犬を病院へ連れて行く時にしてはいけない『4つのタブー』

犬を病院へ連れて行く時にしてはいけない『4つのタブー』

わんこと暮らしていると避けて通れないのが、動物病院への通院です。愛犬が病院嫌いで苦労している飼い主さんも多いと思いますが、こんなNG行動をとってはいないでしょうか。

お気に入り登録

1.だまして連れていく

散歩している犬

動物病院へ行くときといえば、狂犬病やワクチンの予防接種か、フィラリア薬をもらうための血液検査など、わんこにとって痛みを伴う処置を受けることが多いもの。そのため一度動物病院で痛い思いをしてしまうと、そのまま「動物病院断固拒否!」になってしまうわんこも少なくありません。

動物病院に行くと察知しただけで激しく抵抗してしまうため、病院に行くときには「いつもの散歩だよ」「遊びに行くよ」などと愛犬をだまして連れ出しているという飼い主さんもいるかもしれません。

ですがこれには注意が必要。「だまされた!」と気づいたときに愛犬との信頼関係が揺らいでしまうこともあるからです。

2.病院に行くときだけ車を使う

車に乗っている犬

ふだんは車で愛犬とのお出掛けはないけれど、通っている動物病院が遠方のため、病院に行くときだけは車に乗せているというご家庭もあるかもしれません。するとわんこの中では「車=動物病院」の図式が完成してしまい、動物病院だけでなく車も大嫌いになってしまうことがあります。

「どっちにしても車に乗せるのは病院に行くときだけだから…」と思うかもしれませんが、災害避難などで車に乗せなければいけない事態が発生しないとも限りません。車を嫌いにならないに越したことはありません。

3.他の動物とむやみに接触する

鼻を突き合わせている犬

当然のことですが、動物病院にはさまざまなペットが訪れます。フレンドリーなわんこの場合、待合室で他の子が気になって仕方ないという子もいるでしょう。

ですが待合室で他の動物とむやみに接触するのはNGです。他のわんこが苦手な子がいるのはもちろん、病気や怪我の痛みで気が立っている子や、興奮することで体調が悪化してしまう子もいるかもしれないからです。

待合室ではリードを短く持つ、クレートを利用する、可能であれば車内で待っているなど、なるべく他の子との接触を避け、落ち着いて待たせるようにしましょう。

4.叱りつける

叱られている犬

動物病院に連れて行く際に手こずったり、診察室でおとなしくできなくて先生や看護師さんに迷惑をかけてしまうと、つい愛犬を叱りたくなってしまうかもしれません。

ですがそこで厳しく叱りつけてしまったり、暴力を振るってしまうのはNG。わんこのトラウマを増やしてしまい、動物病院嫌いに拍車がかかり、事態を悪化させてしまうばかりです。それどころか愛犬との信頼関係にヒビが入ってしまう危険性すらあるのです。

まとめ

診察中の犬

いかがでしたでしょうか?どんなに元気で怪我や病気をしなかったとしても、狂犬病予防接種やワクチン摂取、フィラリア予防などの予防措置のための通院は、現代社会でわんこと暮らすに当たっては絶対に欠かすことのできないものです。

シニア期になって体調が不安定になり、通院を余儀なくされることも考慮すると、できるだけ動物病院には苦手意識を持たせたくないですよね。

ごほうびを上手に使ったり、ペットホテルやトリミングも行っている動物病院であれば診療以外のサービスを利用してみたりして、病院に慣らすことからはじめてみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。