今スグ試したい!犬をリフレッシュさせてあげる方法5つ

今スグ試したい!犬をリフレッシュさせてあげる方法5つ

「毎日同じことの繰り返しで、退屈していないかな?」と愛犬の気持ちを心配する飼い主は多いです。そんな小さな不安を感じている飼い主さんたちに、今回は犬をリフレッシュさせてあげる方法を紹介するので、ぜひ今日にでも試してみてくださいね!

お気に入り登録

犬は日々多くのストレスを感じている

退屈そうに床に寝転ぶトイプードル

「毎日家の中で過ごし、外に出るのは散歩くらい…退屈していないかな」と愛犬の幸せを心配する飼い主は多いです。

毎日家に居続け、散歩だけ外に出してもらう愛犬の生活を考えると、退屈しているのではと不安に感じますよね。

仰る通り、犬は毎日同じことの繰り返しでは、退屈によってストレスを感じてしまいます。

また、脳が活性化されないと幸福感を感じにくくなり、シニア犬は認知症を患うリスクも高まります。

このように、退屈によるストレスを少しでも解消するため、飼い主は愛犬がリフレッシュできるよう、時々刺激的で幸せや満足感を感じる工夫を取り入れてあげることが大切です。

今スグ試したい!犬をリフレッシュさせてあげる方法を紹介

飼い主に抱っこされて嬉しそうな犬

では、犬がリフレッシュできる工夫には、どのようなアイデアがあるのでしょうか。 日常の生活に少し工夫を取り入れるだけでも、犬にとって刺激となり、幸福感や達成感、満足感につながりますよ!

1.犬にとって良質な散歩を行う

毎日行う散歩のメニューや歩き方などを少し変え、刺激的で充実した散歩を行うことを意識してみましょう。

例えば、愛犬が満足いくまで好きな場所の匂いを嗅がせてあげたり、他の犬とすれ違う時に挨拶や交流を楽しんだりといったちょっとした変化で十分です。また、いつもとは違うルートを散策してみるのも良いでしょう。

近所に公園がある場合は、公園に連れて行くと、外遊びや他の犬との交流を楽しむ機会となるので、愛犬をリフレッシュさせることができます。

2.スキンシップにマッサージを行う

マッサージされて気持ちよさそうなパグ

何気なく行っている愛犬とのスキンシップに、マッサージを取り入れてみるのも1つのアイデアです。

ただ撫でるのではなく、撫でる場所や撫で方を意識するだけで、より気持ちいいスキンシップに早変わりします。

犬が気持ちいいと感じる場所は、以下のような場所です。

  • 尻尾の付け根
  • 耳の付け根
  • 足の付け根
  • 肩(首回り)
  • 顎の下
  • お腹

以上の場所を、円を描くように優しく、少し強弱をつけて撫でてあげるだけでも、マッサージ効果があります。

マッサージには、気持ちいいリラックス効果だけでなく、血行促進などの健康効果も期待できます。そのため、日常的に取り入れたいリフレッシュ方法です。

3.ドッグランなど犬が遊べる施設へ連れて行く

こちらはリフレッシュになる犬と、かえってストレスになってしまう犬がいるため、愛犬の性格や連れて行った時の様子を観察して取り入れましょう。

ドッグランは、犬が思い切り走り回ることができる場所です。

普段リードをつけて飼い主の散歩ペースに合わせている犬たちも、思う存分駆け回ったり、他の犬と好きなように触れ合ったりすることができるため、最高のリフレッシュ環境です。

ドッグランによっては、犬のサイズによってスペースが分けられているところもあるため、そうした場所であれば、小型犬や大型犬も安心して走り回ることができます。

最近では、障害物があるドッグランやプールが併設されているドッグランなど、様々なタイプの施設がオープンしています。

好奇心旺盛で活発な愛犬には、最高のリフレッシュ方法となるでしょう。

4.頭脳を使った知育遊びを行う

知育パズルで遊ぶ犬

室内でできるリフレッシュ方法として、頭脳を使った知育遊びも候補に入ります。最近では、ペットショップなどで、犬用の知育おもちゃが販売されているため、このようなおもちゃを使って遊ぶのもおすすめです。

手軽にできる知育遊びには、おやつを使った宝探しゲームがおすすめです。まずは片方の手におやつを隠し、「どちらに入っているでしょう!」と匂いを頼りにおやつが隠されている手を当てさせます。

次のステップとして、限られたスペースを利用し、箱やおもちゃの裏などにおやつを隠し、嗅覚を駆使しておやつを探し出させます。

これは嗅覚を使うことで、犬としての本能的欲求を満足させるだけでなく、五感を研ぎ澄まし脳を活性化することもできます。

健康的な子犬や青年犬はもちろん、シニア期に入った犬にとっても認知症予防が期待できるので、定期的に取り入れましょう。

5.犬の本能を刺激するような遊びを行う

先に紹介した嗅覚を使った宝探しゲームにも言えますが、犬の本能を刺激するような遊びは、犬にとってリフレッシュするための有効な手段です。犬はもともと狩猟をしていた動物なので、狩猟本能をかき立て満足させるような遊びがおすすめです。

例えば、犬の定番遊びであるボール投げもそのうちの1つです。投げられたボールを追いかけ、取りに行き、元の場所(飼い主の元)へと持ち帰るまでが狩猟の過程に似ています。

また、ロープを引っ張り合う遊びも、狩猟対象を負けさせる過程に似ているため、狩猟本能を満足させることができます。

こうした遊びを積極的に取り入れることで、犬は退屈さを感じず、充実した生活を送ることができます。ぜひ積極的に遊びの一環として取り入れてみてください。

まとめ

おもちゃをくわえて走る犬

いかがでしたでしょうか。犬をリフレッシュさせてあげるためには、犬の動物としての本能的欲求を満たしてあげることが大切です。ぜひ普段の遊びや散歩にちょっとした変化を取り入れ、愛犬に幸福感を感じてもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。