聞きたくないワン!犬が怖がってしまう家電の『音』4選

聞きたくないワン!犬が怖がってしまう家電の『音』4選

犬は基本的に人工的な聞きなれない音を苦手とします。そのため、家の中で当たり前のように使われている家電の中には「もう聞きたくない!」と犬が音を怖がってしまう家電もあります。今回は、そんな犬が怖がってしまう家電の音を紹介します。

お気に入り登録

犬が怖がってしまう家電の『音』4選

怖がって男性に抱っこされる犬

犬は本能的に慣れていない人工的な音に苦手意識を持つ子は多いです。特に、家の中にある家電の音に拒否反応を見せる犬は多く、人間と暮らしていく上で慣れなければいけない最初の難関でもあります。ここでは、犬が怖がってしまう家電の音について紹介します。

1.掃除機の「ブォーン」という音

掃除機を警戒する犬

犬が怖がる音の代表的存在とも言える掃除機。スイッチを入れると、突然「ブォーン」という大きな音が鳴り出すため、「一体何が起きたの?」と驚き警戒してしまう犬は多いです。

犬は突然の音や突然の動きに本能的に警戒心を抱きやすく、なおかつ聴覚の優れている犬にとって、人工的な大音量は苦手意識を持ちやすいと考えられています。こうした苦手要素を2つ持つ掃除機は、犬にとって格好の恐怖対象となってしまうのです。

とはいえ、掃除機は毎日のように使う家電です。毎日見聞きすることで、少しずつ慣れていく犬は多いでしょう。

2.ドライヤーの強力な風と機械音

ドライヤーも掃除機と同じく苦手意識を持つ犬は多いです。ドライヤーからは強い風が出る上、掃除機と同じような機械的な大きい音が出るため、慣れていない犬にとっては恐怖を感じます。

ドライヤーには、風の強さを選べるものも多く、最も強力な風力を出すモードでは、機械音、風の音共に大きな音が出ます。こうした突然大きな音に変化するドライヤーに対して、警戒心を剥き出しにする犬は珍しくありません。

しかし、ドライヤーも飼い主が毎日使うものであり、さらに犬自身もシャンプー、タオルドライ後に軽く使用することのある家電です。少しずつ慣れさせていく必要があるでしょう。

3.洗濯機が稼働している音

洗濯機に驚く犬

犬によっては洗濯機の稼働音も苦手と感じる子がいます。ご家庭の洗濯機の配置にもよりますが、洗濯機が犬の居住スペースとつながっている場合、突然機械音を鳴らしながら動き出す洗濯機に怯えながら過ごす犬は少なくありません。

また、脱水に入ると激しく揺れたり、中で洗濯物がぶつかり合ったりする音を犬はしっかり感知します。こうした音が人間以上に大きく聞こえているので、より警戒心を抱きやすいのでしょう。

4.テレビから流れてくる音に反応する子も

多くのご家庭に置かれているテレビですが、繊細な性格の犬の場合、テレビから流れてくる音に対して警戒心を抱くこともあります。

テレビからは様々な音が流れてきます。ここまで紹介してきた家電の音はもちろん、人の話す声や車の音、外で聞こえる機械音や雷の音など、犬が苦手とする音も多く聞こえてきます。

こうした苦手意識を持つ音を流すテレビに対して、「もうやめて!」「嫌いな音がする」と苦手意識を持ち、その記憶が残ってしまう犬も多いです。

犬が家電の音を怖がる…対処法は?

床に伏せて音に反応する犬

もしも犬が家電の音を怖がる場合、徐々に慣れてくれれば良いのですが、どうしても自然には慣れることができない場合もあります。

なかなか家電の音に慣れてくれない場合は、まず怖がらせないように、使用する際は家電を犬から離れた場所で使うようにしましょう。例えば、掃除機をかける場所と犬が過ごしている場所をドアを閉めることで区切り、聞こえる音が少しでも小さくなるように努めます。

また、家電が稼働していない時に、犬に匂いを嗅がせたり見せたりする方法も有効です。「近づいても怖いことが起こらない」と理解させることで、音が鳴っても警戒心を以前より抱きにくくする作戦です。

このように、少しずつ段階を踏みながら慣らすことで、家電の音が鳴っても反応を示さなくなります。

まとめ

掃除機を見つめる犬

いかがでしたでしょうか。今回紹介した犬が怖がってしまう家電の音は、一例です。犬によっては「なぜこれを?」と思うような家電に警戒する子もいますが、理由はそれぞれあるので少しずつ慣れさせましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。