犬を飼うと『死亡リスクが低下』する?その5つの理由とは

犬を飼うと『死亡リスクが低下』する?その5つの理由とは

『犬を飼うと死亡リスクが低下する』とされる理由についてまとめました。心も体も健康でいるための努力を自然とできるようになることがポイントのようです。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬を飼うと死亡リスクが低下する理由

眠るトイプードルの顔のアップ

1.孤独を感じなくなる

犬を飼うと孤独を感じにくくなり、死亡リスクが低下するとされています。

社会から孤立することや孤独を感じることは、早死にする要因になりやすいとされているためです。

一人暮らしではないけれど、家族との会話やコミュニケーションがなく、孤独を感じている人が世の中には大勢いるそうです。

「子はかすがい」という言葉がありますが、犬を飼うことで家族の縁や仲を保ってくれることが死亡リスクを低下させるのではないでしょうか。

2.予防医療に努めるようになる

犬を飼うと自分自身の予防医療にも努めるようになり、死亡リスクが低下するとされています。

愛犬と暮らしている人は「私が入院したらこの子はどうなるのだろうか…」「私が先に死んだらこの子は殺処分されてしまうのではないか…」と一度は考えるものですよね。

愛犬が側にいてくれる限り、まずは自分自身が健康であり続けなければなりません。

犬を飼うと健康に長生きしなければ!と予防医療に努めるようになり、病気の早期発見や早期治療が行えることで死亡リスクが低下するのではないでしょうか。

3.活動量が増える

草原と柴犬、赤いバンダナ

犬を飼うと毎日のお散歩に出かけるようになり、活動量が増えることで死亡リスクが低下するとされています。

犬がいなければ仕事と買い物以外に外出する機会がないという人もいるようです。

病気やケガをきっかけに自宅に引きこもりがちになる人もいますが、犬がいることでお散歩に行こう、外に出てみようという機会を自然と持てるようになります。リハビリにもなり、回復が早かったとされる人もいますよね。

犬を飼うと活動量が増え、身体的な機能の衰えを予防したり向上させたりすることで死亡リスクが低下するのではないでしょうか。

4.生活の質を向上させる

犬を飼うと生活の質を向上させることができ、死亡リスクが低下するとされています。

愛犬による癒しの効果によって「オキシトシン」というホルモンが分泌されると心も体もリラックスします。

オキシトシンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、現代のストレス社会を生き抜くために必要不可欠なホルモンです。

嫌なことがあって落ち込んで帰宅した夜も愛犬が玄関で出迎えてくれるだけで幸せな気持ちになりますよね。

病は気から起こるなんて言葉がありますが、犬を飼うと幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されやすくなり、生活の質が向上することで死亡リスクが低下するのではないでしょうか。

5.心血管疾患による死亡率の低減

犬を飼うと心血管疾患による死亡リスクが低下するとされています。

犬を飼っていない人と比べて、犬を飼っている人の心血管疾患による死亡率は36%も低減するという研究結果があります。スウェーデンに暮らす40歳~48歳の340万人を対象とした12年にも及ぶ調査によって分かった事実です。

犬を飼っている人は天候に関わらず愛犬とお散歩に出かける機会が多く、犬を飼っていない人と比べて肉体的な活動レベルが高いことが理由として挙げられています。

まとめ

高齢の男性と黒い犬

犬を飼うと死亡リスクが低下するとされる理由を5つ解説しました。

  • 孤独を感じなくなる
  • 予防医療に努めるようになる
  • 活動量が増える
  • 生活の質を向上させる
  • 心血管疾患による死亡率の低減

私は日焼けや紫外線による影響を気にしてあまり外に出ないタイプです。

しかし、犬と暮らすとそうは言っていられません。朝陽を浴びながらお散歩させてあげたいと考えますし、海に夕陽が沈む様子を見ながら愛犬と過ごす時間を幸せに感じます。

寒い季節には庭で一緒に日向ぼっこをするようにもなりました。愛犬たちがいなければ考えられないことです。実際に犬と暮らしていて風邪をひくことすら減ったと感じています。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。