犬の『機嫌が悪い』時に絶対してはいけないNG行為5つ

犬の『機嫌が悪い』時に絶対してはいけないNG行為5つ

『犬の機嫌が悪い時に絶対してはいけないNG行為』についてまとめました。機嫌が悪い時、犬が飼い主に「こうしてほしい」と思っていることを解説します。

お気に入り登録

犬の機嫌が悪い時に絶対してはいけないNG行為

しっぽを下げてうつむくジャックラッセルテリアの子犬

1.不機嫌なことを叱る

犬の機嫌が悪い時、不機嫌な態度だからと犬を叱るのはNG行為です。

叱る前に考えてみてください。なぜ機嫌が悪いのでしょうか。もしも自分の機嫌が悪い時に「何で不機嫌なの?」と聞かれたら嫌な気持ちがしませんか?察してよ!放っておいてよ!と思いますよね?

犬にも機嫌が悪い日があります。雨でお散歩に行けないからかもしれませんし、飼い主に構ってもらえないからかもしれません。

犬の不機嫌な態度を責めるのではなく、理由を聞いてあげてください。犬にだって感情があります。優しく声をかけてあげてほしいです。

2.無理に構おうとする

犬の機嫌が悪い時、無理に構おうとするのはNG行為です。

構ってほしくて機嫌が悪くなる犬もいますが、構おうとする飼い主を拒否したり無視したりする時は無理に構う必要はありません。「放っておいてほしい」というサインです。

無理に構われると犬は強いストレスを感じます。はっきりと意思表示をする犬であれば、飼い主を威嚇したり攻撃したりすることもあります。

構ってほしくないと示しているのになぜ構おうとするのか、犬には理解することができません。

人間だって同じですよね?よい飼い主は愛犬の気持ちを理解して行動することができるはずです。

3.無視する

手に顎を乗せて伏せているチワワ

犬の機嫌が悪い時、無視するのはNG行為です。

機嫌が悪い理由を分かって放っておいてあげるのはよいのですが、理由も分からずに無視するのはよくありません。今すぐに対応しなければならない怪我や病気による不調があるかもしれないからです。

体に触れようとした時、唸り声を上げたり吠えたりして追い払おうとすることがあります。体のどこかに強い痛みを感じている可能性があります。

ごはんを食べない時は胃や腸に異常があるのかもしれません。

一晩から1日くらいは様子を見てもよいと思いますが、機嫌が直らない場合やごはんを食べないなどの普段とは違う様子がある時は病院へ行くことをおすすめします。

4.いつもと違う態度を取る

犬の機嫌が悪い時、飼い主がいつもと違う態度を取るのはNG行為です。

愛犬が不機嫌な態度だからといって、飼い主まで不機嫌になってしまうことです。犬にだって感情がありますから、全て飼い主の思い通りになるわけではありません。

お散歩に行こうと誘っているのに「行かない!」、おやつをあげると言っているのに「いらない!」と不機嫌な態度で拒否することがあります。だからと言って同じように不機嫌になってはいけません。

不機嫌な犬を無理にお散歩に連れて行く必要はありませんし、機嫌が直ってから行けばよいです。ご機嫌を取ろうとしておやつを与える必要もありません。

大事なのは愛犬が不機嫌な理由を知って理解してあげることです。理解してもらえたと分かった瞬間、機嫌がよくなることがあります。

5.罰を与える

犬の機嫌が悪い時、罰を与えるのはNG行為です。

ケージの中に閉じ込める、他の部屋に閉じ込めるなどです。機嫌が悪くて飼い主に唸り声をあげてしまうことがあります。

触れようとする飼い主の手を噛んでしまうことがあります。「そこで反省していなさい!」とケージや他の部屋に閉じ込めてしまうのはよくありません。

愛犬の気持ちを理解してあげられなかったことを飼い主として反省する方が先です。

まとめ

トイプードルの顔のアップ

犬の機嫌が悪い時に絶対してはいけないNG行為を5つ解説しました。

  • 不機嫌なことを叱る
  • 無理に構おうとする
  • 無視する
  • いつもと違う態度を取る
  • 罰を与える

愛犬の機嫌が悪い時、何をしてもダメな時、どうしたらいいのか分からなくなってしまうことがありますよね。

1日くらいは様子を見てあげてもよいと思います。

1日が経っても機嫌がよくならない時、どこか不調がありそうな時は病院へ行きましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。