『愛犬が死ぬ夢』を見る意味とは?3つの心理状態を解説

『愛犬が死ぬ夢』を見る意味とは?3つの心理状態を解説

たとえ夢の中であっても、愛犬が死んでしまう夢はショックが大きく、落ち込む原因になるかもしれません。悲しい夢を見て、目が覚めたら本当に涙を流していた…なんて経験はないでしょうか。夢に隠された自分の心理状態を分析してみましょう。

お気に入り登録

️ペットが死ぬ夢を見やすいのはどんなとき?

横になる犬の肉球

現実世界でストレスが限界に達していたり、寂しさ・孤独を感じるような環境にいると、ペットが死ぬ夢を見る心情になりやすいと言われています。

言い換えると、情緒不安定なときは寝つきが悪くなって眠りが浅くなり、夢を見るのです。

  • ひとり暮らしを始めたとき
  • 新しい土地に引っ越したとき
  • 人間関係で困っているとき
  • 身近な人が亡くなったとき

人間の脳は、寝ている間に心配事を解消しようと情報整理をしています。それが「夢の正体」です。

ストーリー性のない夢は、記憶がランダムに結びついていると考えられています。

️愛犬が死ぬ夢を見るときの心理状態

ベッドで眠る女性

1.犬を失いたくない恐怖心

心のどこかで「いつか別れの瞬間が訪れる」と分かっていても、死から目を背けたくなるのはみんな同じです。

いなくなったときの状況を思い浮かべ、涙することもあるかもしれません。

犬を失う恐怖に怯える深層心理は、夢に影響を与えやすくなります。

2.悩みを抱えている

悩みがあったりストレスを抱えていると、原因となる事柄について寝る直前まで考え込んでしまう方は一定数いるように思います。

悲観的思考が夢を作り上げるのは、珍しいことではありません。

夢の中で悩みが解決しないとモヤモヤした気持ちが膨らみ、悪循環に陥ってしまいます。

3.変化を求めている

「自分を変えたい」「新しい一歩を踏み出したい」など、変化を求め期待しているときに、愛犬が亡くなる夢を見るようです。

夢での動物の死は『生まれ変わり』や『リセット』を意味しています。

この理由に関しては、スピリチュアルなメッセージ性が強い印象を受けます。

️覚えている夢とすぐに忘れる夢の違い

手を握られ眠る赤ちゃん

眠っている間、私たちはいくつもの夢を見ています。それなのに、起きたときに覚えている夢と忘れている夢がありますよね。

一般的には「目覚める直前に見ていた夢を覚えている」と言われています。

ネガティブな感情は頭に残りやすくなっていて、「学校・仕事に遅刻する」「誰かに追いかけられる」といった夢は、起きてからも鮮明に覚えていることが多いようです。

ずっと覚えていたくなる良い夢ほど、すぐに忘れてしまうのです。

️健康には「良質な睡眠」を!

コーヒーカップを持つ手

嫌な夢を見ると、起きた瞬間から疲れてぐったりしてしまいます。

夢の内容は時間が経つと薄れていきますが、毎晩のように続くと、寝るのが怖くなり、睡眠不足の原因にもなり兼ねません。

睡眠不足は健康の大敵です。睡眠不足になると体調を崩しやすくなるので、「良質な睡眠」が取れるように工夫してみましょう。

  • 寝る前にホットミルクを飲む
  • 湯船に浸かり、体を温める
  • ゆったりしたパジャマを着る
  • 就寝1時間前はスマホを見ない
  • 寝室をアロマの香りで満たす(※)

※一部の香りで犬に有毒な種類があります。犬がいる家庭では、アロマの香り選びに注意が必要です。

️まとめ

睡眠中のトイプードル

夢はあくまで「夢」なので、絶対にそうなる!と決まった訳ではありません。一喜一憂したり、深刻に考えすぎると疲れてしまいます。夢占いを調べるのが好きな方は、参考程度に留めておきましょう。

自分の潜在意識や心理状態が夢にあらわられることはあるので、自身を客観視する際、夢の内容が多少は役に立つでしょう。

疲労が蓄積している自覚があるのであれば、「ココロ」と「カラダ」が休息を求めているサインかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。