犬が『飼い主を守っている』時に見せる行動4選

犬が『飼い主を守っている』時に見せる行動4選

火災から赤ちゃんを守ったり恋人に殴られている女性を守るなど、犬が飼い主を守るエピソードを聞いたことがある方も多いでしょう。ニュースになるような出来事ではなくとも、普段から犬は飼い主を守る行動を見せています。本記事では、犬が飼い主を守っている時に見せる行動と飼い主を守ろうとする理由についてお伝えしていきます。

お気に入り登録

犬が飼い主を守っている時に見せる行動4選

飼い主の足の間で周りを見渡す犬

1.吠える

犬が吠えるのは飼い主を守っている時の行動です。

来客や宅配、散歩中にすれ違う知らない人に対して愛犬が「ワンワン!」と大きな声で吠え続けることはありませんか?

見知らぬ相手が近づいてくると、飼い主に危害を加えるのではないかと感じ吠えて追い払おうとしているのです。

2.噛みつく

噛みつくのも飼い主を守るための行動です。上記の吠える行為は、見知らぬ相手を飼い主に近づけさせないための、いわば警告のような行動といえます。

しかし、それ以上に危険が飼い主に迫っていると感じると相手に噛みつくといった攻撃に出るのです。

本当に危機的な状況の時には心強いですが、普段から知らない相手に噛みつこうとするとケガをさせてしまう可能性があるので危険です。

周りに危害を加えないように普段からしつけをしておきましょう。

3.間に入ってくる

飼い主に知らない人や犬が近づいた時や、家族同士が喧嘩をしている時。犬が間に入ってくることがあります。これも飼い主を守るための行動です。

知らない相手や怒っている家族同士をこれ以上近づかせないために、間に入ってくれるんですね。

4.常にそばにいる

犬が常に飼い主のそばにいるのも守っている時の行動です。常に横を歩いていたりそばに座っているのは、飼い主に危険が迫った時にすぐに対応できるようにするためだと考えられます。

愛犬がいつもそばにいるという飼い主も多いでしょう。危ないと感じた時だけではなく、普段から常に飼い主を守ろうとしてくれているんですね。

犬が飼い主を守ろうとする理由

女性と肩を寄せ合う犬

犬が飼い主を守ろうとするのは、飼い主を主人だと認識しているからです。仲間意識が強い犬は、主人である飼い主やその家族を大切な存在だと認識しています。

そのため、自分の仲間が危険に陥りそうになると守るために吠えたり噛みつくといった行動を見せるのです。

また、アメリカにあるデューク大学のブライアン・ヘア博士によると、犬は人間と暮らしていくうちに絆を築くことを学び、共感能力が発達した、とのこと。犬が飼い主と絆を築く方法は人間の親子が絆を築く方法と同じだそうです。

人間の赤ちゃんが親の目をみると両者ともに幸せな気持ちになる「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが分泌されるといいます。

犬と飼い主が目を合わせるときにも、この「オキシトシン」が分泌され、その影響で守りたいという気持ちが生まれていると考えられています。

飼い主を守ろうとする行動が過剰な時はしつけも必要

飼い主の手に頭を乗せる黒い犬

飼い主を守ろうとする行動をしてくれるのは嬉しいことですが、過剰になると他人に危害を加えてしまう可能性もあります。

たとえば、飼い主に近づくものが全て敵だと思っていると、飼い主の友人がきた時にも大きな声で吠え続けたり噛みついてしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも、普段から「待て」のトレーニングをしておきましょう。

敵だと思った相手がきた時に「待て」と言われれば、守らなくても大丈夫なんだとわかってくれるようになるでしょう。

まとめ

男性を見つめるラブラドール

犬が飼い主を守っている時に見せる行動と守ろうとする理由をお伝えしました。

普段からよく見る愛犬の行動が、飼い主を守るための行動だとわかると愛おしさが増しますよね。

いきすぎた行動はしつける必要がありますが、守ってくれていると感じた時はしっかり感謝と愛情を伝えてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。