬がぴたっと寄り添って体を預けてきたことありませんか?わんこが飼い主さんに寄りかかる行動には、どんな心理が働いているのでしょうか。

お気に入り登録

不安があって助けてほしい

潜り込んでいる犬

寄りかかってきたわんこの体がブルブルと震えていたり、そわそわと落ち着かないようすで辺りを見回していたりしたら、何か怖いことや不安なことがあるのかもしれません。

心許ない気持ちになったとき、誰かの存在が恋しくなるのは人間もわんこも一緒です。不安な気持ちを和らげるためにわんこが寄りかかってくることは多々あります。

こんなときは飼い主さんはなるべく落ち着いたいつも通りの態度で、でーんと構えているようにしましょう。「大丈夫?大丈夫?」と過剰に心配して飼い主さんまで落ち着きを失ってしまうと、わんこは余計に不安になってしまいます。また落ち着かせようとして強くハグすると、わんこはかえってびっくりしてしまう場合もあります。

寒いから暖を取りたい

ストーブの前の犬

寒い季節には人肌が恋しくなりますよね。毛布を被ったり暖房に当たるのも良いですが、生きものの優しいぬくもりは体だけでなく心も暖かくしてくれるものです。寒い日にわんこがぴったり寄りかかってきたら、飼い主さんのぬくもりに触れて暖を取りたいと思っているのかもしれません。

「何だ、暖房代わりにされているのか…」とガッカリしないでください。わんこだって寄りかかる相手が誰でもいいわけではないのです。信頼している相手でなければ寄りかかっていったりはしませんよ。

かまってほしい

ボールを持ってきた犬

わんこはとにかく飼い主さんに撫でてもらったり、遊んでもらったりするのが大好きで「かまってちゃん」が多い傾向にあります。すなわちわんこが飼い主さんに体をくっつけるのは、かまってほしいアピールである場合もあります。

自分の存在がそこにあることを飼い主さんにアピールして、「僕はここにいるから、撫でてほしいな」「わたしと遊んでほしいな」と訴えているのです。立て込んでいるのでなければ、ぜひ体を撫でてスキンシップをとってあげましょう。スキンシップはわんこと飼い主さんの絆をより一層深いものにしてくれます。

とにかく飼い主さんが大好き

女性にキスされている犬

飼い主さんに寄りかかるという行為は、言ってみれば自らの体を飼い主さんに預ける行為です。あなたはよく知らない相手や信頼していない相手に身を預けることができますか?わんこも同じです。

わんこが寄りかかってくるということは、それだけわんこが信頼を寄せている証であり、飼い主さんを大好きであるという印です。

不安があるわけでも寒いわけでもかまってほしいわけでもなく、ただ飼い主さんが大好きだから寄りかかることだってあります。「大好きだからくっついていたい!」「片時も離れたくない!」という健気な甘えの気持ちの表れです。

まとめ

犬を抱きしめる男性

いかがでしたでしょうか?わんこに寄りかかられると、改めてわんこの体温の高さを感じて「暖かいなぁ」と感じますよね。触れ合っている場所から体温だけでなく心も伝わってくる、そんな関係がわんこと飼い主さんの理想の関係なのかもしれません。

愛犬が寄りかかってきたら、ぜひ体温だけでなく愛犬の心も一緒に感じる努力をしてみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。