犬に『蟹』をあげても大丈夫?やるべき下準備やNGな与え方を解説

犬に『蟹』をあげても大丈夫?やるべき下準備やNGな与え方を解説

蟹って美味しいですよね。大好物だ!という方も多いのではないでしょうか。そんな蟹ですが、これは犬が食べても大丈夫なものなのでしょうか。結論から言えば、蟹という食材は犬が食べても問題ないと言われています。ただし、いくつか注意する点があります。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

蟹という食材について

カニ

一口に蟹といっても日本で食べられている「カニ」には色々な種類があります。

有名なところでいえばタラバガニやズワイガニ、北海道の毛ガニがあります。これらはとても美味しく、ファンの方も多いのではないでしょうか。

そのほか、ワタリガニ、花咲ガニ、海外ではイチョウガニ、上海ガニなど、産地に行かないとなかなか食べられない蟹もあります。

厳密に言えばこの中には「カニ」ではなく「ヤドカリ」の仲間もいたりしますが、美味しいという点では変わりません。

さて様々な種類が食べられている「蟹」ですが、栄養の面からみてもとても良い食材です。

では、どのような面で優れているのでしょうか。

高タンパク低カロリー

まずは何と言ってもタンパク質です。カニの脚部分は丸ごと筋肉です。タンパク質含量が100グラム中13グラム以上と、とても豊富なのは言うまでもないのですが、そのタンパク質を構成するアミノ酸も優秀です。

うま味成分の代表であるグルタミン酸やアルギニンが豊富なので食欲をそそりますし、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果がある「タウリン」も豊富なのです。

このようなタンパク質に対し、脚の肉部分にはほとんど脂肪が無いためカロリーも控えめであることも、カニの特徴といえるでしょう。

「アスタキサンチン」が豊富

これはサケやイクラの他、エビやカニといった甲殻類に含まれる赤い色素成分です。高酸化力が強いので、動脈硬化の予防や疲労回復に効果があると言われています。

また小さな成分であるため、脳や目に分布している細い血管にも入り込んで作用することができ、若々しさの維持を目的としたサプリにも使われています。

このほか、カリウムやビタミンB12なども豊富に含まれていて、血液成分や血管の健康にとても良い効果があると言われています。

犬に与えるときの注意点

カニの脚身

前述した通り、カニはとても栄養価が高い食材なので犬に与えても特段に問題はありません。

ただし、注意する点が二つあります。

必ず加熱する

生のカニの場合、身の部分に「チアミナーゼ」という酵素が多く含まれているため、必ず加熱したものを与えてください。

このチアミナーゼという酵素は、ビタミンB1を分解する働きがあります。これを大量に摂取すると、体内でビタミンB1欠乏症を引き起こしてしまいます。

ビタミンB1は炭水化物の代謝に使われるほか、神経系の刺激伝達物質の合成にも使われるため、これが不足することで食欲不振、発育障害の他、歩行障害や視覚障害など神経系に影響がでる恐れがあります。

殻付きで与えない

鶏の骨と同様、こちらも固い殻や甲羅を犬には与えないようにしましょう。

甲殻類の殻は加熱することで手で割れるほどの硬さになりますが、割ったあとのかけらは鋭利です。

骨をかじることが好きな犬の場合はがじがじと歯ごたえを楽しんでしまうと思いますが、口の中をケガさせる可能性もありますし、飲み込んだあとに消化管を傷つけることがあったり食道を詰まらせて窒息する可能性もゼロではないので注意が必要です。

このほか、人間同様に甲殻類アレルギーを持つ犬もいるため、カニを与えるときは少量から試して一度にたくさん与えすぎないようにして下さい。

まとめ

犬と蟹

人間が食べても美味しいものは、犬が食べても美味しいものです。

しかし美味しいからといって与えるのは良いのですが、量や与え方を間違えると害になることもあるので注意が必要でしょう。

また、味を覚えてつまみ食いなどをしないよう、カニを調理する際は気を付けてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。