あなたはどう?犬が『言うことを聞いてくれる』飼い主の特徴3選

あなたはどう?犬が『言うことを聞いてくれる』飼い主の特徴3選

「愛犬がなかなか言うことを聞いてくれない…」そんなお悩みを抱える飼い主の方もいらっしゃるかと思います。犬と生きていくということは、ただ可愛がるだけではなくしっかりとしつけを行っていくことが大切です。そこで今回は「犬が言うことを聞いてくれる飼い主の特徴」をお伝えしていきます。あなたがいくつ当てはまっているか、ぜひ確認してみてください!

お気に入り登録

犬が言うことを聞いてくれる飼い主の特徴3選

飼い主を見上げる犬

1.しつけの指示が一貫している

しつけの指示が一貫しているかは、犬が言うことを聞くかどうかに大きく影響するポイントです。指示の一貫というのは2種類に分けられます。

ひとつ目は、指示の「言葉」が一貫しているかどうかです。たとえば、おすわりの指示を出すときに「シット!」と言ったり「おすわり!」と言うなど言葉を変えるのはよくありません。犬からすると同じ意味の言葉だと分からないからです。

ふたつ目は、褒める・叱るのポイントが一貫していること。たとえば、昨日はソファの上に乗るのを叱ったのに今日は叱らないなどです。同じ行動をしても飼い主の反応が違うと、犬は混乱してしまい言うことを聞かなくなってしまいます。

しつけの指示が一貫していると犬も飼い主の言うことを理解しやすいため、聞いてくれやすくなるのです。

2.コミュニケーションをしっかりとる

コミュニケーションを十分に取れていると「この人は信頼できる!」と犬は感じ、言うことを聞いてくれます。

犬は行動や仕草で気持ちを表現する生き物。普段からコミュニケーションをしっかり取れていると、犬の少しの変化にも気づけるようになります。そこで最適な対応してあげられると、愛犬は「自分の気持ちを理解してくれている」と信頼するようになるのです。

一方で、エサと短時間の散歩だけでコミュニケーションが不足していると、犬との信頼関係も築けず言うことを聞いてくれなくなるでしょう。

犬が言うことを聞いてくれる飼い主は、犬との信頼関係がしっかりと築けています。

3.いつでも落ち着いた態度でいる

いつでも落ち着いた態度でいられる飼い主も、犬は信頼できると感じ言うことを聞きます。人間も何かトラブルが起きたときに慌てふためく上司よりも、冷静に落ち着いて対処できる上司の方が信頼できますよね。

犬も同じで、いつでも飼い主が落ち着いた態度でいると「この人は信頼できるリーダーだ」と感じ言うことをきちんと聞いてくれます。

愛犬を叱るときも大声で怒鳴りつけるのではなく、落ち着いた声で凛とした態度で叱るようにしましょう。犬は大きな声や音を苦手とするので、毎回大声で怒られると恐怖で逆に言うことを聞かなくなってしまう可能性があります。

犬に「飼い主がリーダーである」と認識させることが大事!

家族と散歩するレトリバー

愛犬が言うことを聞いてくれるような飼い主になるには「飼い主がリーダー」だと認識させることが重要です。

そのためにも、ただ甘やかすだけではなく信頼関係を築いた上でしっかりとメリハリをつけてしつけるようにしましょう。

愛犬に飼い主をリーダーだと認識させるためには、以下のような行動を日常的に意識して行ってみてください。

  • 常に犬より前を歩く
  • しつけを守れたときだけご褒美をあげる(ねだられるたびにおやつをあげない)
  • 一緒にベッドで寝ない
  • 1日に数回目を合わせる(長く合わせすぎると怖がらせるので注意!)
  • 毎日犬を抱き抱える
  • 仰向けにしてお腹を触る

まとめ

女性の前でおすわりする白い犬

犬が言うことを聞いてくれる飼い主の特徴についてお伝えしました。あなたはいくつ当てはまりましたか?

愛犬が言うことを聞いてくれないとお悩みの方は、今回の内容を参考に「犬に信頼されるリーダー」として行動してみてくださいね!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は言葉が理解できません、音が違えば犬からしては別の意味になってしまいます。さらに犬は行動と結び付けるため日によって良し悪し変えれば解らないのは明白。気分でルール変える奴なんて信用したくないですよね。
    指事を聞くのは信頼の証。信頼してない奴の指事なんか人も聞きたくないですよね。
    いちいちデカイリアクションする奴は犬を不安にさせるだけです。落ち着いた人の方が信頼されるのは人間社会と同じ
    犬の社会には必ずその群れにリーダーがいてそのリーダーを筆頭に生活をしていました。なので犬の生活を全て飼い主が決めるのです。この記事にかかれたリーダーと認識させるための行動とかかれてますが別にやらなくても併記だと思います。本当に信頼させるには認識させる存在ではなく認識してもらえる存在になることだと俺は思う。特徴は間違ってない。リーダーと認識されてる俺が全て当てはまっている。でもいちいち前を歩いたり無理矢理指事で腹ださせたりしてない。そんなことしなくても一度築いた関係はそう簡単に崩れない。俺は誤った関係を正すのに一年程かかった。正してから約10年、一回も崩れたことはありません。正しい関係を築く方法は1つではありません。全て共通して言えるのは飼い主が信頼してもらえる存在になることです。それだけでも十分効果があります。そこからさらに向上させるか留めるか、それは飼い主が決めるのです
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。