犬の『嫌いな色』って?2つの理由と選ぶべき色を解説

犬の『嫌いな色』って?2つの理由と選ぶべき色を解説

わんこグッズはカラフルで可愛いものが多いですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?自分が好きな色だから?それとも愛犬に似合いそうだから?でもその色、実は愛犬の「嫌いな色」かもしれません。

お気に入り登録

そもそも犬は色が見えるの?

色相環

この記事のタイトルを見て「え?犬って色が見えないんじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。確かにかつては、犬は色を識別することができず、白黒の世界を見ているという説が有力とされていました。

ですが近年の研究によると、犬は人間ほど多くの色を見分けることはできないものの、特定の色は見えていると考えられるようになってきました。

犬に見えるのは青と黄色

犬がはっきり識別できるのは、青と黄色の2色といわれています。他の色については白黒、すなわちグレーの濃淡で見えているようです。

要注意!犬が嫌いな色とその理由

カラフルな背景と犬

犬にも特定の色は見えるとはいえ、人間のような色の好き嫌いが犬にもあるかどうかは科学的にはわかっていません。ここでは「嫌いな色」というよりも「苦手な色」、すなわち青と黄色以外の識別できない色について考えてみます。

1.他の色と見分けにくいから

人間にとっては赤や緑などのビビッドカラーはとても目を引くものです。ですがここまでご紹介してきたように、わんこにとっては赤も緑もグレーにしか見えません。

たとえばトッテコイ遊びをしているとき、芝生の中から赤いボールを探し出すのは、犬にとっては難しいかもしれません。すると「赤いボールはなかなか見つけられないから嫌いだな」と感じる可能性はありますよね。

2.得体が知れないから

わたしたちは、暗闇や真っ黒な影を見ると得体の知れない恐怖感を抱きますよね。それはなぜでしょう。全てが黒く見えるため、そこに何があるのかを判別できないからです。

「何だかわからないもの」に恐怖を感じるのは犬も一緒です。周りの色に溶け込んでしまって識別できない色に対しては、犬も警戒したり苦手意識を持つのかもしれません。

おすすめはこれ!愛犬に選ぶべき色

ペットショップの犬

では愛犬にはどんな色のグッズを選んであげるのが良いのでしょうか。目的ごとに考えてみましょう。

1.おもちゃには青や黄色を

嫌いな色の項目でも例に挙げましたが、芝生の緑の中で赤やオレンジを見分けるのは犬にとって簡単ではありません。

そのため芝生の公園や庭でトッテコイ遊びをする前提でおもちゃを選ぶ場合は、青や黄色のものを選ぶと、わんこの目には優しいかもしれません。簡単に見つけられたほうが、トッテコイ遊びもテンポ良く進んで盛り上がりそうですよね。

2.ベッドには青や黄色は避けて

逆にゆっくり身体を休めてほしいベッドや布団には、青や黄色といったはっきり識別できる色は向かないでしょう。はっきり見える色だと逆にテンションが上がって休めなくなってしまう可能性もあるからです。

あえて識別しにくい、犬にとってぼんやりと見える色を選んだほうが安眠を妨げないかもしれませんね。

まとめ

カラフルなクッキー

いかがでしたでしょうか?おもちゃや洋服を色違いで揃えてあげたつもりが、犬にとっては全く同じ色の同じものに見えているなんてこともあるかもしれませんね。

とはいえ犬の色彩感覚については今も研究段階です。これから研究が進み、犬にとって良い効果をもたらす色がわかるようになったりしたら、ペットグッズの展開も変わってくるかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。