犬が見ている世界ってどんな感じ?5つの特徴や見え方を解説

犬が見ている世界ってどんな感じ?5つの特徴や見え方を解説

犬の視力が悪いという話は有名ですが、実際、犬が見ている世界はどのような感じなのでしょうか。気になったことはありませんか。今回は犬が見ている世界の特徴や見え方について解説していきます。

お気に入り登録

犬と人間は世界の見え方が違うって本当?

じっと見つめる犬

私たちは犬と同じ時間を過ごしていますが、その世界の見え方が少々違うことをご存知でしょうか。そもそも犬と人間では目の構造が異なるため、色彩や視野角、視力などが大きく異なります。

したがって、同じ時間を同じ場所で過ごしていても飼い主と犬では違う世界に見えているのです。そう考えるとなんだか寂しい気もしますね。

今回は犬が見ている世界はどのような感じなのか、人間との見え方の違いを特徴ごとに解説していきます。

犬はどのように見えている?5つの特徴や見え方を解説

犬の瞳

犬と人間では世界の見え方が違います。では、具体的にどのような点が違うのでしょうか。ここでは犬が見ている世界の特徴や見え方について解説していきます。

1.色彩:犬は人間よりも区別できる色が限られている

人間は見ている世界を非常に細かく色を認識し、鮮やかな世界として認識することができます。しかし、犬は人間よりも区別できる色の数が限られています。

正確には青や黄色、さらに中間色である紫色などは区別できていると言われています。しかし、黄色やオレンジといった似た色は同じ色として区別されたり、赤は見えていないなど、大きく人間が見ている世界の色彩とは異なります。

赤はグレーや黒といった色に見えており、最もはっきりと区別できる色は青と黄色と言われています。そのため、興味を引きたいおもちゃを選ぶ際は、赤色よりも青や黄色といった色のおもちゃを選んだ方が犬の興味を引きやすいと言われています。

2.視力:基本的に遠くの対象はぼやけて見える

背景がぼやけて見える

犬の視力は悪いです。具体的な数値にすると、0.2〜0.3ほどの視力と言われているため、遠くのものはぼやけて見えていることになります。

「そんなに視力が悪いのになんで散歩できているの?」と思うかもしれませんが、それは聴覚や嗅覚が非常に優れているからです。嗅覚や聴覚を活かすことで、視力が悪くても安全に外を歩くことができています。

3.視野:約250°を捉えることが可能

視力が悪い犬ですが、敵があらゆる方向から来ても対応できるように見えている視野はとても広いことがわかっています。

人間が左右180°までしか見えないのに対し、犬は250°と後方まで見ることができます。そのため、犬が背中を向けている状態でも飼い主が少し違う動きをすれば、即座に反応することができるのです。

4.動体視力:近視だけど動いている対象を捉える力は優れている

思い切り走る犬

遠くのものを見る力は弱い犬ですが、素早く動く対象を捉える力は非常に優れています。これは猫など他の動物にも同じことが言えますが、獲物を追うために身についた能力だと考えられています。

遠くのものはぼやけて見えていますが、その対象がわずかに動くことで「動いた!」と察知することができるため、静止しているものよりも動作のあるものの方が見えやすいと言えるでしょう。

5.夜間の視力:人よりも暗がりに対応する能力が高い

暗い中でも平気な顔をして歩いている犬たちは、暗い中でも敵に襲われないよう警戒するために、瞳孔を大きく広げることで光を取り込み周囲の状況を把握しています。

また反対に光を取り込む力が強い犬は、実際に電気の明かりや日光などの強い光を苦手とする傾向があります。私たち人間よりも強く感知してしまうため、光の周りがよく見えないなどの弊害が生まれやすいです。

まとめ

視線を遠くに移す犬と女性

いかがでしたでしょうか。犬が見ている世界は私たち人間とは大きく異なります。しかし、全く違う世界を見ているわけではないため、犬の視覚の特徴を理解し、なるべく様々な刺激を受けられるよう同じ時間を工夫して共有しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。