あなたの犬はどう?洋服を『着せるべき』犬の特徴4選

あなたの犬はどう?洋服を『着せるべき』犬の特徴4選

世間一般的に、犬に服を着せることに抵抗を感じる人が多くいます。たしかにファッションとしての必要性はあまり感じませんが、犬の服にはファッション性だけでなく、実用性を兼ね備えている服もあります。今回は洋服を着せるべき犬の特徴について解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に服を着せる行為は悪いことばかりじゃない!

服を着たヨークシャーテリア

最近ではペットショップだけでなく、通販などでも犬用の洋服がたくさん販売されています。可愛いものやかっこいいもの、中にはコスプレ仕様など、そのデザインは多岐に渡ります。

しかし、犬用の洋服に対して否定的な声も多く聞きます。その中には「犬には洋服は必要ない」「不自然でかわいそう」といった意見が大半です。

たしかに,嫌がる犬に無理やり洋服を着せることは犬にとっても大きなストレスになりますし、先に紹介した声のように、本来犬にとっては不自然な形であることはたしかです。

しかし、すべての犬が日本の気候に合っているとは限らないため、犬種によっては環境や季節に応じて適した洋服を着せるケースもあります。犬に服を着せる行為は、必ずしも犬にとって悪いことばかりではないのです。

あなたの犬はどう?洋服を『着せるべき』犬の特徴4選

冬服を着たチワワ

犬は犬種ごとに、得意な環境や気をつけなければいけない点があります。寒さに弱い犬や暑さに弱い犬、皮膚が弱く日差しに気をつけなければいけない犬など、犬種によってその特質は様々です。ここでは、洋服を着せるべき犬の特徴について解説していきます。

1.短毛犬種

パグやフレンチブルドッグ、スムスコート・チワワなどの短毛犬種は、気候や季節に応じて洋服を着せる必要があります。被毛が薄いため日差しから皮膚を守る力が弱く、さらに暑さや寒さなど気温の影響を直接受けやすいからです。

寒い冬には、保温性のある洋服を着せることで寒さから身を守ることができますし、夏にはクールベストを着せることで、暑さや日差しから身を守ることができます。

2.皮膚が見えている弱い犬

チャイニーズクレステッドドッグ

先に紹介したパグやフレンチブルドッグも当てはまりますが、他にも柴犬などの犬種は皮膚が弱いと言われています。また、日本ではあまり馴染みのないチャイニーズクレステッドドッグは、体に被毛がなく、皮膚が丸見えの外見が特徴的な犬種です。

こうした犬種は、日差しや乾燥から皮膚を守る目的で洋服を着せた方が良いケースも多いです。特に冬場や夏場など、皮膚の免疫力が弱まる季節は注意が必要です。

また、病気を治療中の犬や術後の犬は、病院側から皮膚を守るための服を渡されることもあります。このように、病院側から洋服を着るように指示されるケースも少なくありません。

3.シングルコート犬種

犬には被毛が1枚のシングルコート犬種と2枚重なっているダブルコート犬種がいます。シングルコート犬種は被毛が1枚のため、寒さに弱い犬が多いです。日本で馴染みのある犬種では、プードルやヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨンなどが当てはまります。

シングルコート犬種は、冬の散歩時にそのまま散歩させてしまうと、寒さで免疫力が低下してしまうこともあるため、保温性の高い洋服を着せて散歩させてあげるといいでしょう。

最近では保温性の高い犬用の服にもデザイン性の高い服が多いため、一見ファッション性を重視しているように見えますが、実は寒さ対策のために洋服を着せている飼い主さんは多いようです。

4.暑さに弱い犬

砂浜に座るサモエドの子犬

シングルコート犬種とは反対に、ダブルコート犬種の中には、極端に暑さが苦手な犬もいます。シベリアンハスキーやサモエド犬がその代表格です。

特に日本の夏は、世界的に見ても酷暑とされており、寒い地方で生まれ育った犬や寒い地方原産の犬種にとっては非常に辛い季節です。

「服を着せてしまうと暑いのでは?」と思われるかもしれません。たしかに、通常の犬用の服は体温を上昇させてしまうため、夏に着せるのはNGです。しかし、犬用の服の中には、濡らして着せることで暑さをしのげるクールベストが存在します。

また、暑さ対策として、非常に薄い生地で作られた通気性の良い服を着せることで、日差しから被毛や皮膚を守り、さらに熱中症予防にもなります。

犬に服を着せる時の注意点!嫌がる犬に無理強いはNG

ドレスアップしたチワワ

上記で紹介したように、犬の洋服は、単にファッション性だけでなく、犬の特性によっては必要となるケースもあります。しかし、犬に服を着せるときは犬にストレスを与えないよう注意しなければいけません。

以下のような洋服は、犬にストレスを与える可能性が高いので避けてください。

  • サイズが窮屈な服
  • 飾りがたくさんついている服
  • 実用性がなく動きにくい服
  • 金属など不快な音を出す服

こうした服は、犬にストレスを与えてしまったり、飾りを誤飲してしまう危険性があるため、なるべく避けるべきです。

また、犬に洋服を着せる時は、なるべくストレス要因とならないよう短時間に留めるように意識してください。嫌がる犬に対しては、無理に着せるのではなく、洋服ではない他のアイテムで暑さ対策や寒さ対策などを行いましょう。

まとめ

雪の中を散歩するパグ

いかがでしたでしょうか。犬の洋服は必ずしも悪いものではありません。しかし、着せる洋服や着せ方を間違えてしまうと、犬にとってストレスとなります。犬が快適に散歩したりお出かけしたりできるよう、犬にストレスのない機能的な服を選んであげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。