犬を飼っていて本当によかったと感じること4選

犬を飼っていて本当によかったと感じること4選

わんことの暮らしには大変なこともたくさんあります。でもやっぱりわんこと暮らすことは素晴らしい!今回はわんこを飼っていて本当によかったと感じる瞬間をまとめました。

お気に入り登録

帰りを待っていてくれる

窓の外を見ている犬たち

わんこと暮らす醍醐味の1つが、帰宅時のお出迎えではないでしょうか。仕事や学校で嫌なことがあったり、疲れ果てて帰ってきたとしても、愛犬がブンブンとしっぽを振って喜びいっぱいに出迎えてくれると全て吹っ飛んでしまいます。

こんなにも自分を待っていてくれる存在があるということ、自分を必要としてくれる存在があるということを改めて感じるだけで、大げさかもしれませんが生きる力をもらえるようにすら感じることができるのです。

人間関係の輪が広がる

青空の下の人形

わんこを連れて歩いていると、知らない人から声をかけられることが増えます。相手もわんこ連れで散歩のタイミングがいつも一緒だったりすると、何度も顔を合わせるうちにいわゆる「犬友」に発展することもあります。

特に都会では「隣は何をする人ぞ」な現代社会の中、わんこがいるだけでご近所に知り合いが増え、孤独を感じることが減っていくのです。これは「社会的潤滑油効果」とも呼ばれ、心理学などの分野でも注目されているものです。

普段のお散歩だけでなく、旅先などでもわんこが一緒だと現地の人や旅行客同士で思いがけない交流が生まれ、「わんこと一緒で良かったなあ」と実感できます。

健康的な生活習慣が身につく

犬の散歩

わんこの体内時計は驚くほどきっちりしており、生活習慣もしっかりしています。朝ごはんやお散歩の時間もしっかり把握していて、飼い主さんが休日かどうかには関係なく、決まった時間に催促してくるという子も少なくないでしょう。

早起きが苦手な人や出不精な人は、これらのルーティンを最初は苦痛に感じるかもしれませんが、愛犬に付き合わされているうちに「早寝早起き」「適度な運動」という健康的な生活習慣が身についていきます。出かけるまではおっくうに感じるお散歩も、いざ出かけてみると楽しく感じるものですよね。

小さな幸せにたくさん気づく

女性と犬

わんこは過去に縛られたり未来に不安を感じたりすることなく、「今」を一生懸命に生きる動物です。そんな彼らと一緒に暮らしていると、普段は見逃してしまいがちな小さな幸せにたくさん気づくことができます。

愛犬の嬉しそうな表情や幸せそうな寝顔を見るだけで癒されますし、寄り添ってきてくれた暖かい体温を感じるだけで愛おしい気持ちになれます。

実際に近年の研究では、わんこと人間が見つめ合うことで、お互いに「幸せホルモン」であるオキシトシンが分泌されることがわかっています。オキシトシンには抗ストレス作用があり、日常のストレスを和らげてくれる効果があります。

まとめ

家族と犬

いかがでしたでしょうか?もちろんわんこと暮らしていくためには、良い点ばかりを見ているわけにはいきません。雨や雪の中でもお散歩をしなければならないかもしれませんし、お世話のために飲み会や旅行の誘いを断らなければならないかもしれません。

そして最後には悲しい別れも待っています。これからわんこと一緒に暮らしたいと考えている人は、それらに耐える覚悟と責任感を持たなければなりません。でもその覚悟ができれば、わんことの暮らしには大変さ以上の素晴らしさが確かにあります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。