犬が寝てる時にするべきではない『絶対NG行為』4選

犬が寝てる時にするべきではない『絶対NG行為』4選

睡眠は犬にとっても人にとっても心身の疲労を回復し、免疫力を向上させるための大切な時間です。健康を維持する上で、睡眠不足は大敵なのです。さてあなたは愛犬が寝ている時に、睡眠を妨げるような『絶対NG行為』をしていませんか?ぜひこの記事でチェックを!

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にとっても睡眠は大事なもの

柴犬の寝顔

犬の1日に必要な睡眠時間は、子犬とシニア犬は18時間程度、成犬は12〜15時間程度と言われています。夜たっぷり寝ている愛犬がちょこちょこ昼寝もしているのは、人よりも多くの睡眠時間を必要とするからなのです。

人は睡眠不足になると、心身の健康を維持できなくなります。皆さんも睡眠不足が続いた時にイライラしてしまったり、風邪を引いてしまったりしたことがあるのではないでしょうか。

犬も睡眠不足になるとストレスがたまったり、免疫力が低下したりして、健康に影響が出ます。犬にとっても睡眠は大事なものなのです。ですから愛犬が寝ている時は、睡眠を妨げるようなNG行為は避けなくてはいけません。

そこで今回は、犬が寝ている時にするべきではない『絶対NG行為』をご紹介します。

犬が寝ている時の『絶対NG行為』は?

頭を撫でられる眠そうなフレンチ・ブルドッグ

1.急に触る

大好きな飼い主さんに体を撫でられるのが好きな犬は多いです。飼い主さんが撫でたりマッサージしたりしているうちに、愛犬が気持ちよさそうに寝てしまうこともあるでしょう。

でも、寝ている時にいきなり触るのはNGです。寝ている時は無防備な状態なので、急に触られるとびっくりしてしまいます。

すやすやと寝る愛犬がかわいくて思わず触れたら、体をビクッ!とさせて起きてしまったという経験がある飼い主さんもいると思います。場合によっては、反射的に噛んでしまうこともあるので要注意です。

ちょっとくらい触られても爆睡しているというパターンもありますが、愛犬の安眠や飼い主さんの安全を考えて、スキンシップは愛犬が寝ている時ではなく起きている時にするようにしましょう。

2.わざと名前を呼んだり反応する言葉を言う

家族との会話の中で愛犬の名前や「散歩」「ごはん」「おやつ」といった言葉が出ると、遊んでいた愛犬の動きが止まったり、耳をピクッとさせたりすることはありませんか?

犬は睡眠全体の約8割が浅い眠りのレム睡眠のため、寝ていてもこれらの言葉に反応してむくっと起きてしまうことがあります。

その様子を面白がって、愛犬が寝ている時に用もないのに名前を呼んだり、わざと反応する言葉を言ったりするのはやめましょう。愛犬の睡眠を妨げるだけでなく、信頼を失う可能性もあります。

3.そばで大きな音を立てる

犬でも人でも、寝ているそばで大きな音を立てられたら、驚いて飛び起きてしまいます。その後しばらくは、心臓がバクバクして寝るどころではなくなるでしょう。

そもそも優れた聴覚を持つ犬は音に敏感で、大きな音が苦手です。特に寝ている時は、側でバタバタ走り回ったり、ドアを勢いよく閉めたり、急に大声を出したりしないようにしましょう。

私のようなそそっかしい飼い主は、派手にお皿を割ったりして、寝ている愛犬をびっくりさないように気をつけなくてはいけませんね…。

4.無理やり起こす

自分が退屈だからといって、寝ている愛犬を無理やり起こして遊ぼうとするのもNGです。犬は飼い主さんと遊ぶのが大好きですが、気持ちよく寝ているところを無理やり起こされて遊びに誘われても、うれしくはないでしょう。かえってストレスになります。

しかしシニア犬は、適度に起こしてあげたほうがいい場合も。シニア犬になると睡眠時間が長くなり、成犬期より昼寝することも多くなりますが、昼間寝すぎると夜に寝れなくなってしまい、昼夜逆転してしまうことがあるからです。

昼寝が長くなりすぎないように、犬の体調を見ながら無理のない範囲で起こして話しかけたり、遊んだり、散歩へ連れて行ったりしてあげるといいでしょう。

まとめ

ソファであくびをするビーグル

人にとっても犬にとっても睡眠は大事なものです。睡眠不足は心身の健康に悪影響を及ぼします。愛犬がぐっすり寝るためには、安心して寝れる環境を作ってあげることが大切です。その一環として、ご紹介した『絶対NG行為』はしないように注意しましょう。

愛犬が寝ている時はもちろん、眠そうにしている時やうとうとしている時も、邪魔をしないようにそっとしておいてあげるのが一番です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。