犬が『イライラ』している時に見せるサイン5選

犬が『イライラ』している時に見せるサイン5選

私たち人間と同じように、犬もイライラしたり不安になったりすることがあります。そのような時に見せるサインを見逃さず、愛犬の気持ちに寄り添ってあげてくださいね。

お気に入り登録

1.あくびをくり返す

あくびをしているパピヨン

犬があくびをしている時は、単純に眠いというだけでなく、不安やストレスを感じている時だと考えられています。

犬はストレスを感じた時や気持ちを落ち着かせたい時に、「カーミングシグナル」というボディランゲージを見せます。そのひとつとして、あくびをするという行動が挙げられるのです。

夜寝る時間や朝起きた時、ひとりでゆったり休んでいる時にあくびをしているのは、眠気によるものだと考えられます。

しかし、しつけトレーニング中や飼い主さんに叱られている時などにあくびを頻繁にくり返す場合は、イライラや不安、ストレスを感じている可能性があります。

2.ため息をつく

あごをつけて伏せる犬

人間と同様に、犬もため息をつくことがあります。ご飯を食べた後や遊び疲れた後などに「ふーーーっ」と長いため息をつく時は、満足感によるものだと考えられます。

しかし、「ふんっ」と短く鼻を鳴らすような時や、飼い主さんの顔を見てため息をついてふて寝するような仕草を見せる時は、不満やイライラを感じているかもしれません。

ため息をつくという行動には、色々な意味が込められているので、その時の犬の表情や体勢、仕草などから総合的に判断して気持ちをくみ取ってあげましょう。

3.足をなめる、尻尾を噛む

前足をなめる犬

犬がイライラしたり、強いストレスを感じている時、自分の前足を執拗になめ続けたり、尻尾を噛んだりすることがあります。

これは、「常同行動」と呼ばれる精神疾患の症状のひとつとされていて、この行動をすることで気持ちを落ち着かせようとしていると考えられています。

留守番時間が長すぎる、運動やスキンシップが不足している、生活環境の変化などの理由から、ストレスを感じてそれを紛らわせるためにこのような行動を取ることがあります。

無意識に行うようになってしまうため、足から血が出たり、毛が抜け落ちてしまったりしてもやめられなくなることが少なくありません。

「やめなさい」と叱ることで余計に悪化してしまうこともあるので、根本的な原因自体を解消することをはじめ、その行動をし始めたら大きな音を出して意識を別に向けさせるなどして止めるようにしましょう。

4.飼い主さんを無視する

コーギーの後頭部

犬がイライラしている時、飼い主さんから声をかけられたり、スキンシップを取ったりしても無視をすることがあります。

声をかけられていることはわかっていても、「遊ぶ気になれない」と思って無視をしてしまうのです。チラッと視線だけ向けてきて動かなかったり、どこかに行ってしまったりする時は、そのような気分なのかもしれません。

無視をさせることを容認するとクセになってしまう可能性がありますが、何度もそのようなことが続く場合は「今はイライラしているのか」と思ってそっとしておいてあげることも必要です。

5.歯をむいて唸る

威嚇するチワワ

犬は嫌なことをされた時などに「それ以上すると噛むぞ!」という警告の意味で、唸ったり歯を剥きだしたりします。ちょっとしたことで「うーっ」と唸ったり、歯を剥いて威嚇したりすることがあれば、犬がイライラしているのかもしれません。

頭をなでたり横に寝そべったり、普段なら嫌がらないようなことでも「うーっ」と威嚇してくる場合は、イライラしていて気分が良くない可能性があります。そのような時にしつこくすると、本当に攻撃されてしまう場合があるので十分注意してください。

ただし、特定の場所に触れた時に威嚇してくる場合は、その部分に痛みや不快感を感じていることも考えられるので、病気や怪我がないか確認することも大切です。

まとめ

伏せているハスキー

犬にも私たち人間と同じ感情があります。そのため、時にはイライラしたりストレスを感じたりすることもあるでしょう。そして、それを表現したり自分なりに解消しようとしたりする様子も見られます。

ここで紹介したようなイライラのサインが見られたら、そっとしておいてあげたり、その原因の解決に努めたりして愛犬の穏やかな生活をサポートしてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。