事前に知っておくべき!愛犬が亡くなった時の手続き3つ

事前に知っておくべき!愛犬が亡くなった時の手続き3つ

いつかは必ず訪れる愛犬との悲しい別れ。別れの直後はペットロスに打ちひしがれる人がほとんどですが、悲しみの中でもしなくてはいけない事務手続きもあります。確認しておきましょう。

お気に入り登録

死亡届の提出

犬の鑑札など

1.30日以内に届け出を

愛犬を家族に迎えたとき、市町村役場で登録手続きをしたことを覚えていますか?日本では狂犬病予防法という法律に基づき、わんこを飼う場合には居住する市町村に届け出て登録を行うことが義務付けられています。

毎年の狂犬病予防接種の案内状は、この登録内容に基づいて送られてきているのです。狂犬病予防法では、飼い犬が死亡した場合には30日以内に登録を抹消するよう定められており、この手続きがわんこの死亡届の提出に当たります。

2.必要なものは鑑札

登録抹消の手続きは市町村役場の担当課もしくは保健所などで行いますが、その際には鑑札を返納する必要があります。また自治体によっては当該年度分の注射済証も必要な場合があります。もしなくしてしまったという場合には、担当者にその旨を伝えましょう。

3.電話や電子申請が可能な場合も

とはいえ、仕事の都合で平日は役所に行くことが難しかったり、「ペットの死を理由に休みはとりづらい」という人もいるでしょう。また「役所の人の前で泣いてしまいそう…」と不安な人もいるかもしれません。

自治体によっては電話での手続きや、インターネット上での電子申請が可能な場合がありますので、一度確認してみるのをおすすめします。電話や電子での申請の場合には、鑑札は後日に別途郵送や持参して返納することとなります。

ペット保険の解約

保険

近年では多くの人がペット保険に加入しています。当然のことながら、ペット保険は解約手続きをしないでそのままにしていると、保険料が請求されつづけてしまいます。通常の解約と死亡解約では手続きが異なる場合もありますので、しっかり確認したうえで手続きを踏みましょう。

1.死亡が確認できる書類の用意を

手続きの方法は各保険会社によって異なりますが、死亡解約の場合には保険料が日割で返金される保険もあり、その場合には死亡が確認できる書類の提出を求められることが多いようです。死亡が確認できる書類とは、具体的には下記のようなものを指します。

  • 死亡診断書
  • 火葬証明書
  • 納骨証明書
  • 葬儀や埋葬にかかわる領収書など

2.保険金の請求漏れがないか確認

ペット保険を解約する場合には、保険金の請求漏れがないかを確認をしましょう。死亡解約の場合には解約後でも保険金を請求できるケースもありますが、取扱いは保険会社により異なります。

また保険によっては火葬費用のための死亡見舞金が給付されるものもあるので、契約内容をよく確認しておきましょう。

各種定期購入契約の解除

ドッグフード

愛犬のお世話に必要な消耗品は定期購入をしているというご家庭もあるかもしれません。特にフードやペットシーツなど、かさばるものは定期購入で配送してもらったほうが便利ですし、定期契約だと割引が効く場合もあってお得ですよね。またご家庭によっては、留守番中のペットの様子をチェックするための見守りカメラを定期レンタルしているという場合もあるかもしれません。

愛犬が死亡した場合には、これらの定期購入についても忘れずに解約を行いましょう。もったいないのはもちろんのこと、忘れているころに商品が届き、愛犬の不在を改めて実感して悲しくなってしまう…という負のループも防げます。

まとめ

犬の遺影

いかがでしたでしょうか?愛犬との悲しい別れの直後は誰でも取り乱したり、打ちひしがれてしまったりして、必要な手続きを調べる気力もなくなってしまいがちです。手続き漏れを防ぐためにも、愛犬が元気なうちに「手続きリスト」などを作成しておくのもよいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。