ラブラドールに多い疾患を徹底リサーチしたイギリスでの研究結果

ラブラドールに多い疾患を徹底リサーチしたイギリスでの研究結果

イギリス国内のラブラドールに多い疾患や障害を他犬種と相対的にリサーチした結果が報告されました。世界中で人気のある犬種の気になる結果をご紹介します。

お気に入り登録

獣医療データベースを基にラブラドールの疾患を調査

倒木の上に立つチョコラブ

ラブラドールレトリーバーは世界中の多くの国で登録頭数上位の常連にいる超人気犬種です。飼育されている数が多いだけに、この犬種に特に多い疾患や障害について信頼できる証拠を得ることはとても大切です。

ラブラドールは歴史的に比較的健康な犬種と見なされて来ました。イギリスのケネルクラブが発表しているラブラドールの寿命の中央値は12.3歳と、全犬種を対象にした寿命の中央値11.3歳を1年上回っていることからもそれが伺えます。

しかし近年ではラブラドールの遺伝性疾患が増加していることが報告されており、健康的なイメージが損なわれつつあることはこの研究の背景の1つです。

イギリスの王立獣医科大学では、国内の一般の動物病院でペットが診療を受けた際の臨床データを、匿名化して記録する非営利研究プロジェクトを運営しています。その膨大なデータは特定の犬種や疾患などについての統計分析に非常に役立っています。

同大学の研究者は、この獣医療データベースを使ってラブラドールレトリーバーの疾患や障害が他の犬種と比べてどのような傾向があるのかを調査し、その結果を発表しました。

他の犬種よりもラブラドールレトリーバーに多い疾患は?

診察を受けているラブラドール

調査には2016年にイギリス国内で診療を受けた犬の臨床データが使用されました。総数22,248頭、うちラブラドール1,462頭のデータです。

研究者はラブラドールにおいて最も一般的な30の疾患と、ラブラドール以外の犬全部において一般的な30の疾患のリストを作りました。2つのリストの多くの疾患は重複していましたが、一部傾向の違う部分があり、組み合わせて35の疾患リストが作成されました。

この35の疾患について分析した結果、ラブラドールレトリーバーは他の犬種全体と比較して35種のうち12の疾患で有病率が高く、中でも特に有病率が高かった疾患は以下のものでした。

  • 変形性関節症
  • 脂肪腫
  • 伝染性気管支炎(ケンネルコフ)
  • 裂傷
  • (関節などの)こわばり

疾患を「心臓疾患」「消化器系疾患」などグループ化したリストも作成され、ラブラドールと他の犬種全体との比較分析がされました。その結果、ラブラドールにおいて他の犬種よりも多かった疾患グループは以下のようなものでした。

  • 歯科以外の口腔疾患
  • 腫瘍
  • 筋骨格障害
  • 耳の疾患

では反対にラブラドールでは少ない疾患は?

首を傾げている黒ラブ

調査では反対に他の犬種に比べてラブラドールでは目立って少ない疾患も挙げられ、リストにある35種の疾患のうち7つが、ラブラドールでは有病率の低いものでした。

特に有病率が低かった疾患は以下の通りです。

  • 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
  • 心雑音
  • ノミ
  • 乳歯遺残(にゅうしいざん)
  • 歯周病

疾患をグループ化したリストでは、他犬種に比べてラブラドールに少ないものは以下の通りでした。

  • ヘルニア
  • 心臓病
  • 歯科障害
  • 寄生虫
  • 眼疾患

この研究は一般診療を受けているラブラドールレトリーバーと、それ以外の全ての犬種の様々な疾患のリスクを比較するものでは、これまでで最大のものだそうです。

調査結果の信頼性を高めるために、個々の疾患についてさらに詳しい調査が必要だと研究者は述べていて、特に疾患リスクが高い理由と低い理由を解明することが重要だとしています。

まとめ

3色のラブラドール

イギリスの動物病院で診療を受けた犬のデータを使って、ラブラドールレトリーバーとそれ以外の犬種の疾患リスクを比較した調査結果をご紹介しました。

ラブラドールに限らず特定の犬種に多い病気というのはいろいろな所で目にしますが、他の犬種に比べて有病率が低い病気というのは興味深いですね。

このような調査結果は、ラブラドールと暮らしている飼い主が特に注意して観察すべき点は何かを分かりやすくすることができます。今後は他の犬種でも研究が進むことを期待したいですね。

《参考URL》
https://www.nature.com/articles/s41598-021-93379-2

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。