実は犬が密かに思っている『5つの願望』

実は犬が密かに思っている『5つの願望』

犬は私たちと一緒に暮らす中で、様々な欲求を我慢していることにお気付きでしょうか。人間と犬が共存していく上で、ある程度の我慢は必要ですが、願望があるなら叶えてあげたいと思うのが飼い主の性です。今回は実は犬が密かに思っている願望について紹介します。

お気に入り登録

実は我慢してる…!犬が密かに思っている5つの願望

目を閉じるチワワ

犬と一緒に暮らすことは、私たちにとって幸せなことです。同時に、犬たちも私たち飼い主のことを慕い愛してくれていることを日々感じている飼い主さんも多いのでは?

しかし、犬と人間はもともと違う動物です。一緒に暮らす上で、どうしても犬たちに我慢させている願望があるのも事実です。今回は、そんな犬たちが密かに抱いている願望について考えていきます。

1.思いっきり自由に走りたい!

ドッグランで走り回る柴犬

まず1つ目は、リードをつけずに思い切り走ってみたい!という欲求です。普段、散歩ではリードをつけた状態で、飼い主に合わせて歩いたり、軽く走ったりする程度しか本領を発揮できていません。

元々野生動物として暮らしていた時代の犬たちは、大地を駆け、獲物を狩って捕食していました。こうした行動は、犬にとっても自然な行動で健康的な行動と言えます。

現在、世界中で長寿犬として有名な犬たちも、多くが牧場で牧羊犬として活躍しているなど、思い切り走れる環境のある犬が多い傾向にあります。

日本で暮らしていると、なかなか思い切り走らせてあげられる環境が見つかりにくいですが、ドッグランでは基本的にノーリードで思い切り走ることができます。時々こうした場所に連れて行くと、喜んでのびのびと走り回る愛犬の姿を見ることができるかもしれません。

2.ずーっと飼い主さんと一緒にいたい!

犬は仲間意識が強い動物なので、大切な仲間である飼い主と常に一緒に行動したいと思うのはごく自然なことです。「実は我慢しているけれど、本当は1人でお留守番じゃなくて、飼い主さんと一緒にいたい」と思っている犬は多いでしょう。

ただし、飼い主にも仕事や生活があるため、24時間365日一緒にいることはできません。また、常に一緒にいると、犬が過剰に依存してしまい、分離不安を引き起こす恐れがあります。

したがって、現代では、犬が飼い主と常に一緒にいることは必ずしも良いことと言えません。一緒に過ごせる時間の中で、愛犬が満足できるような時間を提供してあげることが大切です。

3.本当は思う存分吠えたいんです…

遠吠えするアラスカンマラミュート

私たち飼い主側からすると、犬の無駄吠えをしつける行動は当たり前と捉えがちです。しかし、犬にとっては本能的な行動が強制的に押さえつけられている状態なので、我慢しているけれど、本当は思う存分吠えてみたいと思っているかもしれません。

特に狩猟犬として活躍していた犬の場合、吠えることで仲間や飼い主に獲物がいること、捕食したことを知らせていました。そのため、遺伝的にも本能的に吠えるという行為が染み付いているのです。

しかし、そうは言っても無駄吠えを手放しで容認することはできません。日本の住居環境を考えても、1軒1軒が密集している地域が多いため、近所に迷惑をかけてしまいます。愛犬の欲求を我慢させるのは辛いですが、こればかりはぐっと堪えてもらうしかありません。

4.思う存分ドッグフードやおやつを食べたい!

愛犬の健康のために、1日に与えるドッグフードの量やおやつの回数を定めているご家庭は多いです。愛犬が太りすぎないように管理することは、飼い主の責務でもあります。

しかし、犬の本音を考えると、「お腹いっぱいおやつが食べたい!」と思っているのは明白です。ご褒美などにおやつを持ち出すと、嬉しそうに駆け寄ってくる愛犬の姿を見れば、多くの飼い主が「本当はたくさん食べたいのだろう」と気付くでしょう。

しかし、こちらも残念ながら、基本的に食事管理の観点でNGです。1年に一度、誕生日だけいつもより多めにあげる…くらいは許されるかもしれませんね。

5.飼い主さんが食べている美味しそうなものを食べてみたい!

飼い主の食事を嗅ぐ犬

犬を飼っている人であれば、誰もが気付いているであろう犬たちの願望です。飼い主が食事をしていると、恨めしそうにジーッと飼い主の食事風景を眺める犬たち…絶対に食べたいと思っています。

犬は嗅覚が優れているため、飼い主が食べている美味しそうな食事の匂いを強く感じているのでしょう。鼻をヒクヒクさせて、犬によっては、その匂いに興奮して息が荒くなっていることもあります。

しかし、やはり残念ながら人間が通常食べている調味料たっぷり、味付け濃厚な食事をあげることはできません。ですが、最近では人間の食事を模した犬用ごはんが販売されているので、特別な日にぜひ買ってあげてはいかがでしょう。

まとめ

楽しそうに芝生で遊ぶ柴犬たち

いかがでしたか。叶えてあげられそうなものもあれば、叶えてあげるのは難しいものもありました。

犬は野生動物だった頃の名残があるので、その頃の本能的欲求を満たしたいという願望は強く持っていると考えられます。私たちが叶えられる範囲で、本能的欲求を満たせるような遊びを取り入れてあげたいですね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。