愛犬は大丈夫?犬が見せる『認知症』の5つのサイン

愛犬は大丈夫?犬が見せる『認知症』の5つのサイン

愛犬の「認知症」に気づかずにいると、ケガをしたり戻れなくなったりして事故に繋がる可能性が高まります。また認知症は、早期の対処で進行を遅らせることも可能です。そのためには、飼い主さんが普段の愛犬の行動から認知症のサインを読み取れなければなりません。一般的に認知症のサインだと言われている犬の行動について、ご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

認知症か否かの判別

老犬との散歩

愛犬の認知症に気づかずにいると、ケガをしたり事故に繋がったりする可能性が高くなります。また、早期に発見して対処を行うことで進行を遅らせることも可能なので、愛犬の認知症の可能性に早く気づくことが大切です。

そのためには、飼い主さんが愛犬の行動をしっかりと観察し、ちょっとした変化から認知症の可能性を察知する必要があります。

今回は、一般的に認知症のサインだといわれている犬の行動についてご紹介します。しかし、同じ行動が見られたからといってすぐに認知症だと決めつけて諦めてしまわないでください。

別の病気が原因である可能性もあります。また認知症の場合でも、進行を遅らせる手立てがあったり、介助に必要なアドバイスを受けられることもありますので、必ず一度は動物病院に相談するようにしましょう。

認知症のサイン

1.見当識の低下

困った表情でじっとする犬

自分が生活している状況、つまり時間とか空間や、その状況における自分の社会的な位置付けを認識する能力を「見当識」と言います。認知症になるとその能力が低下することが知られています。

愛犬に下記のような行動、様子が見られた場合は、認知症であるかもしれません。

  • 家の中やいつもの散歩コースでもどこにいるのか分からなくなる
  • 家族や日頃の生活パターンがわからなくなる
  • 警戒心が低下し、機敏さが失われて無目的な動きが多くなる
  • 壁や宙をじっと見つめたり、頭を壁などに押し付けて動かなくなる
  • 部屋の中を意味もなく歩き回ったり、同じ場所をグルグルと回ったりする

2.相手に対する反応の変化

無反応な犬

飼い主さんやご家族、一緒に暮らしている他の動物達に対する愛犬の反応に、下記のような変化が見られた場合も、認知症である可能性があります。

  • 一緒に暮らしているご家族や周囲の出来事などに、関心を示さなくなる
  • 飼い主さんが愛犬の名前を呼んでも反応しなくなる
  • 飼い主さんがいつもの指示を出しても無視するようになる

3.活動時間の変化

愛犬に下記のような変化が見られた場合も、認知症のサインだと言われています。ただし、活動時間の変化は別の理由から生じる問題行動である場合もあるため、見極めが大切です。この後の章で詳しく説明します。

  • 昼間は寝ていて、夜になると活動を始める
  • 夜中になると吠えたり鳴いたりする(夜鳴き)

4.今までできていたことができなくなる

オムツを履くシニア犬

下記のような行動も、認知症のサインだと言われています。ただし、これらは認知症と言うよりも、加齢による身体機能の低下等が原因の場合も多いため、叱ったりせずに現実的な対策を講じて介助してあげる方向で考えてあげましょう。

  • 大好きだった散歩に行くことをせがまなくなる(歩きたがらなくなる)
  • 室内で粗相をすることが多くなる

5.その他

他にも、下記のような行動が認知症のサインだと言われています。

  • 進んで狭い場所に入っては、後退りできずに出られなくなる
  • 歩いている最中にいろいろなものにぶつかる
  • 食欲旺盛で必要な栄養を摂取しており、下痢もしないのに痩せてくる

認知症だと思われていた夜鳴きが改善した例

吠える犬

認知症のサインでご紹介した「夜鳴き」は、体内リズムをリセットすることで改善することが多い事例の一つです。

認知症ではなくても、昼間はずっとお留守番で眠ってばかりいるような場合によく見られる問題行動の一種です。

昼間しっかりと眠って夜寝られなくなり、目が覚めます。小さな声で鳴いていたら飼い主さんが来てくれました。次に鳴いた時は来てくれなかったので、少し大きな声でアピールしたら、また来てくれました。こうして学習した結果、夜鳴きをするようになる場合も多いのです。

平日が難しいなら休日でも構いませんので、朝になったら愛犬を起こし、朝日をしっかりと浴びさせ、日中は休む暇のないほどしっかりと遊んでください。疲れて夜にぐっすりと眠ることで、愛犬の体内時間がリセットされます。

特に毎朝朝日を浴びると、昼夜逆転の予防になります。

まとめ

老犬の散歩

犬も歳を取れば身体能力が衰え、認知症にもなります。愛犬の行動の変化から認知症のサインを読みとり、愛犬の状態を把握しましょう。ただし、認知症だと諦めてしまうのは早計です。

動物病院と相談しながら、愛犬の状態をしっかりと見極めましょう。別の病気が隠れていることもあれば、改善の可能性が隠れている場合もあるからです。また早期に対処することで、認知症の進行を遅らせることも可能だからです。

愛犬の認知症のサインに対して改善や進行を遅らせる可能性を探ることで、愛犬との絆をできるだけ長く持続させましょう。また同様の理由で、老犬にも刺激的な毎日を提供できるように工夫してあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。