犬が見せる『食べすぎサイン』5選!ご飯を与えすぎると起こる悪影響

犬が見せる『食べすぎサイン』5選!ご飯を与えすぎると起こる悪影響

犬の健康管理の1つに食事管理が挙げられます。皆さんは毎日愛犬に適した量のご飯を与えていますか。ご飯は少なすぎても与えすぎてもいけません。今回は犬が見せる『食べすぎサイン』とご飯を与えすぎることで起こる悪影響についてお話します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

与えすぎてない?犬が見せる『食べすぎサイン』5選

ドッグフード

皆さんは毎日犬に与える食事量を計算していますか。犬は本能的に出されたご飯を全て食べようとする習性があるため、犬が食べられるだけ与えてしまうと、実は食べすぎている可能性が高いです。ここでは犬が見せる食べすぎサインをご紹介します。

1.下痢や嘔吐を頻繁に起こす

犬の体格や運動量に見合っていない過剰な量のご飯を与えていると、消化器に負担がかかり、下痢や嘔吐などの消化器症状を引き起こすようになります。

「なんだか最近、愛犬のお腹の調子が良くないみたい」といった消化器系の症状に気になる点がある場合、一度ドッグフードのパッケージ裏に記載されている食事量と普段の食事量を比べてみましょう。

2.舌なめずりをする

ごはんを前に舌なめずりする犬

犬が「もうお腹いっぱいだよ」と感じている時、ぺろっと口周りを舐めるような仕草を見せることがあります。特に、ゆっくりと口の周りをペロペロと舐めている時は「もういらないな」と感じています。

しかし、元々野生動物として暮らしていた犬たちは、本能的に「今目の前にある食料を摂取する」という習性を持っています。そのため、満腹であっても出されたご飯を食べようとする犬は多いです。

3.散歩中に草を食べようとする

散歩中になぜか草を食べようとすることはありませんか。犬や猫が草を食べようとする場合、消化器の違和感や胸焼けといった不快感を解消しようとしている可能性が高いと考えられています。

つまり、病気でなければ食べすぎていることが主な原因として考えられるため、草を食べて胃の中の消化物を吐き出そうとする場合は、ご飯の量を見直すべきでしょう。

4.水を勢いよく大量に飲む

水を飲む犬

ドライフードを犬に与えている場合、ドライフードを必要以上に食べてしまうと喉が乾きます。そのため、いつもより多めに水を欲しがるようになる例もよく見られる『食べすぎサイン』の1つです。

また、下痢や嘔吐といった症状が同時に見られている場合は、食べすぎにより消化器に不調が生じ、さらに下痢や嘔吐などの症状によって体内の水分が排出されている状態です。脱水症状を引き起こす恐れもあるので気をつけましょう。

5.いつもよりお腹が膨れている

ご飯を食べた直後、お腹を確認するとふっくらといつもより膨れている様子が確認できませんか。明らかにいつもよりお腹が膨れていると感じる場合は、食べすぎている可能性があります。

また、お腹が膨れている時に激しい運動などを行ってしまうと、胃捻転や胃拡張といった非常に危険な症状を引き起こす恐れがあります。最悪の場合、数十分で死に至る危険性もあるので、まずはゆっくりと休ませることを優先させてください。

犬のご飯を与えすぎると悪影響が起こる可能性も

病院で診察を受ける犬

上記で紹介したようなサインが見られる場合、犬がご飯を規定量以上食べている可能性があります。今一度、ドッグフードのパッケージなどに記載されている目安量を確認するべきでしょう。パッケージに記載されている量は1日量で、1回量ではありませんので注意しましょう。

では、もしも犬にご飯を与えすぎていると、どのような悪影響が起こるのでしょうか。

  • 消化器の不調による下痢や嘔吐
  • 『胃拡張胃捻転症候群』のリスク
  • 肥満

食べ続けていると肥満になることはもちろん、最初に現れる異変として消化器の不調による下痢や嘔吐といった症状が見られます。場合によっては便秘気味になり、辛そうな様子をも見せる犬もいるでしょう。

また、ご飯を食べすぎることで『胃拡張・胃捻転症候群』を引き起こすリスクも高まります。この症状は明らかな原因や治療法が未だに解明されておらず、胃が膨張することによって引き起こされることのみがわかっています。

最悪の場合、短時間で死に至る危険性もあるため非常に危険な症状と言えます。大型犬に多い症状ですが、中型犬や小型犬でも見られるケースがあるため、全ての犬が気をつけなければいけません。

まとめ

犬のごはんを与える

今回ご紹介したように、ご飯を与えすぎるとさまざまなリスクが生じます。短時間で死に至る『胃拡張・胃捻転症候群』のリスクも高まるので、「ご飯を与えすぎているかも」と感じる方はすぐに食事量を見直しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。