犬は食べ物をくれた人間にお返しをするだろうか?という実験をした結果

犬は食べ物をくれた人間にお返しをするだろうか?という実験をした結果

犬は人間と密接な共同生活をしている動物ですが、人間から食べ物をもらった時にお返しのものをあげるという行動をするのでしょうか?実験の結果をご紹介します。

お気に入り登録

犬から人間への「返礼」の行動をリサーチ

フードボウルと見上げるポメラニアン

犬は人間の側で生活している動物の中で、最も人間と近い関係を築いています。対人間だけでなく犬同士でも社会的行動が多く見られます。

犬の社会的行動の中で、まだ解っていないものの1つに「人間への返礼行動」があるのだそうです。人間から何かをもらった時にお返しをするという行動のことです。

以前の研究では、犬は自分に食べ物をくれた他の犬に対して相手を助けたり手伝ったりする返礼行動をすることが示されました。この同じことを対人間でもするだろうか?という実験がオーストリアのウィーン獣医科大学の研究者によって行われ、その結果が報告されました。

ボタンを押すとフードが出る装置を使った実験

トリーツをキャッチする瞬間の犬

実験に参加した犬は一般から募集された、年齢も犬種も様々な家庭犬21頭でした。犬たちの実験パートナーは飼い主ではなく、こちらも一般から募集された12人が参加しました。犬と人間の関係性がどの組も同じ条件になるよう、犬と人間は実験の時が初対面でした。

実験に先立って、犬たちは実験に使うフードディスペンサーを操作できるよう訓練されました。ディスペンサー装置とボタンは少し離れた場所に置かれていて、ボタンを押すとディスペンサーから食べ物が出てくる仕組みです。

これによって、犬たちは装置の操作だけでなく、ボタンを押すことと食べ物が出てくることの関連を理解すると考えられます。

実験は犬1頭と人間2人のチームで行われ、犬と人間はそれぞれ隣接したワイヤーメッシュの囲いの中に入ります。

最初は人間側にフードディスペンサーのボタンが置かれ、犬の方に食べ物が入ったフードディスペンサーが置かれました。人間のうち1人には有効なボタン、もう1人には無効なボタンが割り当てられました。

有効なボタンを押すと犬側の装置にフードが出てきて犬が食べることができます。つまりこちらは犬にとって協力的な人ということになります。無効なボタンの人はボタンを押しても何も出てこないので、犬にとって非協力的な人ということになります。

人間側から犬に対してフードを与えた(または与えなかった)後に、ボタンと装置を入れ替えて、今度は犬側に有効なボタンを置き、人間側におやつなど食べ物が出る装置が置かれました。

犬は協力的な人にお礼の行動をしたか?

クッキーをくわえた小型犬

実験はいくつかの違う条件で行われたのですが、全ての条件において相手が協力的でも非協力的でも、犬がボタンを押した回数にはっきりとした違いは認められませんでした。

また実験後にチームになった人間と犬とのフリーセッションでも、協力的な相手と非協力的な相手に対して犬の態度に違いは見られませんでした。

研究者は、この研究においては家庭犬は食べ物をくれた人間に対して返礼の行動をしなかったと結論付けています。

しかし以前の他の研究では、犬は協力的な人間と非協力的な人間を区別できることが示されています。また犬同士では、以前に助けられた他の犬に対して返礼行動をすることも分かっています。

そのため、研究者はこの実験の設計では犬が協力者と非協力者の違いを認識できなかった可能性に言及しています。または、犬にとって人間は通常食べ物を与える側の存在であり受け取る側ではないという認識のため、食べ物に関連した状況では返礼行動をしない可能性もあります。

また犬とチームになった人間が初対面の人であった影響も考えられます。犬同士の返礼行動でもお互いの親密度が影響を与えていたそうなので、これも今後の課題にするとのことです。

まとめ

ハイタッチをする男性とラブラドール

犬は自分に食べ物を与えてくれた人と与えなかった人を区別して、与えてくれた人に返礼行動をするだろうか?という実験で、犬が人間にお返しをするような行動は見られなかったという結果をご紹介しました。

研究者自身が、今後は実験の設計を変更してさらに研究を進めたいと述べていることからも、今回の結果は犬の返礼行動を明確には反映していないようです。

日常生活の中では「犬がお礼をしている」と考えられるような行動を目にすることがありますが、正確に観察して統計を取ることで犬の行動について科学的な裏付けが取れます。興味深いテーマですので、続報を楽しみに待ちたいと思います。

《参考URL》
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0253277

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。